EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【CBX金ピカのお札】わたしのアミュレット【Don't Mess Up My Tempo】

f:id:yofukashi_chocolate:20181005140210p:plain

Your smiles are my amulet which gives me happiness.

きみたちの笑顔が、いつも私に幸福をくれるアミュレット。

 

 

 ふふふ♪

 皆さま、こんにちは、夜ふかしチョコレートです♪

 

 うわ〜ニヤニヤが止まらない〜!

 昨日、EXOくんたちのカムバが発表されまして、夜ふチョコは、「ニヤニヤ期」に突入しています。

 東京在住のQからも、文字よりもハートマークのほうが多いラインが頻々と送りつけられてきておりまして。

 

Q「ついに!」

Q「Finally!  At last!!」

Q「EXO'll be coming back!!」

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181005120324p:plain

Q「見てほしい、このドギョンスの目、そして眉」

Q「瞳、それからまなざしを」

Q「これが私の愛した男」

Q「そしてキムジョンイン最愛の男」

(夜ふチョコ注・Qの個人的な見解ですので、あまりツッコまないであげてください)

 

 

私「あのね、Qちゃん」

私「気づいてるかもしれないけど」

私「カムバ、私の誕生日にぶつけられちゃって」

 

(注:たまたま私の誕生日が11月2日だっただけで、別に、EXOくんたちに「ぶつけられちゃった」わけではないのは重々承知なのですが、そう言ってみたいのです♡)

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181005204609p:plain

(ところで、個人的にジョンデくんが「え? 誰これ?」って、一瞬わからないほどの美青年だった……

 こーゆー襟足の長いヘアスタイル、初めてですよね? 

 うーむ、印象をがらりと変えてきましたねえ……

 勝負に出てきたなキムジョンデめ。ならば受けて立とうではないか。

 いざ! 

 〜〜(写真を見つめて5秒経過)〜〜

 ……ううう、参りました。私の負けです。

 ですのでジョンデくん、もうこれ以上、私のハートをもてあそばないでほしい!)(←切実)

  

Q「ちゅっかへ♡」

 

Q「BTW(注・「ところで」by the wayの略語)、病院どうだった?」

 

 ——このブログをお読みの皆様にもご心配いただいておりましたのですが(ありがとうございます)、9月、私は体調を崩していました。

 それまでずっと元気だったので、自分でもびっくりだったんですが、なんと申しましょうか、女性系の症状が長いこと続いてしまいまして。

 ちょうどジョンデくんのお誕生日の頃から9月末にかけてが、わりと調子が悪く、ブログ+ツイッターをすべてお休みして、体力温存につとめておりました。

 

(というわけで、「ジョンデくんのお誕生日おめでとう」活動がまったくできなかったのでした……うわーん、いろいろと記事を企画してあったのになあ〜)

 

 9月末には、Qに会うために東京に行く予定だったのですが、飛行機をキャンセルして家で蟄居していました。

 

私「あー、行ってきましたよ病院」

Q「それでどうだったの? 大丈夫なの?」

私「検査を受けたよ。深刻な病気じゃないかどうか、ルールアウトしてもらうためにね。あと、貧血の検査とかも受けたけど」

Q「結果は?? OKだったの??」

私「ああいうのは、即日結果が出るわけじゃないのよ。2週間後に結果を聞きにいくことになってるの」

Q「なんでもないといいねー」

私「ほんと」

Q「お父さん、めっちゃ心配してたやん」

 

 ——そうなのでした。

 家人には非常に心配をかけてしまいまして。……

 女性系の事柄は、彼にとっては「未知の領域」。

 それだけに、男の人は、非常にオロオロしてしまうんだなあと思いました。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181005133832j:plain

 

 病院へ行く数日前、北の大地の拙宅に「CBXからの素敵なプレゼント」が届きました。

 CBXの3人の肖像入りの「金のお札」のキーホルダー。

 

【素敵なプレゼント】太陽と月さえも。【ついに届きました】というブログ記事で、私は「こんな大きなキーホルダー、どこで使えばいいのですか(笑)」などと、生意気なことを書いたのですが。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181005220201p:plain

How come you make me so happy all the time?

いったいどうやって、あなたはいつも、こんなに私を幸せにしてくれるのだろう?

 

 

 病院へ行く前夜、保険証だの診察券だの、そのほかモロモロを準備しつつ、私の心の中はわりとブルーでした。

 アレやコレやの検査を受けるために行くわけですが、なかなかに気が重い。

 もちろん必要なことだとわかってはいるのですが、検査というものは、おしなべて「あーやだやだ」「怖いなあ」「でも子供じゃないんだから『イヤ』とか言えないし」——という種類のものであるわけです。

 

 頭のなかを憂鬱でいっぱいにしながら準備をしていた私に、ふと、すばらしいアイディアが浮かびました。

 

「そうだ!! あのCBXの『金のお札』を持っていこう!!」

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181005142054p:plain

Your voice is warm like sunlight in spring, storng like sunshine in summer.

Your singing is as sentimental as sunset in autumn, as sparkling as a reflection of the sun on the first snow.  

