EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・アルバム評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

複雑なパズル【お返事】

          f:id:yofukashi_chocolate:20180323065404p:plain

You are a tremendously complicated puzzle.

It would never be completed until every piece has been gathered and put in the right place.

きみはひどく複雑なパズル。

すべてのピースを集めて正しい場所におかないと、決して完成しない。

 

 

 こんにちは〜 夜ふかしチョコレートです♪

「CBXのファーストフルアルバムが出る」+「各自ソロつき」、というニュースに、無駄に拳を握りしめているここ数日です。

(いったい、いくつ買わされてしまうのだろう、私……)

(とりあえずVRコンテンツつきのやつは買います♪)

 

 お返事をお返ししています♪

 

beckさん

 

 コメントありがとうございます! 光の速さでコメントをいただけて、とても嬉しかったです♪   なのにお返事がのろくてすみません。

 まずはご質問にお答えしまして。

 (スマホで読んでくださっている場合、プロフィールの上に表示される)「コメントを書く」というのは、はてなブログが備えているコメント受付機能で、「各記事に対してコメントをつけられる」というものです。

 ここにコメント書いてくださると、①「その記事に対する感想を、個別に書くことができる」②「書いてくださったコメントが他の読者の方にも読めるかたちで残される」というのがポイントです。

 ただし「書いたコメントをたくさんの人に読まれたくない」と感じる方も多くいらっしゃるかなと思ったりしますので、そのために「(INDEX欄の)CONTACT」にメールフォームを設置しています。

 こちらに書いていただくと、私だけにコメントが届きます。なので、秘密のムフフ的なお話をしたい方(ふふ)はこちらにどうぞ♪——という形をとっています(でも、FC2を介在させているので、機種依存文字は文字化けしちゃうのですが…)。

 私としてはどちらのかたちでコメントをいただいても嬉しいので、どうぞご都合のよいほうで書いてくだされば♪と思っています。

 

きみに出会うまで、僕は」(チャニョル+ジョンデのラブラブ写真+「Qのコメント」)——私も、あの写真を見たときは「か、感想に困るんですけど、お兄さんたち!(喜)」と思ったものです(苦笑)。

 beckさんは「あんな艶っぽいチェンチェン見たことない! そう思っちゃうのはチャニョルの眼差しのせいかしら?」と書いてくださったんですが、あの写真のポイントは「もたれかかられているチャニョルのデレッデレな表情」と「チェンチェンの体重のあずけっぷり」だと思いますね(くくく)。

 あと、なんでしょう、「チャニョルにはベクが、ジョンデにはレイヒョンという存在が『ありながら』」、というコンテクストを勝手にでっちあげながら見てしまうので(すみません)、そこに漂ってくるインモラルな気配が「チェンチェンの艶っぽさ」につながるんでしょうか(ふふ)。

 ジョンデくんはなかなか面白いひとで、メンバーとからむと「強力に『乙女』になる」ときと、「強力に『彼氏性』を発揮する」場合が両極端なんですよねー。

 たとえばスホさんやギョンスくんとからんでいると、チェンチェンはかなり「彼氏感」を出してくるので、それはそれで、見ていて楽しいです♪

  たぶん、実際のジョンデくんと一番親しい心理的関係にあるメンバーは、ミンソクさんだと思うのですが、このふたりが(かなりスキンシップしてても)「ああ、仲がいいのね」としか思えないのは、たぶん「ほんとうに普通の意味合いで仲がいいから」でしょうねえ(笑)。

 チャニョルの「彼氏オーラ」もメンバー随一で、ほかに強烈に「彼氏オーラ」を出せるのはセフンぐらいしかいないと思うのですが、その「チャニョル+セフン」の場合、「セフナは突然乙女になってしまう(私見では)」ので、やっぱりチャニョルが「EXO最強の彼氏」なんじゃない?と思うのですが、いかがでしょうか?

 

夢を見させて」——「ベク+チャニョルのギターで『なごり雪』を歌わせたい」に賛同してくださって、すごーく嬉しいです♪(ああ、実現しないかなあ?) 

