EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・アルバム評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【エレキスVR】あなたを見ていると【ためしてみた!3・完結編】

f:id:yofukashi_chocolate:20180318231050p:plain

【Everytime I look at  you, I'm losing the words to describe how sweet you are.】

  あなたを見ていると、どんなふうにあなたが素敵なのか、説明する言葉をなくしてしまう。

 

 

 こんにちは〜 夜ふかしチョコレートです。

 なんか、この記事、需要があるのかどうか不明なんですが(苦笑)、「エレキスVR・ためしてみた!」の完結編を書きたいと思います♪

 

 過去の関連記事はこちらから

  もっとも甘い音楽【エレキスVRを試してみたい】+Qの感想つき

 【エレキスVR】知らなかった。【ためしてみた!・1】

 【エレキスVR】彼がほほえむ場所【ためしてみた!・2】

 

 それでは、今日は「あなたがVRを買うべき理由」をご紹介しましょう。

(注・私、エイベックスさんからも、SMさんからも、FCからも、何一つ袖の下をもらってないですよ? むしろ、CBXツアーのチケット、落選しまくりだったくらいですよ・泣)

 

その1 好きなだけ「〜〜フォーカス」ができる。

 

 いやー、もうこれにつきますね。

 

 ほら、ネットに上がってくる動画で、たとえばカイならカイの動きをずーっと追った「カイFocus」とタイトルづけられているものがあるじゃないですか。

 それが自分ひとりの部屋で好きなだけできるわけです(だから時間泥棒に遭遇する)。

 つまり、好きなだけ「ベッキョン・フォーカス」をしてもいいし、「ドギョンスくんにロックオン」してもいい。

 火曜日は炎の「チャニョル特集」を敢行し、水曜日は水の「スホさんフェスティバル」を開催し、金曜日は「キム兄弟萌え祭り」♪ とか。

(ただし、まるで盲点があるかのように、後方の両端部分で見えにくい箇所が生じる場合があるんですよね……それは私の視力や『箱メガネ』のほうの問題かもしれないですが)

 つまり、

① 誰か一人、強力な推しがいて、その彼をずっと見ていたい方

② 逆にオルペンで、「このとき、〜くんはどんな動きでいるのかな?」が気になる方。

 

 ——にとっては、エレキスVRは「買い」なんじゃないでしょうか。

 

その2 カイペンさんは、絶対に買ったほうがいい(力説)。

 

 ——まずもって、『Electric Kiss』のダンス自体が「カイのダンスだ!」と言っても過言ではない、と思われませんか?

 私はベクとジョンデくんのファンなわけですけれど(つまり、普段は、身体的な表現よりもヴォーカルの魅力に弱いタイプ)、そんな私の目から見ても、「Electric Kiss」のカイのダンスは息をのむものだったと思います。

 さいたまとか京セラのステージで、彼らのパフォーマンスを見たのですが、『Electric Kiss』のカイくんは、ステージの上でとにかく圧倒的でした。

 カイだけが「ほかのメンバーとまったく違って見える」マジックがかかる。そして、彼に視線が奪われてしまう。

 このひとのダンスには、ときどきそういうことが起こるのですが、カイペンさんならむしろ、きっと私よりもよくご存知の感覚ですよね? 

 そして、『Electric Kiss』のカイは、まさしくそのマジックを強く巻き起こしていたのです。

 

 そんなカイくんのダンスを、VRを使って「カイフォーカス」をしてみるとわかるんですが、カイの表情が「ずーーーっと片時も休まずに」、すごいんです。

 カイくん以外のほかのメンツは「センターにくる」ときには、もちろん「アピールする表情」を多彩に見せてくれますが、それ以外は「一生懸命な表情」です。

(それはそれで、セクシーだな、と思うのですが。スホさんの一生懸命な顔、シウミンさんの真剣な顔、真摯な顔で踊っているジョンデもベクもギョンスチャニョルも、それぞれみんな、とてもいい)。

 でも、カイくんだけは、いついかなる瞬間も、ずーっと「曲に合わせた表情」を、非常にこまやかに作りあげてきてくれているんです。

 あの曲の歌詞や世界観に、あのカイくんの「不敵な感じのニヤリ」は、これ以上ないくらいぴしりとハマっていたと思います。そして、それだけではなく、彼は、片時も「力を抜いていない」、指先からつま先にいたるまで、全神経をはりめぐらした動きをしてくれている。表情だけでなく、文字通り、一挙手一投足までも。

