EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【+チャニョル】正しい道(後)【セフナの青春日記・第6話】

f:id:yofukashi_chocolate:20190914112854p:plain

★『セフナの青春日記』(全12話)のうち、第6話めです。

 セフンが22歳の誕生日を迎える頃、という設定のファンフィク。歌が上手くなりたいと決心した彼が、EXOのヒョンたちと対話を重ねていきます。

 

 ▼第1話はこちらです♪

 

「ベクの持ってる、音楽のコンパス、ねえ……」

 

 渋滞にまきこまれた車中で、運転席のチャニョルは、感慨深げにもう一度、その言葉をくりかえした。

 

「ベッキョニヒョンから、その話、聞いたこと、ないんですか?」

 

 同い年のチャニョルとベッキョンは、宿舎で同室であった時期も長いし、ふたりはいつもつるんでいる印象がある。自分などより彼らの方が、よほど親しくしているはずなので、セフンはそう尋ねたのだが。

 

「うーん。ないねー。……あいつがピアノ習ってたのは知ってるし、その先生が、すっげームカつく頑固ジジイでっていうのは、何度か、言ってたけどな」

 

 そう言いながら、ハンドルの前にすわるチャニョルは、着ていたライトグレーのプルオーバーの、フード部分から垂れ下がったパープルの紐を、くるくると指にまきつけたり、ほどいたりしている。

 普通なら、もっさりとした印象を与えてしまうような灰色の部屋着だが、背が高く、肩幅のあるチャニョルが身につけていると、若い樹木のようなすらりとした彼の体を、強調するためにデザインされた服なのだという気さえした。

 

「それで、そのときに、ベッキョニヒョンがアドバイスをくれて」

「うん」

「歌については、チャニョルとジュンミョニヒョンの2人に相談して、話を聞かせてもらえって」

「へえ。……そりゃまたどうして」

 

「デビュー以降のここ1、2年で、この2人は、急激にうまくなってるからだって。特にチャニョリヒョンは、すごく戦略的に歌を歌うようになったし、表現力もすごく伸びたって──」

 

「ベクが、か?」

 

 セフンの話の途中だったのに、チャニョルはそれをさえぎって、噛みつくような勢いで言葉を発した。

 

「おい、ベクがそう言ったのか? 俺の歌が、……ええと、急激にうまくなったって?」

「え? あ、はい」

 

 な、なにか。

 俺、まずいことを言ったんだろうか、とセフンが危ぶむほどの、チャニョルの激しい口調だった。

 

「マジか……」

 

 運転席のチャニョルは、そう言うなり、口元を両手で覆って押し黙った。

 そしてそのまま、異様なほど真剣なまなざしでフロントグラスを注視しはじめたが、相変わらず道路の車の流れは止まったままで、そんなにじっと見つめなければならないものなど、あるはずがない。

 

 沈黙が支配する車内。

 カーステレオから流れる(最近のチャニョルのお気に入りらしいが、セフンは名前を知らない)日本語の男性歌手の声だけが流れている。

 

「えっと。……あの。ヒョン?」

 

 自分が伝えたベッキョンの言葉の、いったいどこがそんなに気にさわったのか、と隣のチャニョルを見つめるうちに、彼が示している反応は、危ぶむような種類とは、真逆のものであることに気づいた。

 

 彼が口元を手で覆っているのは。──抑えきれない笑いを、隣のセフンから隠すためだ。

 覆いきれていない顔全体が笑っている。頰も、それから、飛び出たような特徴的なかたちの耳まで、彼は真っ赤にしているのだ。

 

 嬉しいんだ。このひと。

 ベッキョニヒョンから歌を褒められたって聞いて、にやにや、口元がゆるむのをおさえきれないくらい。

 耳まで真っ赤にしてしまうほどに。

 

 ──わっかりやす。……

 

 少し年上のこのひとが、自分などよりよほど純粋な、子どもっぽいとさえ言えるような心根の持ち主であるのは、知っていたけれど。

 

「嬉しいんですか? そんなに。ベッキョニヒョンが褒めてくれたって聞くと」

 

 あまりにもチャニョルの反応が激烈なので、ちょっとからかってやりたくなった。

 

「……ったりめーだろ」

 

 ──あら?