 「昭和のフォーク」なんで、ほんとうに申し訳ないんですが、beckさんは「ベクなら難なく歌いこなしちゃうんでしょうね! しかもベク色に染めて」と書いてくださったんですが、そうなんです、「ベクの声で」あの曲が聴きたいんですよね…

 こういうカバー曲の場合は、「オーディエンスがよく知っている歌」を、「ベクがベクだけの個性を持たせて歌う」ところに醍醐味があるわけなので、それを思うと、「徳永英明の名曲」を「オニュに歌わせた」のは、すごい目のつけどころだなあとよく考えます。

 徳永さんもオニュも男性としては高めの声域をお持ちだけれど、徳永さんのほうはハスキーヴォイスという強力な個性があり、オニュはあの透明感が持ち味の歌声。オリジナルとカバーのコントラストが非常にはっきりしていればいるほど、聴衆は楽しめるわけですものね。

 それを考えると尾崎豊の「I love you」というbeckさんの選球眼はすごい、すごすぎる!!! 

 尾崎の「きれいな透明感のある声」と「ベクのハスキーヴォイス」の対比。

「そこは思いつかなかった〜〜〜!!! 『なごり雪』よりも、むしろベクに歌わせたい!!!」と、思わせていただきました(「!」の多さで、私の受けた感激を示してみました♪)。

 もうね、今、こういうスローバラード歌わせたら、ビョン・ベッキョンの右に出る人はいないですよホント…ああ、私の想像のなかでは、ステージ上のベクがスポットライトを浴びながら、チャニョルのピアノ(この曲だったらピアノのほうが映える!!)を従えて、歌い始めてますよ!

「I love you 今だけは悲しい歌 聞きたくないよ」——もうこの最初のラインで、会場の聴衆から、ため息というかどよめきがあふれますもん。

 そして「きしむベッドの上で優しさを持ちより きつく躰抱きしめあえば」のあたり、絶対、ベクは「あの超絶(にエロい)ファルセット」を決めてくる!!! 

 さらにラスト、「悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に」あたりも、彼は100パー、いえ、150パーセントの「ビョンベクの決め球」をここぞとばかりにぶつけてきて、我々の(あ、すみません、beckさんのこと、勝手に同志にしちゃった♪)心をえぐるはず! あ、なんかちょっと、想像しただけで、私、泣けてきそう!(笑)

 あと、今、ふたたび「I love you」の歌詞を読み直してみたんですが、「そこはかとなく漂う『許されぬ愛』の雰囲気」が、ちょっと皆さま、ものすごくチャンベクじゃありません?!(落ち着け夜ふチョコ)

 ただ、ひとつだけ問題があるとすれば、「尾崎のI love youを、お若いお嬢さん方がご存知ないかも」、ということだけなんですが、ええい、我々世代は全員知ってるんだから、ノープロブレム! 

 ていうか、ベクが歌ったら、きっとお若いファンの方も、「わー、この曲すごく素敵。いったいオリジナルはどんななの?」ってyoutubeを検索なさるでしょうから、早世してしまった尾崎豊にも再びスポットライトが当たって、ウィンウィンではありませんか!

 ああ、お願い、神さま、SMさま、エイベックスさま、「ベク+チャニョルのピアノ」で「尾崎豊の『I love you』カバー」実現してほしい!! 

 EXOの単コンじゃなくて、むしろ、SMタウンのステージのほうがいいかも(走り出す「脳内企画会議」)。

 そうしたらトンペン世代でEXOをあまり知らない方の新規参入も見込めるから(「あら? この尾崎の『I love you』歌ったEXOのヴォーカル、すごくいい声してるわねえ」)EXOのファン層さらに拡大! 実現したら、「オニュの『レイニーブルー』」に匹敵する、いえ、それをさらに超える「伝説」になるから!!

 こういうの、どのへんにお手紙書けばいいんでしょうか? ツイッターとかで「拡散希望」すればいいの?(苦笑)

 

 beckさまには、オススメした『EXO'rDIUM』(すでに購入なさってたんですね! ふふ、さすが!)のレイさんの「色悪」っぷりについても書いていただいていて、それも嬉しかったのですが、あまりにもお返事が長くなってしまったので(夜ふチョコ、興奮しすぎ・苦笑)、ここらで失礼いたします。

 また、お声を聞かせてくださると嬉しいです。このたびはコメント、ありがとうございました。

 

(すみません、まだお返事を返していない方、ほんとうにごめんなさい、もう今日はここで出かけなくちゃいけないところがありまして…コメント、嬉しく拝見しております。近いうちにお返事しますので、もうすこしお待ちくださいませ)

↓ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、応援して下さると嬉しいです♪ 

 

(画像はお借りしました。ありがとうございます)

 (この記事は【夜ふかし日記】14です。)

【Next:「夜ふかし日記」15はこちら▼】