EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【ベク・チェン】オーディション

f:id:yofukashi_chocolate:20181229231734p:plain

 

 ──げ、と思った。

 やっぱ、あいつ、来てやがる。

 

 指示された時刻より15分ほど早く控え室にやってきたのだが、ベッキョンが入室したときにはすでに、6名の受験者がパイプ椅子にすわっていた。

 

 スマホをいじっている者、イヤホンを耳に差しこんで、楽譜を目で追っている者。

 それぞれのスタイルで、この控え室で「オーディション最終審査の開始時刻」を待っているのだが、そのなかに、見覚えのある顔がひとり、パイプ椅子にすわっていたのだ。

 

   そいつは、顔をうつむかせて、膝の上に広げた本を読んでいた。

 きちんと切り揃えられた黒い髪(若干、前髪が短すぎるな、と思った)、紺とオレンジのボーダー柄のラガーシャツと、明るいベージュ色のチノパンを合わせている。

 髪型といい、服装といい、清潔感はあるのだが、「なにやってんだよ」と思うほどダサかった。

 ネイビーとオレンジという、パンチの効いたコンビネーションが、彼の顔立ち・体型・そのほかに似合っているとは言いがたいし、だいたい、そんな明るい色のズボンを履くなら、よっぽど脚の長さに自信がないとダメだと思うのだが。

 

 そのうえ、彼が履いているのは、「スニーカー」というよりは「運動靴」と呼びたくなるようなシロモノだ。

 そして、何より最悪なのは、そのメガネだった。

 ──おそらく「ルックス」というのも相当に重要視されるはずの、芸能事務所のヴォーカル・オーディションで、そんな大学浪人生みたいな、ごっついメガネかけてくるバカが、どこにいる?

 

 だが、いるのである。

 この控え室に。

 おそらく、総勢400人前後だったオーディション受験者の中から、たった「11」という数に絞られたパイプ椅子にすわって。

 最終審査に残った11人のなかに、彼もベッキョンと同じように選ばれて、この場所にやってきているのだ。

 

      *

 

 記憶にある限り、彼と顔をあわせるのはこれが3度目だと思う。

 1回目は、今から2ヶ月まえ、別の事務所のオーディションの最終審査の場で、だった。

 そこに選ばれた10人前後のなかに、彼も残っていて、そして今と同じようにダサい服とメガネでやってきていた。──課題曲と自由曲を一曲ずつ、控え室とは別室に呼ばれて歌うのだが、その歌声を壁と通路越しに聴いたのである。

 

 最初、課題曲のメロディにのっけられて、彼の声が歌い出されたときには、「へえ」としか思わななかった。

 

 へえ。こんな声してんの。あいつ。

 

 高く、澄んだ声だった。

 男にしてはかなりハイトーンの、澄みきって、よくとおる声。

 声量もテクニックもかなりある。歌唱のレベルも、危なげなく高水準に達している。

 

 だが、そんな人間なら、「掃いて捨てるほど」いる。

 自分も含めて、この最終審査に残るほどの歌い手なら、歌がうまいのは当然のこと、なのだ。

 問題は、そこから先だ。

 「歌がうまい」以上の、強烈な何かを、持っているかどうか。

 

 あ、やべ、と思ったのは彼が自由曲を歌ったときだった。

 「得意球」として、彼は非常にメロウなバラードを選んでいた。

 課題曲ではどうということのなかった彼の歌声は、その瞬間、突如、凛としたうつくしい光を放ちだしたのだ。

 

 絹みたいになめらかな? クリスタルのように澄んだ?

 ちがう。

 月の光みたいにきれいな。

 そんな歌声だ。

 

 それは驚きに似た感情だった。

 光に、心の奥まですうっと入り込まれて、はっとさせられるような、そんな思いだった。

 そういう魅力を放つ歌声だと、直観的に感じて、それから、これが彼の持つ「歌がうまい以上の強烈な何か」だ、と思った。

 

 やばい。

 やばいかも、俺。

 こいつに、今日ここで、負けるかも。

 

 ──オーディションという場所で、自分はいつも、ぎりぎりの地点まで追いつめられる。

 審査員は、たいていは一人ではなく、数人いる。3次審査以降だと、ビデオカメラが設置されて、歌っている姿を録画されるのが普通だ。

 精神的に素っ裸にされ、複数のプロフェッショナルから刃物のような視線で値踏みされる。

 歌唱力は? 伸び代がありそうか? 

