EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【dear happiness】勝手にランキング!【優勝はダレだ!】

1. 敢闘賞受賞

f:id:yofukashi_chocolate:20181006125734p:plain

You wearing a straw hat, laughing like a tomboy, we can't help falling in love with you.

ストローハットのきみが、おてんば娘みたいに笑うから、もう恋に落ちるしかない。

 

 

【ベッキョンくんの評価ポイント】

①まずはその麦わらのハット、②次にポロシャツのネイビーのあざやかさ、③それから、大きく笑ってる口元からのぞく、歯並びのいい真っ白な歯。

 「tomboy」という単語は、「おてんば娘」という意味でして、本来的には女の子に対して使う名詞。

 ちゃんと肩幅もあって、青年らしい体つきをしている彼なのに、あまりにもかわいすぎる「ベクちゃん」のこの笑顔を見たとき、すぐにこの単語が頭に浮かびまして、それが離れなかったのです♡

 ラクビーボールをかかえてる、すんなりした手と指も、もちろん特別加点ポイント。というわけで、敢闘賞はきみだ!

 

 

2. 「いいね!」の数が第2位 

f:id:yofukashi_chocolate:20181006130534p:plain

 指先まで「ピッ!」と伸ばして、全力で準備体操しちゃう、そんなきみが大好きなんです。

 

 

【チェンチェンの評価ポイント】

 えーとですねえ、やっぱジョンデくんの小柄さ。そして手足の、こう、長すぎないというか、かわいくコンパクトなかんじ?(←言葉を選んでいる)。

 ジョンデくんをじーっと見つめてきたファン(私)にとっては、ジョンデくんの体の特徴が脳みそに刻み込まれています。「ジョンデくんの体つき」としか言いようのない彼の体のいちいちが、こんなふうに体操しているときにも表出していて、それがファンにとっては、愛らしくて愛らしくて、たまらないのです。

 準備体操するのも、いちいち全力な感じ、一生懸命な表情(なんだけど、彼の独特な唇のかたちのせいで、ちょっと笑ってるみたいに見えるところ)。

 「世の中には2種類の男がいる。ショーパンをはいていい男と、はいてはいけない男だ。そしてジョンデは、後者に分類される」とギョンスペンのQに言われたけれど、いいの! 

 私には、この全力で「イッチ、ニ、サンシ! ニィニ、サンッシッ!」な感じが可愛くて可愛くて、萌えるの!

 ちなみに、ツイッターのほうで、この8人の「『dear happiness』+キャプション」を、この記事に先駆けて発表していたのですが、この「全力で体操チェンチェン」の「いいね」の数は、メンバー中第2位でした♡

 

 

3. 最優秀「年上の彼氏」賞

f:id:yofukashi_chocolate:20181006134640p:plain

 If you were not here, the sky or the winds from this ocean wouldn't be so beautiful.

 あなたと一緒でなかったら、この海からの風も空も、こんなには美しくない。

 

【リーダーの評価ポイント】

 それにしても、スホさん、ピンクが似合うひとだなあ……(頬を思わず、にやにやとゆるませながら)。

 EXOには「ピンクが似合う男子」が3人いると思っております。

 それは言うまでもなく「シウミン・スホ・セフン」の「色白美形3人衆」なわけですが、この髪色も、トレーナーのコーラルピンクも、素敵なハンサムのスホさんによくお似合いです。

 それにしても、このスホさんの「素敵な年上の彼氏」感、どこから醸し出されてくるのでしょうか。

 彼の秀麗な眉根のあたり、もしくは(わりと太い)首のあたりがその出所なんじゃないかと、私は推察しているのですが。…… 

 

 

4. 素直なほほえみ(@センター) 

f:id:yofukashi_chocolate:20181006224800p:plain

A loved son has a sweet profile.

