EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【Don't Mess Up My Tempo】ティザーショットで【雨夜の品定め】

f:id:yofukashi_chocolate:20181006230402p:plain

 ねえ皆さま、このコスチュームのコンセプトって、何を模しているんでしょうね?

 「アーミー」? それとも「空挺部隊」かな?

 

 

 ふふ…

 ふふふふ……

 ふふふっ……ふふふふっ……(←おさえきれない笑い)

 ふわはははははは……!!!(←きもい)

 

 こんばんは、夜ふかしチョコレートです!

 

 美しいEXO-Lの皆さまにおかれましては、カムバ情報の出来に、「アレのソレだし下手に手出しすれば足も手も出る」(@「electric kiss」セフナのパート)的な感じで、湧きたっておられる昨今だと思いますが、ふふふ、夜ふチョコも、そしてQ(東京在住。ギョンスペン)も例外ではございません。

 以下は彼女とのラインのやりとりから。

 

Q「てか、レイさんは帰ってくるの?」

私「Yes」

Q「確実な情報じゃなくない?」

私「confirmed」

Q「だってジャケ写も8人じゃん??」

私「中国版音源とMVに参加」

Q「まじ?」

私「まじだよん」

Q「ソースは?」

私「見たまへ」(ネットニュースのスクショを送信)

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181010141841p:plain

【訳】

見出し:

「K-popのキングたちが戻ってくる——EXOのカムバにファンが湧き立つ」

 

 K-popの人気ボーイバンドEXOが、ニューアルバムの発売を発表した。ファンは待望のカムバが近く実現することに湧きたっている。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181010174537p:plain

【訳】 

(写真には8人のメンバーしか写っていないが、メンバー・レイは、MVと中国版の音源に参加することが確認されている。)

 

Q「おぅ、、、、」

Q「いえぇぇぇすっ!」

 

 ——なんとも頭の悪そうなやりとりですね(苦笑)。

 

 ところで、ギョンスくんのおメメ写真のすぐ下に、ボーイズの背番号がチョコチョコと書いてあるんですけれど。

「21・88・99・61・4・94・12・ 1」——となってまして、ご存知のように「チェン・カイ・シウミンさん・チャニョル・ベク・セフナ・ギョンス・スホさん」と並んでいるわけですが、それって、どんな意味なのでしょうね?

 

(追記:あ、わかった!

 たぶん、この記事の冒頭写真に使ったショットにおける、「ボーイズの並び」じゃないですかね? 

 左からジョンデ→カイ→シウミンさん→チャニョルちゃん……って、ちょうどこの通りに並んでますもの。)

 

0. ティザーショットで「雨夜の品定め」

 さて。

 「雨夜の品定め」というのは、源氏物語の「帚木」のなかの有名な場面です。

 降り続く五月雨の夜、光源氏や頭の中将など、若き公達が集まって、「どんな女性が好ましいのか」という「女人たちの品定め」を繰り広げます。

 この記事では、美しい秋の夜長に、「Don't Mess Up My Tempo」ティザーショットをもとに、ボーイズの「雨夜の品定め」を展開してみようではないか——と思い立ちました。

 

1.  去年と今年の襟足。

 

 去年の「KoKobop」ベクの襟足、私は「賛成派」だったんですが、私の身近でギョンスペンをしておりますQは「反対派」でした(「どこのヤンキーだよ、と思った」Q談)。

 ファンの方の間でも、やはり評価は分かれていたような気がするんですが……。 

 

▼去年の襟足。

f:id:yofukashi_chocolate:20181009145849p:plain

 

 ——で、今年のキムジョンデくんの襟足、皆さまは、いかが思われまして? 

 

 ▼今年の襟足。

f:id:yofukashi_chocolate:20181009140711p:plain

(この襟足って、エクステ??)

