EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・アルバム評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【エレキスVR】知らなかった。【ためしてみた!1】

f:id:yofukashi_chocolate:20180301223025j:plain

【I didn't know that.  You have a set of wings on your back, don' t you?】

 知らなかった。きみは、背中に翼を持っていたんだね?

 

1. 知らなかった。

 こんばんは〜 夜ふかしチョコレートです。

 

 津軽海峡を渡って、『Electric Kiss』VR+「カウントダウン」FC限定版が届きました。

 えー、こんなに豪華な感じだったんだ、FC限定版……知らなかった。

 もっと早くに買えばよかったなぁ。

 

 ちなみに!

 くっついてきた特典のほうは、と申しますと。

 下敷き(クリアファイルかと思ってたけど、下敷きだったんですね。これもわかってなかった・苦笑)はカイくん、トレカはジョンデくんでした♪

(ギョンスペンのQのもとに届いたのは、ギョンスのトレカとミンソクさまの下敷き)

 ふふ♪ 私、ジョンデくんのトレカ、今まで1枚も当たったことなかったから、嬉しい♪

 そしてそして、このチェンチェン、ビジュアル、すごくいい感じですよね〜。

 神さまありがとう!

 

 …で、『Electric Kiss』のVRは試したのか、と、申しますと。

 

 あのですね、私にはいわゆるひとつの長男と呼ばれる存在が、約1名ほどおりまして。

 実は彼が、海外から帰国して、時差ボケ状態で家にいるんですよ。

 (まあ、あと数日すれば出ていっちゃうんですけども)。

 

「布団だー! うわー、オレ布団で寝たかったんだよー」

「味噌汁うますぎる。オレ、3ヶ月くらい前からずっと味噌汁飲みたかったのー」

「(アーモンドチョコを食べて)オレ今、うますぎてマジで失神するかと思った(笑)」

「風呂! 風呂! 風呂! 風呂、最高!」

「Rさん(最近、彼は私を「名前+さん付け」で呼ぶのですよ)、まずは炊き込みご飯たべたい。あと刺身? それから豚汁、とにかく豚汁が食べたい」

 

 ——などと、いろいろ申しますので、不憫になって(苦笑)その対応に追われておりました。

 

 ……で、今日の午後は「オレ、高校んときの友達と会ってくるわー」と出かけてしまったので、ようやく「家で確実にひとりになれる時間」がやってまいりました。

 

 で、試してみましたよ、皆さま!

 

2. わかってなかった。

 けれども、ここから先の作業が(昭和生まれには)なかなか面倒だったのですが、そのことを私はわかっていませんでした。

 

 えーと、まず、VR用のアプリをスマホにダウンロードしなければなりません。

 アカウントを入力したり、パスワードを(コレでよかったっけな〜とか思いながら)入力しまして、そののちに、CDにくっついてきたPINコードを入力。

 そのあと、おもむろにコンテンツのダウンロードをするのですが、これにわりあいと時間がかかります。

 スマホにダウンロードのお仕事をやらせておくあいだ、VR用のメガネ(的なもの)を組み立てることにしました。

 組み立て自体は、さほど難しくはないのですが(構造的に、ケーキの箱を組み立てる程度のもの)、なにせ「どういうものができあがるのか」が、いまひとつよくわかっていない状態で組み立てていくので。

「こ、これでいいのかな? ここにスマホが入る感じでいいのかな?」

 ——などと、インストラクションの図をいちいち確かめつつ作業するので、なかなかにtime consumingなかんじ。

 

(うーん、チュートリアル的な動画がほしかったかも。いや、組み立て完了後の写真が、1枚でいいから、あればよかったかなー。完成図を頭の中に描ければ、もっと簡単に作業できたんですよねー)

(いえ、そんなのは不器用な夜ふチョコだけが必要で、ほかの皆さまはサクサクと終えられるのかもしれないのですが・笑)

 ——というわけで、一応、写真を貼っておきますけれど。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20180314141218j:plain

(夜ふチョコはこれでVRを見ることができたのですが、実は「間違っている」可能性もあるかもしれない・笑)

 

 で、この「箱メガネ」を組み立て終わったのですが、それでもまだ、スマホにコンテンツのダウンロードが終わっていない。

 

 「しょーがないなー」ということで、別の雑事を片づけたりしつつ、ダウンロード終了を待ったのですが。

 

3. 甘かった(いろいろと)。

① で、ダウンロードが無事終了しまして、件の動画を再生すると。

 「え? あ、あれ、曲、始まっちゃった!」と、慌ててスマホを「箱メガネ」(たぶん正式名称は「VR viewer」)の中に差し込みました。

 すなわち、「箱メガネ」のレンズ部分を通して、スマホの画面を見るわけなのですが、見てみると「ものすごーくボヤけている」+「なんか魚眼レンズを通して見たみたいに、縮尺がおかしい」。

 これは明らかにおかしい。何か間違っている。

 と思ってよく調べてみると、急いで差し込んだせいなのか、スマホがきちんと所定の位置に入っていない。

 というわけで無駄に「こ〜のまま焦らしていいかい?」とかいうスホさんの声を再生させながら、スマホの位置を直して「箱メガネ」のマジックテープをきちんと留めます。

 

 教訓:スマホを差し込んだあと、「箱メガネ」のマジックテープはタイトに留めましょう! 位置がズレちゃってると、「こ〜のまま焦らしていいかい?」ですからね!

 

② 満を持して見てみたのですが、いまひとつ、まだ焦点が合っていない。中央に来てくれたメンバーの顔以外が、すべてぼやけてしまうのです。

 

「これはおかしい…」ということで、「視点調整」を試みることに。

 

「箱メガネ」本体に、2種類のQRコードが印刷されており、それぞれ「ノーマル版」と「折り込み版」となっています。

 ご使用になるスマホの大きさによって、箱メガネの組み立て時に「折り込む部分が必要な」場合があるのですが、その際「折り込みを作らなかったVer.=ノーマル」、「折り込み部分を作ったVer.=折り込み版」の区別が生じるわけです。

 で、それを補正しなければいけない、のですが。

 

③「えーと、なになに、画面上をタップして設定画面を呼び出し……」

 インストラクションを再度読みまして、その手順どおりにスマホを操作し、所定のプロセスまできたら、スマホにQRコードを読み込ませて、それで完了です。

 ——でも、その程度のことさえ「えー面倒」と思ってしまうのは、私が昭和生まれだから、なのかもしれないですが(苦笑)。

「説明書きを読んで、その手順どおりの操作をする」のが、なんかほんとうにこの頃面倒に感じてしまうのですが(特にスマホ関係)、「この程度のことを『面倒』に思うなんて、スホさんに申し訳ないわ」と自らを叱咤しつつ、作業を遂行。

 

教訓:VR視聴の準備段階のあれやこれやを面倒に感じたら、心の中のスホさんを呼び出して、叱ってもらおう♪

 

(でも、やってみたら、あっけないほど簡単でしたよ♪)。

 

4. ——で、「初めての『Electric Kiss』VR」視聴の感想は?

 

 ——ここで、「以下、次回の記事に続く!」となります。

 (無駄にひっぱってすみません・汗)

 

 て、ゆーか、これを読んでらっしゃるほとんどの皆さま、『Electric Kiss』のVRをすでに体験ずみ、でいらっしゃるんですよね…? 

(2018.03.14)

 

(この記事は「勝手にMV評」15です)

 

【Next:『勝手にMV評』の次記事16はこちら▼ 】

↓ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、応援して下さると嬉しいです♪ 

(画像はお借りしました。ありがとうございます)