EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【ベッキョン】最上級で、アイドル【EXplOration 宮城12月20-22日】

UN Village 

f:id:yofukashi_chocolate:20191230220009p:plain

 

 仙台のセキスイスーパーアリーナに足を踏み入れて、まず思ったのは、「ほんとうに小さな会場だな」ということでした。

 だから、だいたいどこの席からでも、かなりの近さでステージのきみたちを見ることができたんじゃないかと思うのです。

 バクステの後ろには、アリーナには少しだけ席が作られているけれど、スタンドには席がない。

 ゆえに、(福岡・大阪・横浜と違って)、バックステージはメインステージと対面するように設置されていたのでした。

 

 仙台初日は、センステとバクステをつなぐ菱形の、横サイドに張り出した頂点の近くのアリーナ席が当たって、センステとバクステがよく見えた。

 2日めは、初日の席の、ちょうど上付近のスタンドだったけど、前列に近かったので、やっぱりセンステが近くに見下ろせたのと、バクステが上に上がってくると、それがとてもよく見える。

 ──というわけで、初日と2日めは、ベッキョンくん、きみの「UN Village」が、とても近くで見えたのでした。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20191230220043p:plain

Dear Baekhyun

 ベッキョンくん。

 7月10日に「City Light」が発売されて、2019年の夏、私はきみのアルバムを、夢中になって聴きました。

 自分でも、「よく飽きないな」と思うくらいに、何度も何度も繰り返し。

 だから私にとっての2019年の夏の記憶に、「City Ligts」が染みついてしまったような気がしています。

 

 なかでも、タイトル曲の「UN Village」は、ほんとうに、ほんとうに大好きな曲です。──夜の都会と、そこに佇むきみの姿を、たくみに色彩をコントロールして撮られたMVだって、何回も、取り憑かれたように(←誇張ではないです・苦笑)見ました。

 「イマドキ」の気分を、すっと切り取って、ぱっと差し出してきたみたいな。

 とても、とても「きみらしい」曲なんだと思っています。

 あるいは「きみらしさ」を表現するのに、もっとも適した曲、というべきなのかもしれません。

f:id:yofukashi_chocolate:20191230220747p:plain

 

 長めの白いジャケットを素肌にじかに着て、ウェストをベルトで締めてるスタイル。 

 照明はピンク色っぽい紫で、私たちが持っているペンライトの色も、同じ色にコントロールされていました。

「Rolling Rolling」のシークエンスは、むろん圧巻なのだけど(毎回、会場から、狂喜のあまりの悲鳴が上がる)、私は、マイクスタンドからマイクをはずすときのきみの手とか、「UN Village」のあとのハミングで、Vサインを逆さに出すところとかにも、胸がぎゅっとしめつけられます。

 いいえ、最初のイントロ(あの銃声のように聞こえる、エレキギターがたまらない!)が鳴り出して、暗転した会場の暗闇の中、スタッフさんに誘導されて、金髪と白いジャケット姿のきみが、階段を上って舞台に上がってくるのが見えた瞬間から、きみに魔法をかけられてしまうのかもしれません。

 ほかのメンバーたちを推しているオーディエンスも、あの「UN Village」の時間は、きっときみに夢中になっていると思います。

 あの場にいると、会場全体がきみの虜になっていることを、ひしひしと感じます。そして、もちろん私も、そのひとりなんです。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20191230220614p:plain


  実は、大阪初日も、バクステ間近のかなりいい席だったので(お譲りくださった方、ほんとうにありがとうございました)。

 「この距離で、ビョン・ベッキョンの『UN Village』を見てるのと、見てないのとでは、私がおばあちゃんになって天国に行くとき、最後に目を閉じる瞬間の気持ちが違うわ!」という感想を得たのですが。

 今回は、「『UN Village』を間近で浴びたせいで、細胞レベルで、私の内部が活性化した!」みたいな気分になりました。

 ──よく伝わらないと思うけど。いや、全然、伝わらないと思うけども(笑)。

 

