EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・アルバム評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【Kai】Mr. Passion

f:id:yofukashi_chocolate:20180215123704j:plain

【Mr. Passion】

 

passion ; (noun)  strong and barely controllable emotion.

 

passion ; (名詞) 強く、ほとんど抑制できない感情。

 

 え。なんだ、このひと。

 ほかのメンバーと、まるっきり、ちがう。

 

 ——カイについて、そんなふうに驚いたのは、「『Don't Go』を踊る彼を初めて見た瞬間」でした。

 

 まだEXOのファンになって間もない時期。

 ようやくメンバーの名前と顔が一致しだして、そのパーソナリティや言動が、パフォーマンスする彼らの向こうに透けて見えるようになりはじめた頃のことです。

 

 ご存知のように、あの「Don' Go」のダンスは、腕と手の表現が非常に印象的なカリオグラフィーをつけられています。

 飛んでいく蝶々の羽の動き、あるいは、そっと慈しむように、手のひらのなかに、蝶々をつかまえようとするかのような動作。

 それから、手から蝶々を空へと飛び立たせてあげるようなモーション。

 

 センチメンタルで甘い、あのメロディラインにのせたダンスで、カイだけが、別の振り付けを踊っているかのようでした。

 実際には、もちろんそんなことはなくて、彼だってほかのメンバーと同じアクションをしているのに。

 とにかく強烈に、彼は「ちがって」いるのです。

 

 そのときに見たのは(それから、その後も何度も繰り返して見ることになるのは)「EXO’luxion」のステージで、カイのことだけを追った「Kai Focus」の動画でした。

 

 ——どうしてこんなに、カイだけが「ちがって」見えるんだろう。

 

 あのパフォーマンスで、カイは、終始ほほえみを浮かべています。

 誰かに笑いかけているほどの大きな笑みになるときもあります。

 そして、その笑いかたが、ほかのメンバーとは決定的に異なっているのです。

 

 

 「笑っている」といえば、あのステージにいるメンバーは、みんな素敵な笑みを浮かべています。

 カイの隣のジョンデ、曲の後半から(その動画のなかで)カイの手前にやってくるミンソクも。

 「カイ・フォーカス」の動画には写っていないけれど、語りかけるようにして歌うときのギョンスやベッキョンが、彼ららしい、とてもいい笑顔をしていることだって、知っています。

 

 でも、ほかのメンバーの素敵な笑顔は、みんな、会場にいるオーディエンスに向けられている。

 ファンたちの熱い視線に応えるため、それに想いを返すための笑顔。

 

 でも、カイはそうじゃない。

 

 「Don' Go」を踊るカイは、「愛しい相手」のことを見つめている。

 それは彼の心の中にいて、彼だけが見ることのできる、とても特別な存在なのだと思います。

 その相手が愛おしくてたまらなくて、はからずも浮かべてしまったような、そんな微笑みかたで、ステージの彼は踊っている。

 

 そしてそのカイの姿は、見ている私たち自身の、かつてせつなく誰かを愛おしく思った気持ちにリンクしていく。

 その記憶につながることのできる特別な扉を、「誰かのことを愛おしそうに」踊るカイが、ひらいてくれたかのように。

 

 言葉というものを使わずに、身体表現の美しさだけで、カイは、見ている私たちの心にふれてくるんだ、と思いました。

 ふれて、揺さぶる。

 揺り動かす。そうして、ひらかせる。

  

 ——ああ、このひとにつけられた「カイ」という名前は、「開」から来ていたのだったと、そのとき私は、深く納得したのです。

(2018.02.15)

 

 (この記事は「EXO-BOX」「彼は『Mr.』」⑦・「Kai」⑤です。) 

【Next:『EXO-BOX』「彼は『Mr.』」⑧はこちら▼】

【Next:Kai ⑥はこちら▼】

↓ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、応援して下さると嬉しいです♪ 

 

(画像はお借りしました。ありがとうございます)