EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・アルバム評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

ここにいるよ。【お返事】

f:id:yofukashi_chocolate:20180427071604p:plain

 I am here with you.

ここにいるよ。きみと一緒に。

 

こんばんは〜 夜ふかしチョコレートです♪

「CBXって何なのか?」という、4回にもわたる長い記事におつきあいくださいまして、皆さま、ほんとうにありがとうございました。

 アレ、実は原稿用紙換算で、合計80枚(←恥ずかしいから反転しました…)あったんです。

 自分でもあんなに長く書くとは思っていなくて(ネタ帳には3行くらいしか書いてないです)、書きながら、「なんでこんなに無駄に愛を語っているのか…」と思う瞬間も多々あったのですが(苦笑)、コメントで「続きを早く読みたいです」と送ってくださったり、ランキングで応援してくださったり、「はてなスター」でお気持ちを示してくださった皆様のおかげで、最後まで書ききることができました。

 応援してくださった皆さま、モニターのこちらで見ていて、ほんとうに嬉しかったです。書くうえで、たくさんの勇気をいただきました。お時間を使って、お気持ちを示してくださった皆様、どうもありがとうございました。

 

【メールフォームにつきまして】

 私はFC2のメールフォームを借りているのですが、どうも頻々と「送信できなかった」ことが起こっているようなので、原因を探ってみました。

 すると、「送信制限」がデフォルトで付されていたようで、同じIPからご送信いただくときには、10分以上の時間をあけないと、送信できない状態になっていました。

 つい先日、それに気づきまして、その設定を解除しました。(送れなかったご経験を持つ皆様、すみませんでした…)

 また、送信字数の制限は設けておりませんので、長くても大丈夫ですよ♪

 以上、お知らせでした♡

 

 さて、それでは、たいへん遅くなってしまったのですが、お返事をお返ししたいと思います!

 

 乙女座の私さん

 

 いつもコメントをいただけてほんとうに嬉しいです! (それなのにお返事が遅くなってしまってごめんなさい)

(そのうえ「お返事にはお気を使わず、書きたいものに時間を使ってくださいね」というお優しいお言葉まで頂戴して、恐縮です。無事に「CBXとは何なのか?」を終わらせてから、お返事を書かせていただくことにしました。ありがとうございました。 )

 まずは、CBXのツアー、ペンミともチケットが手に入られたそうで、おめでとうございます! 

 実は、うちのQも、お友達(ベクペンさんだそうです)とふたりで、落選続きで苦労していたらしいのですが(「もう当たる気がしない…」と途中で泣きが入ってました・笑)、横アリのチケットがついに手に入ったそうです。

 よかったですね〜。ああ、でも、ほんとうにCBXのチケット、今回は難関だったみたいですね。すごい人気! 風薫る5月、楽しんできてくださいませ!

 さて! 「みんなかわいくて素敵なので、とても一人に絞ることができません。オルペンです♪」とおっしゃっておられた「乙女座の私」さんにも、ついに「特別なひと」ができたのですね! 

 「この世の方とは思えないような」「美しすぎる」シウミンさん、「独特な甘く暖かく優しい声」のミンソクさんを選ばれたのですね(♪) おめでとうございます!

 以前、「ベクペン沼(私がズブズブしてます)とドペン沼(Qが溺れています)以外で、どのメンバーの沼が深いか?」という話題をQと話しておりまして、それは「シウペン沼だ!」という結論になりました。(「The Power」MV評「深きもの、それは」)。

 いや〜ほんっとーに深そうですね〜…シウミンさんのペン沼は…。

 でも深いと同時に、きっと、とても甘くて、そして幸福そうな沼でもあります♪

 「Blooming Days」について書いた「あざとくて、ずるくて。」にも、ご感想をありがとうございました。「いつのまに3人ともこんなに大人に…」と書いてくださったのですが、そうなんですよ〜、あの3人が強く打ち出してきた「大人のニュアンスと洗練(+だけどやっぱり、ほのかに残る甘い感じ)」が、非常に魅力的なアルバムでしたよね。

 ミンソクさんの声を「たまらなくいとおしい」とお書きくださったのですが、うーん、その実感、すごくよくわかります! 

 なんでしょうねえ、「あー、チェンチェンって歌声がきれいだなあ♪」「ベッキョンはなんて歌がうまいんだろう」とは、何度も何度も私も思うんですが、「たまらなく、かわいい」と感じるのは、シウミンさんに対して、なんですよー。

 ああ、あの聴いていて「たまらな〜い!」って思う感じが、シウペン沼の深さに通じるのだと思います♪ 

 10万PVにもお祝いのコメント、ありがとうございました。「一度訪れたら癖になってしまう魔力があるブログ」というお言葉が、書き手として大変光栄でした。

 「夜ふチョコさんの文章を通して、EXO-Lの方たちが溢れるEXO愛で繋がってるなんて、想像すると嬉しくなっちゃいますね!」と続けてくださったのですが、そのお言葉を読ませていただいて、ああ、がんばってブログを立ち上げてよかったなあ、とつくづく思いました。ありがとうございます。

 EXOのペンサ王子こと、キム・ジョンデさん(25)の超絶「oh~~Baby~~」な、サイン会でのひとこと。(「一目惚れしたって言ったら、信じてくれる?」)。

 乙女座の私さんも「うわあってなりました」と書いてくださったのですが、私も、その話を「ネット上で読んだだけ」で、心臓がとまりそうになってますので……実際にそのコメントを、彼から書いてもらったEXO-Lの方の心臓がご無事で(笑)、しかも、その方がネット上でその体験をシェアしてくださったことに感謝しています♪  