 ダンサーさんと揃いの動きをしていても、きみひとりだけが大きな光芒に包まれています。

 ステージの上のきみは、最上級でアイドルだと思いました。

 今、「EXOといえば〇〇」の「〇〇」には、おそらく、きみの名前が入るはずだと、私は確信しています。

 

PS1 仙台2日めのコメントで、「UN Village」の「ベッキョニ」コールが聞きたい、ということで、きみが1フレーズ歌って、再現することになったんですが。

 途中、(あろうことか)歌詞がわからなくなったきみが、メンバーに助け舟を出されているのが、かわいすぎて、見ていて倒れそうになりました。日本語できみが「忘れちゃった!」と言っておどけた表情をしたときとかね…(思い出しても倒れそう)

 

PS2 仙台初日のコメントで、「最近、はやっている日本語を使いたい」ということで、きみが口にしたのは「それな」だったね。

 「『またね』と同じ意味ですよね?」と(通訳さんを介して)尋ねてきたきみに、「ちがうよー」という会場のコール。

 その日のメントのとき、「それな」は、メンバーたちの間で大流行りでした。カイくんも、何回も使ってた(♪)。

 チェンくんが「正解のタイミング」で「それな!」を言ったときに、隣のジョンデペンさんと抱き合って喜びました。はい。

 

PS3 最終日のコメント。

 ベッキョンくん、きみは「来年に期待しています」ということを、何度か日本語で伝えてくれたけれど。

 期待していていいの? ほんとうに?

 私は、今のきみなら「武道館2Days」なんか、余裕で満杯にできると思っています。

 最終日のコメントで、きみは「俺にまかせてくれよ」「大変だった~」と言ってくれたけれど、それって、チベシコンでのセリフだったよね。そういうのを、瞬時にアレンジして繰り出してくる頭の良さが、きみには備わっているんだ、と思いました。

 2018年夏のペンミで、「Horololo」の歌詞を改変して、「僕は……みなさんが……もっともっと……欲しくなった」という、強烈なキラーコメントを出してくれたことも思い出しました。

 最終日の「obsession」コールがものすごいなか、「次は、新曲の『バード』を歌います」ということを言ったときに、会場から「エエ~」みたいな声があがったのだけど。

 「すみませんですけど、すみませんですけど、『バード』も、新曲だよー」と、きみが日本語で言ってくれたとき、私は、

「こういうやりとりが、瞬時にオーディエンスとの間でできるんなら、もうビョンベクは、日本でのソロコン、余裕でできるな」

 ──と思いました。

 「ベクペンうちわ」の圧倒的な多さ、きみのトレカがほしくて、「求・ベッキョン」のカードをかかげたファンの方たちの多さ。

 会場に足を運ぶと、はっきりとわかる。いかに「ベクペン」さんの数が多いか(いやほんと)。

 ああ……ベクのソロコン……また、チケット争奪戦が激しそうだな(泣き笑い)。

 でも、行く価値があると思っています。

 ビョンベッキョン、きみの初めてのソロコンサートなら。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20191230221427p:plain

PS4 おい〜〜〜、ベッキョンくん〜〜〜、ソウルのアンコン(dot)で、きみ、髪色を青にしてきたんだな〜〜〜。

(深い嘆息)

 はあ〜〜〜、ちっきしょ〜〜〜、ビョンベクめ〜〜、私のハートを持ってけドロボウ、私はきみに夢中だよ!!(←むせび泣く)

(2019.12.30)

 

【おまけ】

★今、私の(リアルで)長男(と呼ばれる存在・大学4年生)が、年末で、実家に帰ってきています。それがですね……「へえ〜」と思うんですが、なんか、彼がやけに私に優しくなりました(苦笑)。

 「高校生〜大学生」にいたるまで、彼は、私(=母親)のことを、非常にうざったがっておりまして、私のことを「Rさん」と「名前+さんづけ」で呼んでいたのですが、それが「お母さん」に戻りました。

 夜ご飯のお茶碗も洗ってあって、びっくり。(私は塾の仕事があるので、仕事が終わってから洗うのが通常なんです。それを彼が洗ったらしい。まじか)。

 何か、あったんでしょうかねえ…? 

