EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【+チャニョル】正しい道 (前)【セフナの青春日記・第5話】

f:id:yofukashi_chocolate:20190914112854p:plain

★『セフナの青春日記』(全12話)のうち、第5話めです。

 セフンが22歳の誕生日を迎える頃、という設定のファンフィク。歌が上手くなりたいと決心した彼が、EXOのヒョンたちと対話を重ねていきます。

 

 ▼第1話はこちらです♪

 

 



「──胸の中のコンパス? 音楽の?」

「はい」

「ベクが? そんなもん、持ってるって?」

「ええ。そういうのが、ソルフェージュの聴音を繰り返していくなかで、作られていったって」

 

「へええー。哲学的」

 ──「哲学的」を、「てっつがくてきいー」と発音して、ハンドルを握るチャニョルは、かははは、と笑った。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190914112854p:plain

 

 雑誌の撮影のあと、たまたまセフンとチャニョルの2人だけが、その後の予定がなかったので「メシでも食ってこーぜ」とチャニョルに誘われた。

 気の置けないこのひとと一緒にいるのは、いつも楽しいことなので、二つ返事で承諾したけれど、一つだけ、やだな、と思ったことがある。

 

 背の高い彼と自分がふたり連れ立っていると、それだけで無駄に目立つのだ。

 目立ちかたというのは、足し算ではなく累乗的に増加してしまうようで、チャニョルと一緒に街中を出歩くと、かなりの確率でちょっとした騒ぎを引き起こす。それがどうにも面倒だ。

 

 じゃあ、まあ、どっか適当な店でも探して、という流れになったときに、チャニョルのほうも、「こいつと2人で歩くと、目立ってしょうがない」ということに思い当たったらしい。

「今日さ、俺、車で来てっから。セフン、乗ってけよ」

 先輩の彼がそう言うので、じゃあ、そうさせてください、ということになり、そこまではよかったのだが。

 

 問題は、春先の夕暮れの街の道路が、予想以上に混んでいたことである。

 週末でもないのに、チャニョルの運転する車は、あっさりと渋滞にまきこまれた。

 あと30分でも車に乗り込むのが、早いか遅いかすれば、話は違っていたと思うのだが。

「あー、ハラへってきたなー」

 動かない車の列に業を煮やしたらしく、運転席のチャニョルは、とうとうハンドルから手を離して、頭の後ろで組むと大きく伸びをしたりしている。

 

 けれども、セフンにとっては、この渋滞は、先輩のチャニョルと「サシ」で話ができるチャンスかもしれなかった。

 なぜなら、テレビ局の楽屋で、オレンジ色のパーカーを着たベッキョンと、ソルフェージュの話をしたときに、リードヴォーカルの彼から、2つの大きな助言を貰っていたからである。

 そしてその一つが、チャニョルとスホに、アドバイスを請うといい、ということだった。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190914112854p:plain

 

「チャニョルとジュンミョニヒョンの2人ね。……俺がこういう言い方すっと、また、上から目線に聞こえるかもしんないけど」

 

 ベッキョンはそう前置きしてから言葉をはじめた。

 

「あのふたり、デビュー以降のここ1年くらいで、急激に、歌がうまくなってるだろ。特にチャニョル。あいつ、すごく戦略的に歌うようになった。表現力も、飛躍的にあがってるし。俺、聴いてて、え、マジかよ、こいつ、こんなふうに歌えるのかよって思うこと、何回もあるもん」

 

 デビューしたての頃なんて、あいつの歌って、「音程は、はずしてません」くらいのもんだったのにさ、と余計なひとことを言ってしまうのが、このひとの、若干、デリカシーのないところであるのだが。

 

「あれほど急激にうまくなったっていうことは、きっとチャニョルのなかで、何かつかんだものがあるからだと思う。それを聞いてみなよ。たぶん、大きなヒントになると思う。……あと、ジュンミョニヒョン。あのひとも、すっげー、うまくなったよなあ」

 

 そう告げたあと、ふっとベッキョンは笑った。

 

「おまえが個人レッスンを受けることを、『メンバーに言わないでくれ』って言ってたってマネヒョンからきいたとき。

 ちょっとショックだったみたいよ、あのひとは。

 ……俺はまあ、たぶん、俺が元凶なんだろーなって思ったけど、たぶんジュンミョニヒョンは、もっと、おまえに、このグループの力を信じてほしかったんじゃないの。

 メンバーのなかに、感情的な不協和音があって、それでグループのパフォーマンスが下がるの、あのひと、ものすごく心配してるからさ」

 

 ベッキョンがそう言ったとき、セフンは、あっと思わず声が出そうになった。

「他のメンバーに言わないでほしい」とセフンが頼んだときに、マネージャー氏のほうが浮かべていた渋面と、そのときの台詞を思い出したからだ。

(でも、そういうの、あんまり、いい考えではないな。メンバーの中の空気を悪くしかねない)

 

 マネージャーがあのとき言いたかったのは、まさしく、このことなのだろうと思った。

 歌のレッスンを受けることを、グループのみんなに知られたくないという思いは、セフンが、彼らを信じていないということに等しい。

 責任感がつよく、常にグループのことを案じているリーダーのスホなら、セフンのその態度で、ショックを受けて落ち込んでいた、というのも十二分に理解できる。

 

「あ……謝らないと、俺。ジュンミョニヒョンに」

 

 自責の念につよくかられたセフンがそういうと、「いや、謝るようなもんでもないけど」と、ベッキョンは笑みを作って否定した。

 

「けど、あのヒョンには、何か言っておいてあげなよ。そうしないと、胃が痛そうな顔、してたから」

 

 冗談みたいなそんな一言のあとに、ベッキョンは、2つ目のアドバイスをくれた。

 セフンにとっては、すごく意外な助言だった。

 

 ベッキョンは、とあるメンバーの名前をあげた。

 

 そして、「あいつには、絶対、歌に関するアドバイスを聞きに行くな」と言いきったのだ。

 

(このページは、『セフナの青春日記』5「正しい道」(前)です。)

 

★次のお話『セフナの青春日記』6「正しい道」(後)は、こちらです!

 

 

 ▼ブログランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、明るい瞳のチャニョルのバナーを応援クリックしてくださると嬉しいです♪

 

(画像はお借りしています。ありがとうございます!)

(このお話、書いたのは約2年前くらいなんですが、「ベク熱」ピーク時で書いているので、文章のそこかしこに、無駄にあふれる自分の「ベク熱」を感じて、今、無駄に赤面しています・苦笑)