 

 ちなみに私は「ジョンデくんの襟足・イエス!賛成派」なんですが(髪色だって、すごくいいと思う!)、私、ジョンデくんに関しては、自分が「正しい髪型判定」をできていない、という自覚があるので……最初は「ちょっとー、あなたねー、その髪ねー」って思っていても、だいたい5秒見つめてると、「……好き。」って意見が変わってしまうのね。

 襟からのぞいているのは、幅広のチョーカーかな? おそらくはアーミー・ユニフォームを模したダークグリーンのコスチュームとあいまって、「若き将校」みたいな感じでよろしいかと存じます♡

 

2.  ベレー帽(+サスペンダー)の反則

f:id:yofukashi_chocolate:20181009150643p:plain

 とにかく、このギョンスの帽子とサスペンダーは反則ですね……

 今回、このベレー帽かぶってるのはギョンスくんだけ、なわけですけど、このひとに「少年っぽい」演出をほどこすと、とたんに場外乱闘になりそうなほどの凶器攻撃になる。

 去年の「KoKoBop」のときの「そばかす」も最強に反則でしたけど、彼がこういう反則技を出してくると、「きみには勝てないな。いつも」と苦笑いしながらお手上げ状態になってしまう(遠い目)。

 

3. 「二大美青年」対決

f:id:yofukashi_chocolate:20181009150729p:plain

 

 ふふ、このチャニョルの髪色、パーフェクトだと思いませんこと!

 あと……(小声で)チャニョル くん、(4〜6月ごろ、すこしふっくらしてたけど、無事に)痩せてくれましたね!(大歓喜)すっきりとシャープなフェイスラインのチャニョルがカムバしてくれて、私は非常に嬉しいです!(嬉し泣き)

 「笑っちゃいそうなのを一生懸命こらえてカッコいい顔をしてる」、そんなチャニョルちゃんが、かわいくてかわいくてたまりません・笑。

 セフナのヘアカラー、もう少しダークな赤のほうがいいかもしれない、と若干思うのですけど、皆様はどうお感じになられまして? 

 

 そして、今回の「二大美青年対決(チャニョルVSセフン)」、この写真の時点では「チャニョルに勝負あり」と思ったんですけど、ハート泥棒マンネには、何度も「大番狂わせ」を経験させられているわけなので……まだまだ油断できません。

 

 それにしても、このふたり、並べてみると、ほんとうに「タイプがまったく異なる」美青年ズですよねえ。

 彼らの魅力が「競えない(もしくは「競わない」)」ように、うまいこと計算しつくした上での、メンバーの選定なんだなって、今更のように思うわけです。

(でも、私、すぐに「対決」させてみたくなっちゃうのね、このふたり。)

 

4. 長兄と次兄

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181009152138p:plain
f:id:yofukashi_chocolate:20181009152353p:plain

 

 シウミンさん、黒髪の「つんつん」で「ぽわぽわ」なヘアスタイル、ふふ、カワイ〜イ♡ 

 ユニフォームがベストタイプで、ギョンちゃんとはまた異なる系統の少年ぽさが加味されているんですが、首のチョーカーがそれを裏切るように色っぽいのですよ(きゃ♪)。

  スホさんの髪色も大正解。いつもどおりハンサムなんだけど、「クールでインテリジェントな司令官」に、ちょっとだけ「ふにゃ」が加わってるところが(主に唇のあたり)私がリーダーを愛してやまないポイント♪

 

5.  また「一人勝ち」

f:id:yofukashi_chocolate:20181009161022p:plain

 

 そんでもって、ベッキョンくん……(嘆息)。

 きみ、最近、「一人勝ち」すぎやしませんかね?(泣)

 「かわいいベクちゃん」でも「カッコいいベッキョン」でも、何やらしても、きみがいつもぶっちぎりで「勝ちにいって」て、そして実際、勝ってるんですもん(再び泣く)。

 幅広のクラシカルなネクタイしているのは彼だけなんだけど、カラコン入れて明るくした瞳の色といい、サラッサラでキラッキラの前髪といい、私の太陽は、今日もまぶしいの(号泣)。

 

6.「……ていうかさ。俺さ。」

f:id:yofukashi_chocolate:20181009162417p:plain

 

 その「一人勝ち」のベクを制して、威風堂々センターのカイ。

 最前列で「……ていうかさ。俺さ。」な顔つきが最高! 