愛されて育ったひとの、やさしい横顔。 

 

 

【カイくんの萌えポインツ】

 私は彼の「拗ねているようなまなざし」がたまらなく好きで、そういう写真ばかりを集めてしまっているのですが。

 こういう素直な表情の彼もいいですねえ……♡

 ふわりと微笑みのかたちになった、彼の口もと。

 さらりと撮られた一枚なのに、この写真が内包する彼のストーリーを知りたくなってしまうのは、たぶん、その微笑と、彼の素直なまなざしのせいだと思うのです。

 

 注・ところで皆さま、お気づきのとおり、カイくんとチェンチェンが『おそろいの服』を着てるんですよ……♡

 カイくんとチェンくん、ナニゲに仲良しだったりするんですよねー。ふふふ。

 「甘え上手な弟」と「甘えさせ上手な兄」なんだと思ってるんですけど、カイドの熱烈なシッパーであるQからは、「カイチェンなんて、一ミクロンも萌えないね。ていうか、むしろ『ナノ単位』でムリ」と冷たくあしらわれてるんですが……

 

 

5. 「同い年の彼氏 」新人賞受賞

f:id:yofukashi_chocolate:20181006231114p:plain

What are we gonna do next, then?

そんじゃさ、次、どうするよ?

 

【パクチャニョルくんの成績】

 

 白いプルオーバーの着こなし…25点

 両耳の自己主張性…15点(+特別加点5点)

 なんか喋りたそうにうずうずしてる表情…15点

 フツーの男の子みたいな黒髪…20点

 そのくせ顔のパーツがすべて超美形…20点

 

 ——というわけでパクチャニョルくん、今回もキミは、100満点だ!!!

 

 私はプルオーバーを着ているチャニョルくんが大好き。

 私服でも、彼はそれを選ぶことが多いひとなのですが、背が高くてフォトジェニックな彼じゃなかったら、こうもプルオーバーは似合わない、といつも思わされます。

 

というわけで、皆さま。 

 

 ここまで5人のメンバーを紹介してまいりました。

 お次は「審査員特別賞」「準優勝」「優勝」のメンバーの発表です!

 

 ▼

 ▼

 ▼

 ▼

 ところで……

 ▼

 ▼

 ▼

 ▼

 「Don't Mess Up My Tempo」のティザーショット、なわけですが。

f:id:yofukashi_chocolate:20181006230402p:plain

  わー! わくわく!

 

襟足、このいみじきもの。

 

 さて、去年の「KoKoBop」ベクの襟足、私は賛成派だったんですが、Qは反対派でして(「どこのヤンキーだよ、と思った」Q談)、ファンの方の間でも、やはり評価は分かれていたような気がするんですが……。 

 

▼去年の襟足・今年の襟足。

f:id:yofukashi_chocolate:20181009141038p:plain
f:id:yofukashi_chocolate:20181009140711p:plain

 

 今年のキムジョンデくんの襟足、皆さまは、いかが思われまして?

 

 私のもとに寄せられたコメントから、皆様のご意見を紹介させていただきますと。

 

「襟足の件、私はQちゃん派なんですよぉ〜。ヤンキーと言うか、ヤンキーの子供さんを想像しちゃう、へへっ。だから、今回のジョンデくんのも???」(beckさん@ベクペンさん)

 

「これ(←ジョンデくんの襟足)ね~…ありなような、ないような…。ビミョーってのが私の気持ちでして。

 黒髪プリーズ! コンセプト的には、上手くハマってる~、さすが! ——とか何とか言いながら、ジョンデの全てを愛している盲目ペン♡ 最近色っぽいが過ぎるぞっジョンデや~♡

 PS  あ、ベクは大いにアリです!」(まこっちさん@チェンペン)

 

 婉曲表現(笑)を使っていらっしゃった、beckさんとまこっちさんのご感想に比べ、Q(平成2ケタ生まれのギョンスペン。昭和生まれとは、意見が異なることがしばしば)は非常にシビアな意見をラインにて書き送ってきました。

 

Q「ジョンデ。その、襟足。」

Q「切ろう、今、すぐ。」

 

 ——なんというか、体言止めと倒置法を使い、かつ、読点を無駄に力強く打ってきたあたりに、彼女の主張を感じましたね・笑。

 

私「去年、あなた、ベクの襟足も『どこのヤンキーかと思った』って怒ってたねえ」

Q「うん」

私「今年のチェンチェンの襟足は、ヤンキーっぽいわけじゃないでしょ?」

Q「ヤンキーっぽくはないよ」

Q「ただ単に、ジョンデに似合ってない」

 

 ——あらま(笑)。

 うーん、私は、ジョンデくんの「額にふわりとかかる前髪」を見ただけで、「きゃあ♡」状態に陥って、実はほとんど思考停止しちゃってるんですよね(苦笑)。

 

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181009140711p:plain

 うーん、なかなか、いいんじゃない♡(←結論)

 

さて! 