 翻訳を通してしか読むことができないのですが、ジョンデくんって、こんな些細なペンサの一コマでも、本当に「言葉の扱い」というものに長けたひとだなあと感心しています。「キム・ジョンデ作詞」への期待もさらに高まる今日この頃♡

 それと「最近は、夜ふチョコさんの影響のせいか、(シウミンさんの次に)ジョンデくんがとても気になってしかたがない」というお言葉に、私、たいへん「ニヤリ♪」とさせていただいております。ふふ、こっちの沼も、甘いですよ〜(ニヤリ)。 

 「CBXとは何なのか?」についても、毎回、とても熱い感想をていねいな言葉で綴ってくださいまして、書き手としてたいへん勇気づけられました。ありがとうございます。

 今回は4回にもわたる連載記事になってしまったので、各記事の最後で、「続きは次号で!」という「梯子はずし」的テクニックを使ったのですが。これは、うまくハマれば効果的でもあるのですが、初歩的なやり口だけに、「すべった場合」、取り返しがつかないくらいにお寒〜い感じになってしまうんですよね。

 だからひとつの記事をあげるごとに、アクセス数がちゃんと増えていくかどうか、かなり気にしていたのですが、おかげさまで順調に増えていったのも嬉しかったですし、何より「乙女座の私」さんの叫び「夜ふチョコさ〜〜ん! ひど〜〜い! 『+シウミン』の理由は、次回なんですかぁ〜〜!」と書いてくださったことに、大きな勇気をいただきました。ありがとうございます。(「夜ふちょこさんの中に、どSのギョンスが見えます」と書いてくださったのには、思わずクスクスさせていただきました。)

「アーティストとしての欲求を持つジョンデを、エンターテイナー志向のベッキョンが口説き落とした」「そのふたりに、シウミンの願いが呼応した」という(私の勝手な)想像を書いてみたかった——というのが、この記事の原点でした。それを、乙女座の私さんをはじめとして、こんなにたくさんの方に読んでいただけて、たいへん嬉しかったです。

 写真の下につけたキャプション「彼らの声のなかの感情。彼らの感情のなかの声。」「あなたの瞳のなかで迷子になる」にも、ご感想をいただけて、とても感じ入りながら読ませていただきました。

 「感情の中の声」については、「歌声のなかに感情が表現されるということだろうか」「それとも、彼らの感情から、あの歌声が生み出されてくるのだろうか」と思うことがありまして、それを言葉にしてみようと思いました。そのいずれにしても、彼らの歌声のなかにある「なにか」が私たちをこんなに惹きつけるのですし、その歌声を生み出す「彼ら自身の『感情』」が魅力的だからこそ、私たちはあのアルバムに聞き入ってしまうんだと思うのです。

 「あなたの瞳の中で」というのは、2秒で書きました(笑)。なぜって、あの写真のミンソクさんの、金色のようにも見える瞳が、あまりにも美しくて……「ああ……す、吸い込まれる…この瞳に…」という、もうそのまんま、な感じでした♪

 乙女座の私さんのなかに、あのミンソクさんの瞳と一緒に、なにか素敵な感情を加えていただけたなら、何よりです。

 というわけで、この記事の冒頭には、乙女座の私さんの「シウペンデビュー」お祝い記念も兼ねまして、シウミンさんの写真を配してみました♪

 私が溜めこんだ「マル秘・シウミン『うつくし』画像」の中でも、特に「プライベートな親密さ」を感じさせてくれる画像を選んだつもりなのですが、いかがでしょうか?

 ご存知のように、英語という言語には、一人称を表す「I(私)」という語に、性差が存在していません。そして、2人称の「you」には複数形と単数形の差がありません。

 なので、「I am here with you.」という一文は、「写真のなかのシウミン」が私たちファンに語りかけるものとして、また、「このキャプションを目にしている読者の方(と私)」が、写真のなかのシウミンに話しかける言葉として、両方の意味合いで読めるようにしてみよう——と思って書きました。

 中学1年生で習うようなシンプルすぎる英語ではあるのですが、なにせ、ソファに寝そべるシウミンさんのお姿がとてもゴージャスなので(笑)、添える言葉は簡素なもののほうがいいかな、と。

 「Blooming Days」に関する私とQの会話についても、コメント、ありがとうございます♪ 楽しんでいただけたなら何よりです。

 うわ〜すごく長くなってしまったので、ここらへんでおいとまします! いつも、丁寧に言葉をつづってくださって、本当にありがとうございます。(きっと、かなり時間を使って書いてくださっているような気がします…見ず知らずの私に、いろいろなことを配慮しながら綴ってくださっているのが、伝わってくるので…嬉しく拝見しております)。

 これからも、乙女座の私さんのお声を聞かせてくださると嬉しいです!

 

 (この記事は、夜ふかし日記22です。)

 

【Next:「夜ふかし日記」23はこちら▼】

 

 (まだお返事を返せていない方、すみません、ここで時間切れになってしまいました…! 近いうちにお返事させていただくので、もうすこしお時間をくださいませ。)

 

▼ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、応援してくださると嬉しいです。

 

咲いた〜咲いた〜 チェンベクシ の花が〜

な〜らんだ〜 な〜らんだ〜 チェン・ベッキョン・しうちゃん♪

(↑「チューリップ」の替え歌でお願いします♫)

いつも応援してくださって、ほんとうにありがとうございます。