(私は「すねたようなカイ」のまなざしに、無条件に弱い)

 衣装をよく見てみると、彼だけが「①柄入りのポンチョ的なものを胸にかけている」「②他のメンバーの衣装には使われていない色が『差し色』的に入っている」など、もっとも目を惹くように設計されているのがわかります。

 今回、彼が立っているのも「ポールポジション」なわけで、やはり「アジアの初恋」はすべてを圧倒して最強だった!

 

7.「オンリー」と「ペア」の法則。

f:id:yofukashi_chocolate:20181006230402p:plain

 

【オンリーの法則】 

 

① ベレー帽かぶってるのはギョンスだけ。

② べスト着てるのはシウミンさんだけ。

③ ジャケットの襟に金のラインが入ってるのはセフナだけ。

④ ネクタイをしているのはベッキョンだけ。

⑤ マオカラーのジャケットを着てるのはスホさんだけ。

⑥ ジャケットの襟が金色になっているのはジョンデだけ。

⑦ なんの飾りもついていない(胸のワッペンのみ)、シンプルなジャケットを着ているのはチャニョルだけ。

⑧ 「他のメンバーには使われていない色」を身につけているのはカイだけ。

 

【ペアの法則】

 

① シャツの袖部分が見えているのはギョンスとシウミンさん。

② ユニフォームの袖口に金のラインが3本入ってるのは、スホさんとベッキョン。

③ リボンタイプのチョーカーをしてるのはシウミンさんとジョンデ。

④ ズボンにチェーンの飾りをつけてるのは(たぶん)ジョンデとギョンス。

⑤ 後方で二人並んでるのが2大美青年のチャニョルとセフン。

⑥ えーと、これ、なんて呼ぶべきアイテムなのか、よくわからないんですが、ベクとセフナが喉もとに、色違いでチョーカー的なものをつけている。(ベクが白、セフナがダークグリーン)

 

8. 「違うこと」と、「おそろい」と

 

 ダークグリーンに、金色がポイントになったコスチューム。

 エアフォースというか、おそらく航空関係の制服がモチーフになっていそうなデザインの衣装を、8人が8人とも、少しずつ違うテイストで着こなしています。

 「まったくのおそろい」ではないのだけど、ある一つのテーマでまとめられたデザインのユニフォームを、みんなで一緒に身につけているわけです。

 私は、EXOくんたちがそういう服装をしているときに、強い魅力を感じます。

 思い起こせば、私が一番最初に彼らを好きになったのは、『Love Me Right』なのだけれど、何度も何度も見たあのMVで、少しずつ着こなしを変えた制服を着た9人が、それぞれ異なる魅力をふりまきながら、びしっと揃ってダンスするシーン、あのシークエンスに強く心をつかまれたような気がします。

 ひとりひとりの個性を、それぞれ色濃く主張しながらも、全体として強い一体感をつくりあげている。

 それこそが、EXOくんたちの魅力の根幹をなすものだと思うのです。

 

 ——この記事は、2018年秋カムバ特集記事「Tempo」3です。

 

▼ランキングに参加しています。この記事を書きながら、しみじみと「私はEXOくんが好きだな」と思いました。——そんな夜ふチョコを応援してくださると嬉しいです。

(明日はお休みです! 明日こそ、すっかり遅くなってしまったコメントへのお返事を書きたいです。お返事が遅くてほんとうにごめんなさい。でも、いただいたコメント、すべてとても嬉しく拝見しております。ありがとうございます。)

 

(画像はお借りしております。ありがとうございます!)

 

あ、あと! すこし、宣伝させてくださいね。

プライベッターのほうで、『セフナの青春日記』というファンフィクションを掲載しています。今日は10話目、あと2話を残すのみとなりました。

下のリンクから目次ページにジャンプでできますので、ぜひ♡

 

次の記事は…

 

次の「tempo」の記事は……

exo-mellow.hatenablog.jp