EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【WOWOW視聴記】2019年12月30日【EXplOration・横浜スーパーアリーナ 】

f:id:yofukashi_chocolate:20191231233356p:plain

 

 あけましておめでとうございます〜♪

 旧年中は、たいへんお世話になりました♪

 

 思い起こせば、CBXのマジカル・サーカスから始まり、シウミンさんやギョンスくんの入隊、ジョンデくんの「April, and a Flower」「Dear my Dear」、ベッキョンくんの「City Lights」、EXO-SC「What a Life」そして「Obesession」のカムバ、「EXO-Planet #5 EXplOration」→「ソウルアンコン」などなど、いろいろなことがあった2019年でしたね……(しみじみ)。

 

 新しい2020年が、EXOくんたちやエリの皆さまにとって、素敵な1年になりますように♪

 

f:id:yofukashi_chocolate:20191231143717p:plain

▲帰宅した家人が、レコーディング機器をうっかり消してしまわないように、注意書きしたメモ。私のEXO-L活動も、しだいに家のなかで、「こっぴら」→「おおっぴら」になりつつある今日この頃(苦笑)。

 

 ところで皆さま♡

 2019年12月30日の19時から、WOWOWで「EXO-Planet #5 EXplOration」(横浜アリーナ公演 10月22日・23日)の初放映がありましたね! 

 

 私は、お仕事納めの日でして、ちょうど19時からひとつ、高校生の生徒さんの授業がありました(「受動態のさまざまな表現」について)。

 なので、リアルタイムでは見られなかったのですが、もちろん、きっちり録画いたしまして(ふふ♡)、「お仕事+おかたづけ」エトセトラが終わってから、見ましたよ〜!

(というか、家人が寝てしまうのを待ってから見たので、11時半くらいからになってしまいました)

 

 リビングのソファにすわりまして、「いえ〜い♪  きゃあ♡」的な感じで見はじめたのですが、そこへたまたま参入してきたのが、私の(リアルの)長男(と呼ばれる存在がいるのですよ…

 

f:id:yofukashi_chocolate:20191231151654p:plain

▲12月29日のソウルの「EXplOration dot」に、兵役中のギョンスくんが観覧に来てくれていたんですね……

 嬉しくて、思わず留学中のQ(ギョンスペン)にラインしたところ、

😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭

という返事が来ました。

 

(リアルのほうの)息子 

 長男(名前を、仮に「P志」といたします)は、ふだんは、とある地方都市に住んでいるのですが、年末年始なので帰省しておりまして。

 「EXO」というグループ名さえ、昨日今日、知ったような、まるっきりの「EXO門外漢」の息子なのですが、その彼が、EXOくんのライブを見ながら、さまざまなコメントをしていくのですが、そのいちいちに大ウケしてしまいまして……

 あまりにも面白かったので、ブログでご紹介させていただいて、エリの皆さまの初笑いにしていただこうかな、と思いたちました♪

 

【P志の基本プロフィール】

①年齢:Q(ギョンスペン)の2歳上の(リアルな)オッパ。セフンくんマイナス2歳。

②マイケル・ジャクソンが大好き。P志が中学2年の頃に出た「This Is It」のDVDを、家で繰り返し見ていました。高校生の時には、英語の勉強もかねて、MJのバイオグラフィーを読んだりしていました。

③大学進学のために家を出ていく際、私に対して、「Qと韓国のアイドルの話ばっかりして、お父さんに迷惑をかけるんじゃないぞ」という名(迷)言を残していった過去があります。

 

 あのう、でも、ちょっとお断りをさせていただくと。

 「まるっきりのEXO門外漢」の発言なので、真剣にメンバーのことをお好きなファンの方からしてみると、ご不快に感じてしまう表現があるかもしれません……(ごめんなさい…)。

 特に、チャニョルくん、スホさん、セフンくん、ジョンデくん、ベッキョンくん、カイくんのファンの方で(あ、書いてみたら、6人中6人だった。すみません)、「ジョークといえども、ディスりコメントは一切読みたくない」と感じられる方は、今、この時点で、「TURN BACK!!!」してくださいね。

 

 それでは……

 冗談のわかる、お心のひろ〜いEXO-Lさんだけ、スクロールしてみてくださいね♡

 

「ふうん、これがEXOなの?」

 