あなたの声は、春の日のひかりのようにあたたかく、夏の太陽みたいに強い。

あなたの歌は、秋の夕焼けみたいに感傷的で、初雪の上の反射のようににきらめいている。

 

 

 ——「EXO-CBX BANK」から発行され、3人の肖像が麗々しくプリントされた、あの金のお札。

 お札の番号は20161031(2016年10月31日は、ご存知のようにCBX『Hey Mama』が発売された日)。

 額面価格が「10000$」の、あの神々しい金ピカのお札は、「魔除け・厄除け・病除け」のお守りとして、非常にふさわしいものではありませんか!

 

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181005142126p:plain

I wish you'd be yourself.

きみは、きみらしくいて。

 

 ——というわけで、持っていきましたよ病院に(笑)。

 CBXの金ピカのお札。10000ドルのやつ。

 検査のとき、ネガティブな気持ちになるたびに、「大丈夫」って自分に言い聞かせてました。

 あのコンサート会場で、3人から、「幸せになる魔法」をかけてもらったんだから、私はだいじょうぶって。

 

 そうか。

 あの金ピカのお札、私にとってのアミュレットなんだ。

 

   *

 

 さて。

 9月27日に「ブログお休みします宣言」を出したのですが。

 

 おかげさまで体調が良くなりまして、具合が悪かった時期が遠ざかってみますと、「ああ、あれもブログに書くはずだったのに」「あのことだって書きたかった」と、いろいろと思いが募ってまいりました。

 

 そして、もうすこし申し上げるなら、今は、カムバが待たれる時期であるとともに、CBXのかなめであるシウミンさんが、ステージから遠ざかってしまう時期の直前にあたっています。

 その大切な時期、ここまでCBXを応援してきたんだから、まだまだ、書いておきたいことが、いろいろある。——そんなふうに思っています。

 

 けれども、今回、体調が悪くなってしまったことで、家族にはずいぶん心配をかけてしまいました。普段、とても元気だったので、自分でもびっくりしてしまいました。

 さらに、お仕事上の事情があって、来年1月の半ばまではそちらのほうも気が抜けません。

 

 そこで、自分なりに「シンデレラ・ルール」を設けることにしました。

 「とにかく、夜の12時前には寝る。そのために、ブログ書きは、必ず23時半までの活動とする」——という簡単なものです。

 23時半になったら、ブログが書きあがっていようといまいと、PCを閉じて、寝る!

 絶対に、寝る! 「夜ふかし」は名前だけにする!(苦笑)

 

 それにあたって、少し、ブログの書き方を変えさせてください。

 

 皆さまからのコメントやご感想は、いただくたびに嬉しく、またお返事を書くのも、私自身とても楽しいことです。

 読者さまのお好みの彼にあわせて、EXOくんたちの写真を選んで、お返事の冒頭に付することも、心から楽しかったです。何人かの方から、「ご負担でしょう?」とご心配いただいたのですが、そんなふうに思ったこともありませんでした。

 でも、これからは、お返事を書くとき、何日かぶんを、まとめてお返事させていただければと思っています。

 そんなことを申し上げながら、勝手なのですが、皆さまからご感想をいただけるのを、実は夜ふチョコ、何よりも励みにしております。

 ですので、もしお時間がおありでしたら、これまでどおり、ぜひ、お声を聞かせていただければ……と思っています。

 どうかよろしくお願いします。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181005211353p:plain

 

 ——さて。

 Qとのラインの続き。

 

私「ところでQちゃん、『Don't Mess Up My Tempo』って、あなたならどういう日本語にする?」

 

 ——Ankochangさんからのコメントで、このタイトルの日本語訳をお尋ねいただいたのでした♡

 

Q「むっず」(注・「難しい」と言いたいのでしょう)

Q「日本語にすると、だっさ」(注「ださい」と言いたいのでしょう)

 

私「俺のテンポを乱すな」

私「そんな感じ?」

 

Q「『俺のテンポ』っていうのが、だっさ」

Q「かといって『僕のテンポ』はもっとダメ」

 

私「ボーイズが、motorcycleに乗っかって、ライダーズジャケット着てるのよ? 『僕の』はおかしいもん」

 

Q「テンポを『ぐちゃぐちゃにするな』ってことじゃん?」

Q「つまり、『ノリノリになりたいんだから』、『俺のテンポを台なしにするな』ってことでしょ」

私「そうそう」

Q「俺のテンポを邪魔するな」

Q「——って感じでどう?」

 

私「『俺のテンポを狂わせるな』なら?」

 

Q「うーん……長い」

Q「それに『俺の』ってのが、どう転んでもダサいですよ」

 

(この記事は2018年秋のカムバ特集記事「Tempo」2です。)

 

 

あ、すみません! 

セフナが主人公のファンフィクについて、宣伝させてください♪

★ランキングに参加しています。3人の笑顔は、私にとって、お守りのような存在なんだなと改めて気づかされました。お気に召すものがありましたら、応援してくださると嬉しいです。

(画像はお借りしています。ありがとうございます)

 

次の記事は……

 

次の「Tempo3」の記事は…

exo-mellow.hatenablog.jp