 声の魅力は? 容姿は? 楽器は弾ける? 

 そのほか、何でもいい、商業的な価値のある、サムシングを持っているのか?

 

 そういうギリギリの地点で、あの彼の歌声を聴いた瞬間、とたんに、足元の地面が瓦解していくような気分に囚われた。

 

 やばい。

 俺、こいつに勝てないかも。

 

 

 嫌な感触の汗が、つうっと体を伝った。

 

 

 ──その日、運命の神様は、自分にも彼にも冷たくて、オーデイションの結果は二人ともが不合格だった……のだが。

 

                    *

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181230210709p:plain


  11脚あるパイプ椅子は、2列になって並べられていて、メガネとダサい服の彼は、前列の左端にすわっていた。

 特に指定はないらしく、どの席にすわってもいいようだったので、ベッキョンは後列の右端の椅子に腰かけた。

 すなわち、彼からもっとも離れた場所を選んだのだ。

 

 2ヶ月前、彼の歌声を初めて聴いたときの、「俺、こいつに負けるかも」と思った瞬間のあの嫌な感触を、ベッキョンははっきりと覚えている。

 だから、50人前後に絞られた3次審査の場に彼がいたときにも、彼の存在に気づかないふりをした。

 ──たぶん、あいつも俺も、3次審査は通過するだろう。

 そう思ったのだが、そのとおりになった。

 

 まあ、いい。

 あいつがいようと、いまいと、自分のベストを尽くすまで、だ。

 

 とりあえず、指定された時刻がくるまで、課題曲の再チェックでもしておこうと思い、カバンからスマホとイヤホンを取り出したそのときだった。

 本を読んでいた(この時間に、よく悠長にそんなことしてられんな、と思う)彼が、ふっと顔をあげて、それからあたりをぐるりと見回した。

 そして、思いっきり、自分と目があった。

 

 とっさに目をそらそうとしたのが、そうできなくなったのは、ダサいメガネの奥の目が、きゅっと笑みのかたちになって、彼が明らかに自分に笑いかけてきたからだった。

 のみならず、その笑顔のまま、彼はすわっていた席を立ち上がって、自分のほうへと歩いてきた。

 

「ねえ、ここ、すわっていい?」

 そう言うと彼は、ベッキョンがいいとも悪いとも言う前に、隣の椅子に腰かけてしまった。

 すこし話しただけでも、とてもよく通る声。

 澄んで、つよく響く。

「きみさあ、ビョン・ベッキョンくんでしょ」

 げ。

 俺の名前、知ってやがんの。

 

「……なんで知ってんの」

「えっとね。……2ヶ月前──だっけ、ほら、『A』ってとこのオーディションがあったじゃない。きみは覚えてないだろうけど、俺も、あの最終審査にいたんだよね」

 にこっと笑った。

 笑うと、何もしなくても下がっている眉尻がもっと下がった。

 どうでもいいけど、やけにフレンドリーだな、おい。

 

「すっごく歌がうまくて、ものすごく目立ってたからさ。強烈に印象に残ってて……で、こないだの、ここの三次審査で見かけたとき、あ、きみも来てるんだなって思って」

 はっきりとした二重の、大きな目。

 すっと通った鼻梁、鋭角的な輪郭。

 顔立ちは悪くない。ハンサムだと言ってもいい。

 かなり個性的だが、その個性的な部分が、そのまま魅力として作用するような、そういう顔の造作だ。

 けど、前髪切りすぎ。そんで、この、くそだせーメガネ、はずせばいいのに。

 

「……覚えてる」

 ベッキョンがそう言葉を返したとき、彼は「え?」と問い返した。

「覚えてるって、なにが?」

「きみがあのとき、最終審査に残ってたことも。……それから、こないだの3次審査にいたのも」

 彼が、ベッキョンの存在に気づいて、意識していたように。

 自分のほうも、彼の存在を意識していた。強く。

 

 

「あ……あ、そう──だったんだ」

 虚をつかれたような顔になった。

 意外だったらしい。

「そっか。きみのほうも、俺を覚えててくれたのか。……ねえ」

 彼はベッキョンのほうへと身を乗り出してきた。

「ねえ、連絡先、交換しない?」

 は? 