お待たせしました!

 ここからは、「審査員特別賞」「準優勝」「優勝」の発表です!!

 

審査員特別賞受賞・「いいね」の数第1位 

f:id:yofukashi_chocolate:20181007180955p:plain

そんなに魅力的なあなたが、濡れた白シャツなんかを着た日には、「刺激が強すぎてしまう」と思われませんか? 

 

 ——きゃあ〜〜〜〜!!!

 ダメ、ダメだから、ミンソクさん!!!

 そんな格好なさってはダメ!!

 基本的に「白いタンクトップを、素肌にさらりと一枚着ただけ」っていうのは、非常に(見えちゃいそうで)危険な状態なんです。

 「何が?」って、ええと、胸元のあたりが……ですね。

 そんな無防備な格好をなさってはいけないのに、さらに、上に羽織っていらしたシャツを半分脱いだ姿で、しかも、プールに飛び込んで「びしょぬれ」だなんて!!

 このお写真だと、(角度的に)写ってないけど、これ、シウミンさんの正面に回り込んだら、「それ」が(2つとも)、濡れたシャツ越しに、見えてしまってますよね??

 きゃあ〜〜〜〜!!

「じゃあ、ミンソクくん、次のカットはプールに飛び込んでみよーか?」と水を向けた撮影スタッフさんがいたのか??

 それともシウミン さんが「次のカットは、プールに飛び込んでみてもいいですか?」と自ら提案したのか??

 どっちにしても、その「シャツを半脱ぎにして、僕の二の腕をファンのみんなに見てもらっちゃお♡」という、ミンソクさんの素敵なお気持ちは、もう十分伝わりましたから……その危険な濡れたタンクトップの胸元を、早く、早く、大切にしまってあげてください!!(←泣いてる) 

 というわけで、シウミン さんは審査員特別賞受賞(with夜ふチョコのむせび泣き)。評価ポイントは「濡れた白いタンクトップ姿の、危険な胸元」。

 ツイッターで発表した際の「いいね」の数も、すべての弟たちを制して堂々の第1位。

 

 それでは。(←気を落ち着けるために、とりあえず、ルイボスティーを一口のみました。)

 (いろいろ飲み比べてみましたが、伊藤園のがおいしい♡)

 

さて、次は。

「準優勝」の発表です♪

えーとですね、今回、準優勝と優勝で、相当、迷いました。

かなりの僅差だったと思います。

なぜって、

「ホテルの一室。午後のベッド」

——みたいな、かなり似たシチュエイションで撮られていたんですもの……

 

じゃん!(ふふ♡)

お待たせしました。

準優勝は……

準優勝「スペードの2」

f:id:yofukashi_chocolate:20181020084546p:plain

 He is telling so many things even though his lips are shut.

その唇を閉じたままでも、彼はたくさんのことを語っている。

 

 きゃあ〜〜〜〜!!

 ミンソクさんのときも、叫び声をあげそうになりましたが、このマンネの写真にも雄叫びをあげそうになりましたね、私。ええ。

 「ベッドに横たわり、大きな枕にもたれるセフナ」(やばい!)+「グレイのパジャマに包まれた広い肩」(これが相当にやばい!)+「伏し目がちの美しいマンネ」(やばい! ほんとうにやばい!)+「ねえ、キミ、そのボタン、はめようとしてるの? それともはずそうとしてるの??」(やばい! やばさの満漢全席だよキミ!)。

 そしてきわめつけは、

「唇にくわえた、トランプのスペードの2」!!!!!!

 誰だ! 誰だうちのセフナに、こんなけしからん格好をさせたのは!!!!(あ、ちょっとスホさんが私に乗り移った・笑)

 ただし。

 「今さっき、撮影用にブロウしたばっかりです♡」のサラッサラの髪、「今さっき、撮影用に用意してもらったパジャマを着たところです♡」の、「おろしたてパジャマ感」からは、「寝乱れた」ようすが微塵もなく、かといって、「トランプも楽しかったし、じゃあ、これから寝よっか♡」的な雰囲気もない。