 ベクのいたずらっぽい笑み、歌い上げるギョンスのひそめた眉、スホさんの「EXO-L・JAPANのみんな〜♪」的なさわやかスマイル、ミンソクさんの「えいやっ」なジャンプも、もちろん魅力的なんですが、それらすべてを引き離して、とにかく「カイがすごい」。

 その「すごいカイくん」を、カイペンさんなら、ぜひ、VRを使ってさまざまな角度から見てあげてほしい、と思いました。

 

3. 「最前スポットに来る5人」のファンの方も「買って損はない」。

 

 VRで目にする「もっとも近い場所」は、体感的に「自分から50〜70センチくらい離れた場所」です。

 それを仮に「最前スポット」とすると、そこへ来るのは5人のメンバー。

 スホ・チャニョル・カイ・セフン・ベクです。

 この5人の推しの方なら、買っても損はないと思います。

 だって、なかなかすごい感覚ですよ? 自分から50〜70センチの場所にくるEXOくんって(笑)。

 特に、長身組のチャニョルペンと、セフンペンの方はぜひ!!と申し上げたいくらい。

 「背の高いチャニョルが、ぐいぐいこっちに来る」んですよ。

 (注・チャニョルとカイは、この5人のなかでも、特に近くまで来る)

 「きゃーやめてー(喜)」って言っても、どんどん来ちゃうんだから!(くくく)。

 

 そして、私のハートをあっさり盗んでいった、泥棒マンネのセフナ(今度からそう呼ぶことにしました・笑)。

 セフナのヘアスタイルは、黒髪+前髪もっさりのパーマがかかってるスタイルで(「スッキリ出演時」のまま)、それもすごく彼に似合っていて、とてもポイントが高い。そこへ持ってきて、彼の場合、「最前スポット滞在時間」がかなり長い。

 そして、その最前スポットから、じーっとこっちを(つまりは、あなたを)見つめてくる。

 彼の視線は動かない。揺らぎもしない。

 ——それに耐えられるほど、私の心臓は強くなかったですね(苦笑)。

 慣れるまで、素で目を伏せてしまうほどの威力なんですもん!

   それから、幾度か書いていますが、私は彼の「長い腕の動き」が好き。

 あの広い肩幅と長い腕を見ていると、それだけできゅんとしてしまう女子は多いとは思うけれど、それがダンスという場面で躍動感を持って動かされると、もうどうしようもなく魅力的でたまらない。

 ああもう、皆さまもエレキスVRをご覧になって、セフナにハートを盗まれてみません? 

4. 「焦らされる最悪なキス」と、「やらかされる腹チラ」 

 そして、前回の記事で、とあるメンバーが「腹チラ」をやらかす、と書いたのですが、それはこの泥棒マンネでした。

 あのですねえ…私は神様にお尋ねしたい。

 どうしてよりにもよって、「真っ正面にきたとき」に、腹チラの運命の白羽の矢がセフナに立ったのでしょうか?

 ダンスプラクティス動画のミンソクさまは、例の「get out, we go 抜け出そう」のジャンプ(えいっ!)があるから、腹チラしちゃっても仕方がないか、って感じなんですけど、セフナの場合、「なぜ、ここで腹チラだったのか?」が、わからない。

 記念すべき日本デビューを飾るのアルバムの勝負曲、しかもEXO初のVR作品で、どうしてよりにもよって真っ正面に来たときに、「セフナの腹チラサービス」なのか??

 

5. というわけで、結論

① いつでもあなたのお部屋で、お好きなメンバーの「〜〜フォーカス」ができる。

② とりあえずカイペンさんは買ったほうがいい。

③ スホ・ベクのファンの方も買って損はない。

④ セフナ・チャニョルペンの方には、かなりおいしいと思う。

⑤ 特典サービス・セフナの腹チラ@真正面。

 

 それと、

 

⑥ 今後は、新曲のダンス動画のVR作品を、ぜひ、出してほしい(わりと切実)!!

 

 ——以上!

 それじゃ、これから夜ふチョコは、引き出しのなかに隠してある箱メガネを取り出して、「ジョンデくんFOCUS」の旅に出たいと思います♪

 あんにょん!

 (2018.03.19)

 

【この記事は「勝手にMV評」17・「Kai」8・「Sehun」11です】

【Next:「Sehun」12はこちら▼】

 

【次のカテゴリ「コンサートレポ」の目次はこちら▼】

 【▶︎Next : Kai 9はこちら▼

exo-mellow.hatenablog.jp

 

 

↓ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、「ハート泥棒マンネ」のバナーをクリックしていただけると嬉しいです! ブログを書くときの心の励みにさせていただいております♪