 なんでそーゆー展開?

「ほら。情報交換っていうかさ。きみ、92年生まれでしょ? 実は俺たち、年も同じで」

 言葉を重ねてきた。

 断られることを、考えつきもしないような、100パーセントの笑顔で。

 

 

 やばい。

 俺、こいつに勝てないかも。

 

 あの日と同じ、嫌な感触の汗が、つうっと体を伝った。

 

「いや。……俺はいい」

 勝手に唇が動いて、言葉がすべり出た。

「俺は、そういうの、したくないんで」

 

 ダサいメガネの奥の目が、はっとしたように見ひらかれ、一瞬で笑顔が消えた。

「そっか」

 隣の椅子から、立ち上がった。

「ごめん、邪魔したね」

 そう言い置いて、彼は、元いた席へと戻っていった。

 

      *

 

 その日、運命の神様は、ベッキョンだけに微笑んだ。

 11人のうち、オーディションで合格したのは自分だけだったのだ。

 もちろん、とても嬉しかったが、達成感というより、安堵のほうが強かった。

 その安堵のなかに、「とりあえず、あいつに勝った」という思いが、幾分かは含まれていたのだが、ベッキョンは、自分のその感情に気づかないふりをした。

 

      *

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181229231712p:plain

 

 ──げ、と思った。

 なんでこいつが、ここにいんの?

 

 1週間と1日前の、あのオーディションの控え室で、彼の姿を見たときには、「やっぱり」と思ったものだが、今日は「なんで?」と反射的に考えた。

 

 彼は、あの日、落ちたはずだった。

 受かったのは自分だけだった。

 なんで、入社の契約を結ぶ日に、こいつがこの部屋にいんの?

 

 来るようにと指示されたのは、オーディションを受けたのとは別の場所で、「本社」と呼ばれる社屋だった。

 事前に郵送されてきた書類と、身分証明書を提示しなければ、建物内部に入れない、という注意事項を申し渡されていた。──ゆえに、ベッキョンは言われたとおりにそれらを受付で見せ、それから、この5階の部屋までやってきたというのに。

 

 白い蛍光灯がこうこうと灯る、小さな会議室のようなこの室内に、すわっていたのは彼だけだった。

 黒いプルオーバーに、濃いネイビーのジーンズといういでたち。

 あの日の「パンチの効いた」ラガーシャツより、格段にマシだと思った。

 そして、例のメガネをかけていなかった。──あの日、「はずせばいいのに」と何度も思った、あの「くそだせー」メガネを。

 

「あ」

 長机の上の書類に目を通していたらしい彼が、顔をあげた。

「やっぱり。……ベッキョンくんもここに来るんだろうと思ってた」

 ドアを開けたまま、先客の彼の姿に驚いて立ち尽くしていたベッキョンに、そう笑いかけてきた。

 あのオーディションの日、連絡先を交換しないかと彼から持ちかけられて、自分は、相当に嫌な態度をとったはずなのだが。

 そんなことなど、ひとつも起こらなかったように、彼は、また100パーセントの笑顔をベッキョンに向けてきた。

 

「すわりなよ」

 彼は、自分がすわっていた隣のパイプ椅子を、ずずっと引いてベッキョンに示した。

「あ。──ああ」

 促されるまま、その椅子にすわった。

「『どうして、こいつ、ここにいるんだ?』って思ってるよね」

「ああ……まあ」

「あの最終審査、合格したのはきみだけで、俺は最初、不合格だったんだけど。──3日後に、電話がかかってきて」

 電話? 3日後?

「再考した結果、俺を入社させたいって電話だった。……だから、今日、契約に来たんだ」

 

 その彼の声を耳にしながら、ベッキョンの心のなかに、ひとつの思いが静かに落ちていった。

 やっぱり、という思いだった。

 あの日、運命の神様は、やっぱり、あの歌声の持ち主にも微笑みかけていたのだ、と。

 