 「する前」の親密さも、「した後」の放埓さも、何一つこの写真からは感じられなくて、ぴっかぴかに「撮影用の品行方正」感しかない。

 だけど、それで正解だったんだろうなーと思っています。

 このマンネの体躯が持っている性的なニュアンスは、たぶんこの8人のなかで、かなり最初から高いのです。その男性性の強い身体から、むやみやたらに媚薬をふりまいているような青年なので、彼をベッドに横たわらせるなら、折り目正しい品行方正感をきっちり保持しておかなければらない。

 そうしないと、「アイドルくんの素敵な写真♡」というコンセプトを逸脱しちゃいますからね。——「趣味性の高い、大人しか買ってはいけない絵本」的なニュアンスが出てきちゃいますもの(苦笑)。

 しかし、それにしても、よくぞセフナに「スペードの2」をくわえさせましたねー。

 ここは、このカードのチョイスしかなかった! と思うのです。

 グレイのパジャマを着た美青年・オセフンくんが、白い枕にもたれながら唇にくわえるなら、それは「スペードの2」以外にありえない。

 ——というわけで、美しい(ハート泥棒マンネの)セフナは、「スペードの2」をくわえて、ヒョンたちをゴボウ抜きにして準優勝。

 いやホント、セフナを優勝にしたってよかったぐらいの威力だったと思います。

 ツイッター発表時の「いいね」の数もシウミン さん、ジョンデくんに次ぐ3位でしたし♡

 けれども、今回、優勝の彼が、このセフナをも上回る、あまりにもすごい写真を繰り出してきてまして、ですね……

いや、ほんっとーに、すごかった……

(遠い目)

それでは!

お待たせいたしました!

優勝者の発表です!

あと一人しかいないから、皆さま、おわかりでしょうけれど……

優勝は!

この彼です!

どどーん!!

 

優勝「親密なベッドルーム」

f:id:yofukashi_chocolate:20181020100621p:plain

I could sense your feelings much more clearly in an intimate bedroom.

親密なベッドルームのほうが、きみの感情をよりはっきりと感じられる。

 

 

 ——今回のこのギョンスが優勝なのは、ギョンスペンの方じゃなくても、皆さま、納得してくださるんじゃないかと思うのです。

 最初に、この一連の「dear happiness」ボーイズの写真がツイッターでわーっと流れてきたときに、

ベッキョンくん・ジョンデくん・カイくん→「わあ♪  かーわいいー♡」

スホさん・チャニョルちゃん→「かっこいいー☆」「ハンサム♪」

 ——っていう感想を抱きながら見ていたのですが、審査員特別賞・準優勝あたりから、

シウミン さん→「きゃあ〜〜〜〜〜〜!! ダメ!! ダメだから! 早く、早く、『それ』をしまって!!」

セフナ→「ぎゃあああああ〜〜〜〜〜〜〜!! けしから〜〜〜ん!!」

 ——みたいな、叫び声が出はじめたんですけど(苦笑)。

 

 ギョンスくんに関しては、そんな叫び声すら、あげることができなかったのでした。

 思わず、息をのんでしまったから。

 

 笑わないギョンスが、あなたをじっと見ている。

 ホテルの一室で。午後のベッドの上で。

 ボートネックのプレーンなシャツを着たギョンスは、そのまなざしで、この写真を見ているあなたと彼のあいだに、つよい親密さを作りあげています。

 彼が横たわるほかは、iPadと水のペットボトルという小道具が、ベッドの上に置かれているだけです。そのうえ、写真の色彩も、アイボリーとブラウンという2色に、ほぼ限られています。

 そんなふうに、シンプルきわまりない写真なのに。

 この親密なベッドルームからは、さまざまな物語がはじまりそうな予感がします。

 そしてそれは、あなたとギョンスの物語なのです。

 

 

(この記事はEXO-BOX25です。)

 

 ——というわけで、「dear happiness」の8枚の写真を勝手にランキングづけしてみました。賢明な読者の皆さまならお気づきのとおり、審査委員は夜ふチョコ1人、という非常に勝手きわまりないランキングですが(苦笑)、お気に召すものがありましたら、優勝の彼の写真をクリックしていただけると、嬉しいです♪

(画像はお借りしています。ありがとうございます)

 

(ブログにも、ツイッターにも、昨日はたくさんのコメントありがとうございました♡とても嬉しく拝見しております。でも、もう寝なきゃいけないシンデレラタイムになってしまいました…ごめんなさい、お返事は、もう少しお待ちくださいね。すみません)

 

次の記事・EXO-BOX26は…

exo-mellow.hatenablog.jp