P志「ふうん。これがEXOなの?」

私「そうで〜す。これは、今年の10月の横浜アリーナの公演ね」

P志「お母さん、このコンサート、実際に行ってるの?」

私「うん♡ 行ったよ〜。おばーちゃんちに泊まってね♪(注・私の実家は横浜にあります)」

P志「これで全員? EXOって何人いるの」

私「本来はね、9人なの。デビュー当時は12人いたけど、3人が脱退して、それから1人はソロ活動がメインになっちゃってて、事実上8人で活動してるんだけどさ。今、兵役で2人いなくなってて、6人」

P志「あ、そか。韓国人だと兵役があるんだね」

私「そうなんだよね……だから、Qちゃんが大好きなメンバーが、今、いないんだよねえ」

 

(〜〜しばらく二人で視聴中〜〜)

 

P「……てかさ。みんな、バリ、化粧してんね」

私「まーね。メイクは『Kポ男子のたしなみ』ですから。最初は私も違和感を感じてたけど、あっという間に慣れちゃった」

P「あと、色がめっちゃ白い」

私「それもKポ男子の『仕様』です。……ま、全体的に、映像に補正かけてるとは思うけどね」

P「え、そんなん、してるかな?」

私「コンサート会場で、バックスクリーンに映ってる彼らを見てると、髭の剃り跡とか、ちゃんと見えるもの。この映像は、何らかの処理がなされてると思う」

P「それもそっか。……けどさ」

私「うん」

P「異常に歌うまいのが、2人いるね」

私「あ、そうそう。わかる? 2人いるでしょ」

P志「ほら、このひと。すっげー歌うまじゃん」

「異常に歌うまいのが2人いるね」①

f:id:yofukashi_chocolate:20191231160553p:plain

 

私「でっしょう?(←得意満面) このひとはもう、歌がうまくてうまくてさー(うっとり)」

P「だねえ。声もめっちゃ出てるし」

私「そうなんだよ。このひと、えらいのは、ほとんど生歌で歌うんだよ。これだけみんなダンスしてるから、若干、口パクなメンバーもいるんだけど、彼だけは、ほぼ、ガチで歌ってるの」

P「あと、ほら、このひと。彼も、すごいうまい」

「異常に歌うまいのが2人いるね」②

f:id:yofukashi_chocolate:20191231230803p:plain

 

P「うめーわ、こりゃ」

私「そりゃ、うまいですよ(胸をはる)。このふたりがリードボーカルだもん」

P「てか、この二人だけ、いいソロパートをもらってる。目立つとこっていうか、映える場所を歌ってるじゃん。このふたりがいるから、他のメンツの歌唱力が、『多少アレでも、まあいいや』ってなる」

私「(笑)」

P「この白い頭(←ベク。髪色がプラチナブロンドなので)と黒い頭(ジョンデくんは黒髪でした)だけ、マジで、歌、うまいわ。……てか、黒い頭のひと(ジョンデ)、歌、最強じゃね? 白いほう(ベク)よりも、うまい気がする。ほら、すげーよ、声の出かたとかさ」

私「うーん……そうかも♡」

P「アタマ白いほうの彼(←ベク)は、典型的な『韓国のイケメン男子』って顔だねー」

私「だよね。たぶんこの中で、彼が『一番人気』だと思う。日本でも韓国でも」

P「てか、華奢……女のコみたい」

私「ボーイズグループを編成するとき、『王子様のなかに、1人、“姫”を入れておく』ってのがセオリーだと思うけど、今は彼が『女子力発揮中』な感じがするね」

P「発声のしかたも、Kポアイドルっぽい発声法だなあ、このひと」

私「うーん、そういう独特の発声方法って、あるのかなあ……私、このひとたちが二人とも、声を張り上げて歌うときに、口のかたちが(日本人よりも)横に大きく広がるのが、不思議だな〜と思ってて」

P「韓国人『らしさ』っていうか、K POPのオリジナリティを体現しているほうが、結局のところ、日本でも人気が出るのかもな〜」

 

異常値でダンスがうまい彼 

P「あとさ、このひと。このひと一人だけ、異常値でダンスがうまい。ひとりだけ、動きが他と全然ちがうじゃん?」

f:id:yofukashi_chocolate:20191231171948p:plain

P「ほら、この、青いアタマのひと。ダンス、マジうまいわ〜。この彼ひとりだけ、ほかと全然動きがちがう」

私「あー、彼はねえ……完全に『ダンサー』として、このグループに入ってきてるからね。バレエもやってたひとで、そう思うと、動きが優雅できれいでしょ?」

P「優雅っていうか……端的に言って、アイソレーションがすごい。腰とか、腕のキレ的なものが……」

私「そうなんだよね〜♡」

P「てか、このダンスはすげえな。俺、このひとのダンス、ずっと見てられるわ」

私「コンサート会場に行くと、結構、オーディエンスに男性がいるんだけど、たいてい、この青い頭のダンスの彼(カイくん)か、さっきのプラチナブロンドの歌うまの彼(ベク)かの、どちらかのファンなんじゃないかなって印象なんだよね。この2人は、芸能の力が突出してるからさ〜」