「メガネ、してないんだな、今日」

 そう告げると、隣にすわった彼は、ちょっとはにかんだみたいに笑った。

 そんな表情をすると、その睫の長さが際立った。

「あ、うん。……母がお金くれて。『芸能事務所に行くんだから、コンタクトにしなさい』って強硬に言われて」

「へえ。お母さん、賛成してくれてんだね」

「うん、母だけね。……お父さんは、まだ絶賛反対中」

「うちは両親とも基本的に反対してるね。ここに入社できることになって、ようやく『黙認』まできたって感じ」

「あはは、そうなんだ」

 屈託なく声をあげて彼が笑ったので、自分も笑った。

 笑い声も、自分とは真逆の、澄んだきれいな音で響いた。

 

「あ、そうだ、まだ自己紹介もしてなかったね。俺、名前はね……」

 ひとしきり笑った彼が、そう言いかけたので。

「知ってるよ」

 ベッキョンは言った。

「おまえ、キムジョンデだろ」

 

「なんだ。知ってたの」

 ちょっと鼻白んだ表情を浮かべている。

「知ってるさ」

 

 そう。知ってるに決まってる。

 

 ──オーディションという場所で、俺はいつも、ぎりぎりの地点まで追いつめられる。

 精神的に素っ裸にされ、複数のプロフェッショナルから、刃物のような視線で値踏みされる。

 

 だから、必ず自分に暗示をかける。

 俺はこのなかで、誰よりも、一番歌がうまいんだ、と。

 この部屋に集まった人間が、何人いようと関係ない。

 俺はこのなかの誰よりも、誰よりも、歌がうまいんだ、と。

 

 その暗示を瓦解させるような歌声を持っていたのは、こいつ──キムジョンデだけだったから。

 

 だから、そいつの名前を。

「なんだよ、知ってるならさー、最初から、そう呼べばいいじゃん」

 俺が、知らないわけがない。

 

  ──『オーディション』fin. (2018.12.31)

 

(この記事は、「CBXに夢中!」41・Chen51・Baekhyun40です。)

 

 追記:

 前回、「ある朝の切符・ある夜の通話」というタイトルで、「CBX誕生前の3人の間で話し合いが持たれていた時期」のお話を書いたのですが、読者様のお一人から「私、これ、半日くらい、ずっと『実話』だと信じてました・笑」というお言葉をいただいて(書き手として、お褒めの言葉だと光栄にも感じたのですが……ありがとうございます。ぺこり)、今回はちょっと、お断りをしておかなくては、と思っております。

 ジョンデくん自身がラジオで語ったデビュー前のエピソードというふれこみで「ベッキョンと僕は、同じ歌のオーディションでSMに入社しているのだが、最終審査でベッキョン一人だけが合格して、僕はいったん、落ちた。でもその数日後に、電話がかかってきて、『再考の結果、君を入社させたい』と言われた」という情報を、ネットで読みかじったことがあります(→それについて語った記事はこちら「チェンとベッキョン・ふたりのコントラスト」)。

 この『オーディション』は、そのエピソードに基づいてはいるんですが、まず、その逸話の真偽も定かでないうえに、そのほかのディティールの一切合切が「(ベッキョンくんとジョンデくんの熱烈なファンである)私の頭の中で作り出した、フィクション」なんです。すみません。

 このお話、あんまり需要がないかなぁ…と、若干、心配したりしているのですが(苦笑)、チェンくんとベッキョンくんの、ヴォーカリストとしてのライバル関係は、私がここまでEXOにのめりこんだ原動力でもありまして、ぶっちゃけこのお話、ずーっと書きたくて書きたくて書きたくて、しょうがなかったんです。(塾が年末年始休みになったら書くぞーって拳を握りしめてました・笑)

 ゆえに、「書けて大満足」でもあるのですが、その一方で「書き終わってしまいたくなかった」お話でもありました。……書き終わってしまうのが、名残惜しくて。

 この忙しい年の瀬に、暖かい応援コメントをくださる皆様にお返事も書かない上に、いったいなんでこんなお話を書いとるんだ、と自分でも思うのですが、ほんとうにごめんなさい。でも、ご感想をお聞きしてみたいな──と厚かましいのですが、思っております。

 どうか、たくさんの皆さまのお気に召しますように。

(2018年12月31日 夜ふかしチョコレート拝)

 

☆この次のファンフィクションは、こちら。ベク+チェンです。

 

 

★次の記事はこちら! 夜ふチョコの新年近況と「オーディション」にいただいたコメントにお返事を書いています。

 

▼ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、応援してくださると嬉しいです。応援、とても励みにさせていただいております。

(画像はお借りしております。ありがとうございます)