 

「ベクが言ったんだぞ? 俺の歌が、急激にうまくなったって。あと、『表現力がすごく伸びた』って。

 おまえ、あのベクが、だぞ?」

 

 嬉しいに決まってんだろ、と怒っているみたいな声で、チャニョルは続ける。

 耳まで真っ赤にして。

 

 どうやら。

 セフンが口にしたからかいのニュアンスなど、まるっきり気づかないほど、チャニョルにとってはベッキョンの言葉が、心を震わせるように嬉しかったらしい。

 

 ──あらら。

 俺より2コ上、なのに。

 こんなに純真なひとで、大丈夫なのかと思う。ほんと。

 

 そう思って微笑を浮かべたセフンは、車窓から空を見やった。

 さっきまで夕焼けの名残が広がっていた春の空には、もう深い藍色の夜が降りている。

 周囲の車のテールランプや、街並を彩るさまざまな色合いの光が、フロントグラスを染めていく。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190914112854p:plain

 

「えっと、さ」

 こほん、と咳払いして、しばらく続いた沈黙を破ったのは、チャニョルだった。

「あ、はい」

「ベクが言ってたなかの、えーと、『戦略的に歌う』ってこと、だけどさ」

 ようやく平静さを取り戻したチャニョルは、ベッキョンの言葉にしたがって、後輩の自分にアドバイスをくれようとしているらしい。

 

「俺、サウンドクラウドとかに、自分の歌をあげてるじゃん。……それがよかったのかなって思う」

 

 彼がそう切り出したとき、車の流れが、少しずつ、動きはじめた。

 ハンドルを握るチャニョルは、まっすぐ前を向いたまま、横顔だけをセフンの方に向けて話をはじめた。

 

 ──メンバーのみんな、結構、バカにしてっけどさ。

 ああいう作業をずっとやっててよかったかなって思う点は、いくつかあるんだけど、たぶん一番大きいのは、定期的に自分の歌声を録音して、それを自分で何度も何度も聴き直したっていうことだと思う。

 

 自分の歌を客観視するのって、すごく難しいけど、録音した自分の歌声を聴く作業を地道に繰り返してきたおかげで、そういう時間をたくさん持てたっていうか。

 直後は、「どうだ!」って思ってたデキでも、しばらくしてから聴き直すと、もう死にたいくらい、ヘタクソ、とかさ。そういうの、いっぱいあるもん、俺。

 

 でも、そうやって、自分の歌を聴き直す作業を繰り返して、俺には、見えてきたものがあるような気がする。

 

 ひとつは、俺は、意外と自分の思ってたとおりに、声が出せていないんだなってこと。

 これはもう、否応なしに思い知らされたね。

 ヘタクソすぎて死にたいって思うときは、自分が意図したことが、できてないときだもん。

 

 車の列が動かなかった道路だが、徐々に流れが回復しはじめていた。

 運転席のチャニョルがアクセルを踏んだ。

 

 ──じゃ、どうすれば、自分の思い通りの声が出せるのか。

 それにはまず、俺自身の声の個性を、これだ、って見極めることだと思った。

 

 自分の声の強みと弱み、個性、くせ、得意な部分と苦手な部分。

 そういうのを、自分で、「わかっておく」っていうことが、大事なんだなって。

 自分の声の個性みたいなものをちゃんと把握して初めて、声を意図したとおりに、操作することができるはずだから。

 

 それと、声って、やっぱ、楽器を弾くのと似てると思う。

 ギターもピアノも、「操って」音を出す。だから、そこには、ある程度、テクニックが介在してる。

 そしてテクニックっていうのは、練習とか訓練によって、高めていくことができるものだから。

 

 だから、セフンが歌のレッスン受けるっていうの、きっと、正しい道なんだと思うよ、俺は。

 

 ライトグレーのプルオーバーを着たチャニョルは、最後に、そうつけ加えた。

 

 偶然なのか、なんなのか。

 エレベーターの前で出会ったジョンデが、チャニョルと同じく、「正しい道」という単語を使ったことを、セフンは思いかえしていた。

 

(このページは、『セフナの青春日記』6「正しい道」(後)です。)

 

 次回「セフナの青春日記」7「善意のひと」(前)は、こちらです♪

 

 

 ▼ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、「すごく戦略的に歌うようになった」チャニョルくんのバナーを、応援クリックしてくださると嬉しいです♪

(画像はお借りしています。ありがとうございます!)

(ランキングバナー、コメント、ツイッターのいいね、はてなスターでの応援、すべて嬉しく拝見しております。時間的な事情から、いただいたコメントにお返事が書けなくてほんとうに申し訳ないのですが、皆様からのお言葉を、更新の時の大きな励みにさせていただいております。心から感謝しております。)