P「ふうん? 結構、観客に男がいるの?」

私「いるよー。ま、圧倒的に女性客が多いけどね。思っていたよりは多い。結構いる」

P「にしても、顔がイケメン。『このダンス』で『この顔』ってのがすごい。背も高いしなあ」

私「あのさ、実物を見ると、背が高いっていうより、『足が長い』って感じね。背が高いメンツなら、ほかにも二人いるけど、この彼は『うわ、足がなが〜い』って思う」

P「てか、全体的にダンスのレベルが全員、高い。ほら、この歌うまの、白い頭のひと(ベク)、歌だけじゃなくて、ダンスもキレキレじゃん」

私「そーなんだよ、ベクのダンスは気迫がみなぎってて……(♡♡)」

P「Qが、Kポアイドルのステージ見たあと、日本の某アイドルのステージ見ると『お遊戯会レベルに感じる』って言ってたの、わかるな〜。この黒い頭のひと(ジョンデくん)だって、ヴォーカル要員だろうけど、歌だけじゃなくて、ダンスだって、全然すごいじゃん。……あ、でも」

私「ん?」

P「ひとり、ちょい、ダンスがビミョウなひと、いるわ」

f:id:yofukashi_chocolate:20200101144203p:plain

 P「ほら、このピンクのアタマのひと」

私「(ありゃりゃ……笑)」

P「どしたー? ピンク、どした〜?」

私「(すみません、チャニョルペンの皆さま。……素人の言い草ですから、許してやってください)」

P「彼だけ上半身が硬い。ビミョ〜だな、ちゃんと、フリが踊りきれてないっていうか……ぶっちゃけ、そばにいるバックダンサーさんのほうが、めちゃめちゃうまいわ」

私「(笑)そりゃ……まあ……バックダンサーさんたち、プロですから(笑)」

P「てか、疲れてんのかな〜、このひと。なんか、『ゼエゼエハアハア』してない?」

私「(笑)いや、これもう、コンサートの後半でさ、ここに至るまで、彼ら、2時間半ぐらい、すっごい踊ってるんだからさ……」

P「がんばれ〜、ピンク! がんばれ〜!」

私「だけど、この彼は、すっごい日本語を勉強してくれてて、一番日本語がうまいんだよ! コンサート中、ほとんど通訳さんを使わずに、直接、観客に日本語で話しかけてくれるのは、このひと」

P「へえ〜、そういう『対日本』的なキャラで売ってんのね」

私「それもあるけど、彼自身の努力もすごいよ。あと、楽器だってできるからね、彼。ピアノもギターもドラムもいける」

P「……けど、カメラに抜かれると、このピンクのひとも、ピシッとするねえ。自分がセンターに来てるときには、きっちり、いい仕事するじゃん(注・すみません、上からな発言で)」

私「そういう意味では、彼もプロよ、プロ」

P「へえ……このひと、歌うとこういう声なんだね。意外にうまい。ていうより、声そのものが、すごくいいじゃん」

 ──そりゃーそうです。

 チャニョルは「EXOの声」だもん!!

 

「誰がいちばん年上だか、わかる?」

 

私「ところでさ、このなかで、誰がいちばん年上だか、わかる?」

P「え、待って待って、当ててみせるから。……えーとね……わかった、たぶん、このひと。黒い髪でオールバックにしてる。そんで、あ、いま、歌うま(ジョンデくん)の後ろにいる」

私「え、誰だれ?」

f:id:yofukashi_chocolate:20191231221618p:plain

P「ほら、この白い服着てて、背が高いの。これがいちばん年上」

私「ブッブー。残念でした(笑)」

P「……『ブッブー』ってさ……苦笑」

私「(無視して)これね、『EXOあるある』問題なの。いちばん年上に見えるけど、実は、彼がいちばん年下なんだよ(笑)」

P「え、そうなん? ……あ、でも……言われてみたら、そうかも。表情が幼いかもね」

私「私もK-POPのアイドルの応援をして、初めて知ったことなんだけど、韓国語で、いちばん末の息子のことを『マンネ』っていうのね。で、グループでいちばん年下の男の子を、『マンネ』って呼んで、ファン全体で特別にかわいがるっていう、K POP独特のカスタムがあるんだよね」