 家人(彼の父親にして、私の配偶者)に聞いてみたところ、「あいつも就活とか、いろいろあって、世間に揉まれて大人になったんだよ」とのこと。

 ほほう? そんなものですかねえ。

 「ていうか、あいつはもともと、優しいやつでしょ。男にはねえ、『お母さんが、この世で一番うるさい存在』っていう一時期があるだけなんだよ」と家人。

 

P志「おかーさんとQが盛り上がってる、韓国のアイドルって、なんていう名前なの?」

私「EXO」

P志「スペルは?」

私「E・X・O」

P志「へえ〜。うちの大学でも、女子はみんな韓国アイドル好きでさ〜」

私「そうよ! 歌は異常にうまいわ、ダンスのレベルは信じられないぐらい高いわ、で

、大人の私が夢中になれるぐらいの半端ないパフォーマンス力なんだからね!」(鼻息荒く)

P志「Qがさ〜、『おかーさんが、韓国アイドルのブログ書いてて、すっげー盛り上がっちゃってて』って、俺に言ってきて」

私「え? Qちゃん、あなたにそんなこと話してるの?(Qちゃん、「えくめろ」の存在は、家庭内では「shut up (and go away〜〜♪)」よ!!)」

P志「うん。『そんで、そのブログで知り合った人たちと、コンサート会場で会ったりして、キャッキャしてるんだよ』って」

私「(照)いや〜、ま〜、確かにそれは事実ですが……」

P志「『あのひと、ほんと、元気よすぎだよね〜』って」

私「いえ、それほどでも……」

P志「ま、でも、いいんじゃないの〜? お父さんに迷惑かけない程度なら」

私「迷惑は……かけてない、と、思う。たぶん。(うん。たぶん)」

P志「ていうか、そのアイドルの話のついででいいから、この一年は、ある程度定期的に、Qに目配りしてやって」

私「ああ……彼女、就活があるものねえ」

P志「うん。あいつ、メンタル、強いようで、折れやすいときがあるから。俺はさ〜、ま、選考に落ちたりしても、自分なりに整理できるけど、あいつはな〜。結構、自分ひとりで落ち込みそうだしな〜」

私「(おお……キミもそんなセリフを言えるようになりましたか…)」

P志「女子は、男子とは、また違う就活の大変さがあるからさ。ときどき、アイドルのコンサートのついでに東京に行って、ごはんとか、作ってあげなよ」

 

おすすめ過去記事…今日は、WOWOWで「EXplOration」のライブ(横浜アリーナ)の放映日なので。

こちらは、「EℓyXiOn」のWOWOW試聴記です。よろしければ▼

exo-mellow.hatenablog.jp

 

▼ランキングに参加しています。…皆さまからの応援、心から嬉しく拝見しています。どうもありがとうございます。お気に召すものがありましたら、「やっぱベクにはかなわない!」バナーを応援クリックしてくださると嬉しいです。

(画像はお借りしています。ありがとうございます)

(たくさんの方から応援のコメントをいただいてしまって、恐縮しております。初めてコメントくださった方も、常連さんも、お久しぶりの方も、暖かなお言葉、ほんとうにありがとうございました。ご心配くださった方、あらためてラブコールを送ってくださった方…本来ならお返事を書かせていただくべきなのですが、まずは宮城の感想を書かないと、忘れてしまいそうなので、もう少し、お時間をいただければと思っています。本当にごめんなさい。でも、お一人おひとりのお言葉、胸に抱きしめるようにして読ませていただいております。ありがとうございます。)

 ▼次の記事は…こちら!

exo-mellow.hatenablog.jp