EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV評・コンサートレポ・SHINeeについて書いています。下のバーのアイコンから、各コンテンツの目次へどうぞ。

こんなかたちで

             f:id:yofukashi_chocolate:20180330053122j:plain

 

 こんなかたちで、SHINeeが4人になってしまうなんて、思っていなかった。

 

 ほんとうに、思っていなかった。

 

     *

 

 12月15日に、SHINeeの京セラと東京ドームのコンサート開催が発表されて、私は行く気満々でいました。

 

 なんといっても、彼ら5人が揃ったところを、もう一度、見られるのです。 

 

 9月2日の東京ドームのステージで、「必ず、完全な5人になって、戻ってきます」といったキーの約束を、彼らは、ちゃんと守ってくれたんだ、と思いました。

 

 ありがとう。

 ほんとうに、ありがとう。

 あの約束を大切にしてくれて。

 

       *

 

「よくぞこれだけの男の子たちを、SMが見つけたなあ」と思うほど、すべてが揃った5人だった。

 5人ともが傑出した魅力を持っているのに、その魅力の方向性が、5人とも、きれいに異なっているのだ。

 5つの頂点を持つ、五芒星のように。それぞれの頂点にむかって、彼らはその個性を輝かせている。

 そしてその五芒星は、一つの円のなかにきちんと収まるものでもある。

 五芒星の5つの頂点から引かれた線は、同じ円の中心点から出発し、そしてそこへと帰着するから。

 SHINeeって、そんなグループなんだと思う」

 

 ──オニュが、9月の東京ドーム・京セラのコンサートの「不参加」を決めた日の記事で、私はこんなふうに書いています。

 

 

 あの5人は、魔法のような組み合わせの5人でした。

 一人として欠けることのできない、奇跡のような組み合わせ。

 5人揃うと、とてつもない光を発してくれるような、ほんとうに輝く5人だったと思うのです。

 

 最初は面識のなかった彼らが、10年間ちかくの歳月をかけて。

 だんだんと階段をのぼっていきながら(その階段も「2段抜かし」ぐらいのすごいスピードだった)、5人のなかの結束を固めていった。

 歌にしてもダンスにしても。

 そんなチームワークをいつも感じさせてくれていた。

 

 そういうところが、私は大好きだったんです。

 

 見ていて、無条件に幸福な気持ちになれたから。

 

(──やばい。過去形で書いたら、涙がとまらなくなった)

 

      *

 

 ファンクラブのサイトに、9月24日の京セラのコンサート終了後に、楽屋で撮られたらしい、(オニュ以外の)4人それぞれの写真とコメントがありました。

 

 コメントには、29公演もの長い舞台を走りきったことへの、ファンやスタッフさんへの感謝、これからの抱負などがそれぞれの言葉で綴られていますが、オニュの不在に関しては、いっさい、ふれられていません。

 

 そして、みんな、手を大きなパーにして、身体の前につきだしています。

 

 キーが「SHINeeの5だよ」と言ってそのポーズをとり、他のメンバーがそれにならった、ということが、スタッフさんからのコメントで書かれていました。

 

 トップバッターがジョンヒョンの写真でした。

 ちょっと照れくさそうな、笑顔でした。

 

       *

 

 彼の遺書(の日本語の翻訳)を読みました。

 

 ああ、こんなにも彼の心は悲鳴をあげていたんだ、と思いました。

 

 堂々巡りになっている思考の流れ。 

 遺書というより、「作品」として感情を結晶化させたように、詩的で、繊細な語彙で綴られていると思いました。

 けれども、結局、具体的に、何を訴えたいのかがよくわからない、彼のことば。

 

 ただ、彼がとてもとても苦しんでいたこと、つらい思いでいたことだけは、伝わってきました。

 

      *

 

 何もかもを持っているひとでした。

 音楽の神さまが、「君に」と指さしして才能を与えてくれたような、そんな非の打ち所のないひと。

 

 力強いのに繊細なボーカル、作曲・作詞をこなす才能。

 情熱的で勇気のあるひと。

 頭もよくて、コミュニケーション能力にも優れていた。

 責任感がつよくて、とても真面目で。

 

 いろんなジョンヒョンの表情や歌声が浮かんでくるけれど。

 なんかバカみたいに泣いてしまっていて、今は、それを聴いたり見たりできそうにありません。

 

       *

 

 こんなかたちで、SHINeeが4人になってしまうなんて、思っていなかった。

 

 ねえ、ジョンヒョン。

 ほんとうに、思っていなかった。

(2017.12.19)

 

↓ランキングに参加しています。お気に召したものがありましたら、クリックしてくださると嬉しいです。

(この記事は「SHINee」⑥の記事です。)

【Next ▶︎ 次の「SHINee」 記事⑦はこちら↓】