P「ふーん。俺は、いちばん年下は、この青い頭の彼(カイくん)だと思った」

私「あ、正解。彼は、2番目に年下だもん。いちばん下の彼と、数ヶ月しか年が違わない。どうしてそう思ったの?」

P「うーん、表情がね。なんていうかね。周りよりも幼いんだよ」

私「ちなみに、マンネの彼は、キミより2歳年上よ」

 

じゃ、年上を当ててみてよ。

私「それじゃ、再度、最年長をあててみてよ」

P「そうね……たぶん」

 

▼「このひとか〜」

f:id:yofukashi_chocolate:20191231224519p:plain

 

▼「もしくは、このひと」

f:id:yofukashi_chocolate:20191229170653p:plain

 

P「たぶん、この2人のうちの、どっちかが最年長」

私「うん……まあ合ってる。……ちなみに、そう考えた理由は?」

P「え、まあフツーに……見た目が、オ〇サン(←中年の男性を総称する言葉)っぽいから」

 こら〜〜〜!! 

 天下のアイドル、EXO様だぞ! オッ〇ンとかいうな!!(爆)

 

だけど、このひとも。

f:id:yofukashi_chocolate:20191231233847p:plain

P「さっきまで、そんなに気づかなかったけど、このひとも歌うまいなー」
私「わかる〜? キミにもわかってもらえる〜〜? そうなんだよ、このひとがリーダーなんだけどさ、デビューしたときにはそうでもなかったのに(←ごめんなさい)、ぐんぐんうまくなったんだよ、このひと!(泣)」

P「うーん、さっきは気づかなかったかったけどな……彼も、相当、歌がうまいよ。ちゃんと聞いたら、歌うまだな、このひとも」

私「そうなんだよ〜〜〜スホさ〜〜〜ん(泣)」

P「それにしても、色白だな。色白すぎるわ(笑)」

 

ちなみに。

私「ちなみに、私の、いわゆる『推し』って、このうちの誰だか、わかる?」

P「わっかんない」

私「ほほ。当ててみて♪」

P「えー……no clue(手がかりがない)っすね……」

私「勘でいいから〜」

P「じゃ、適当に。……これかな?」

f:id:yofukashi_chocolate:20200101111710p:plain

 

私「ブッブ〜。ちがいま〜す」

P「どーでもいいよ(笑)」

私「(無視して)正解は、この歌うまの彼で〜す!」

f:id:yofukashi_chocolate:20200101113109p:plain

 

ちなみに。2 

P志「ちなみに、チケットって、いくらぐらいすんの」

私「うーん……1回、お父さんに訊かれて、ちゃんと答えたら『たっか〜い!』って言われちゃったから、あんま言いたくないけど……」

P志「8千円くらい?」

私「うーん……もうちょっとする」

P志「1万?」

私「もうちょい」

P志「え、1万5千円とか?」

私「それだと行き過ぎ。1万2千円弱」

P志「うわ〜マジで。高いよ〜」

私「ま、一応『外タレさん』ですからね」

P志「てか、9回もコンサート行ったんなら、10万超えるでしょ」

私「超えますね〜」

P志「そのほかにホテル代・飛行機代……」

私「かかりますね〜。ほほほ」

 

(2020.01.01)

 

★次の記事は……こちらです♡ 前々から、ずーっと書きたかったファンフィクションです。よろしければ、ぜひ!

exo-mellow.hatenablog.jp

▼ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、「EXOの声」の素敵な彼のバナーをクリックしてくださると嬉しいです♪ 

(たくさんの方にコメントをいただいておりまして、たいへん嬉しく読ませていただいております。読者登録やツイッターのリツイート・コメントなど、すべてウキウキしながら拝見させていただいています。ありがとうございます♪  

 実は昨年11月に働き方を少し変えました。おかげさまで、そちらの仕事も、とても楽しく取り組んでいるのですが、非常に忙しくなってしまいまして、なかなかブログ書きの時間が取れなくなってしまいました…このお正月休みも、自分への宿題がいっぱいなので……お返事を書くのにお時間をいただいてしまいますが、どうぞ、気長に待っていてくださるとありがたいです♪)