EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【+チェン】甘い種子(前)【セフナの青春日記・第11話】

f:id:yofukashi_chocolate:20190919142535p:plain

 

★『セフナの青春日記』(全12話)のうち、第11話めです。

 セフンが22歳の誕生日を迎える頃、という設定のファンフィク。歌が上手くなりたいと決心した彼が、EXOのヒョンたちと対話を重ねていきます。

 

 ▼第1話はこちらです♪

  

 

 ──いた。

 エレベーターの前にきちんと背筋を伸ばしてまっすぐに立つ、小柄な彼の、白いシャツの立ち姿を見つけて、セフンはそうつぶやいた。

 

 午前中の早い時刻、某所の某ビルでは打ち合わせがあって、セフンは、前回と同じく、予定の時刻よりもかなり早く自宅を出た。

 もしかしたら。

 この前と同じように、キム・ジョンデと、このエレベーターの前で鉢合わせできるかもしれない、と思ったから。

 

 べつだん、そんな偶然を狙わなくても、彼とほんとうに2人で話がしたいというのなら、ミンソギヒョンに相談に乗ってもらったときのように、どこか静かなコーヒーハウスにでもジョンデを呼び出せばいい。

 気さくで心優しい彼のことだから、きっと後輩のセフンが「相談事があって」といえば、時間さえ許せば、こころよく誘いに応じてくれるだろう。

 

 そう思わないでもなかったけれど。

 

 ジョンデと2人で話すなら、そこに「偶然」という要素をさしはさみたいと思ったのは、スホとベッキョンの2人が真逆のアドバイスをくれたからだ。

 「あいつには絶対、聞きに行くな」というベッキョンと、「あいつに絶対に聞きに行ったほうがいい」と言ったスホと。

 言い分は、どちらの先輩ももっともだった。そして、どちらの先輩のことも、セフンは信頼している。

 

 だったら、偶然に賭けてみようと思った。

 

 このエレベーターの前で、この前みたいに2人きりになれたら、それは。

 このヒョンに相談してみなさい、という──神様のはからい、というやつだ、と。

 

「あれ、セフナ。どうしたの、今日も早いね」

 

 近づくセフンの気配を感じとったらしく、いきいきとした笑顔のジョンデがふりむいた。

 一目で仕立てと生地がいいとわかる、ラインのきれいな白いワークシャツを、彼はふわりとはおっていた。

 黒いズボンと黒いローファー、そして背中に小さな黒革のバックパック。スキニーなズボンからのぞく、真っ白な靴下がマイケル・ジャクソンみたいだ。

 

「そのシャツ、すごくきれいな春の色だね」

 小柄な体を、ぴんと伸ばすようにして、背の高いセフンをみあげると、ジョンデは明るい色の花がひらいたような笑みを浮かべた。

 その日、セフンが着ていたのは、淡い桜色のサッカー地のシャツだった。

「いいなあ。──おまえは背が高いし、スタイルもいいから。そういうピンク色も難なく着こなせちゃうんだね」

 

 にっこり笑った先輩の彼が、せっかくそんな言葉をかけてくれたのに、セフンは、あまりにも別のことに心をとらわれていて、礼の言葉を、もごもごと口の中でつぶやいただけだった。

 ジョンデは、べつだん、そのことを気にしたふうもなく、白いシャツに包まれた腕を伸ばして、エレベーターを呼ぶためのボタンを押そうとしたので。

 

「ジョンデヒョン」

 セフンは、思わず、その手首をつかまえた。

「ど──どしたの?」 

 いきなり手首を握られた彼は、そうとう、驚いたらしい。ぎょっとした顔で見上げられた。

 だが、セフンにはそのとき、その驚愕を忖度する余裕さえあまりなかった。

「俺、ヒョンに教えてほしいことがあります」

「え? え? なに? とつぜん」

「歌のことです。歌唱法と、歌声について、です」

 

 手首をとられたジョンデと、手首を握ったセフンは、そのまま、1、2、3秒くらいの間、じっと視線をあわせて互いの顔を見つめあっていた。

 セフンのほうは、思いつめて切羽つまった表情で。

 ジョンデのほうは、あっけにとられて、ぽかんとした顔で。

 

 自分を取り戻したのは、年上の彼のほうが早かった。

「──歌のことで、セフナは、俺に聞きたいことがあるんだね?」

 大きな目がつくるまなざしを、ジョンデは、ぴたりとセフンの目にあわせてきた。

「はい。……そうです」

「わかった」

 

 もうジョンデは、驚愕の表情をどこかへ追いやっていた。

 自分より背の高い後輩を見あげる彼の口元には、いつものように大きな笑みが浮かんでいたけれど、瞳には強くて真剣なひかりが宿っていた。

 

「わかった。……じゃあ、セフナ、ここじゃなくて、2人だけで話せるところへ行こう」

 そう言って彼は、先に立って、確かな足取りで歩き出した。

 その先輩のあとを、セフンは、夢の中にいるような不思議な気持ちで追いかけた。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190919142535p:plain

 

 連れて行かれたのは、屋外の非常階段だった。

 人ひとりがようやくすれ違えるほどの狭い階段が、セフンの胸の高さのコンクリート製の壁で囲われているほかは、外の空気にさらされている。

 地上から数階ぶん上にあるだけなのに、人気のないその場所は、春先の青く澄んだ空がとても近く思えた。

 

「このビル、こんな場所があるんですね。──知らなかった」

「そう? ……俺は、こういうとこ好きで、よく来ちゃうけど。高い場所と空が好きなんだよね」

 

 そう言った彼は、階段のひとつに腰を下ろして、「すわれば?」とセフンを隣に来るよう、うながした。

 階段が狭いところへもってきて、セフンの体はとても大きいので、言われたとおりに彼の隣にすわると、体と体を寄せあうような、ひどく近い距離感でジョンデとならぶことになった。

「──で? セフナが俺に聞きたいことって、なに?」

 

 そう尋ねたジョンデは、彼自身の膝の上に肘をのっけて、頰づえをつくようにして、下からすくいあげるような視線でセフンの顔を見つめている。

 

 先輩の彼にうながされて、セフンが話したのは、スホから聞き出した話だった。

 デビューしたての頃、リーダーの彼がジョンデから受けたアドバイスの一部始終。

 声の硬さとやわらかさ、歌声が向かわなければならない方向性、神様からもらったもの、そして、それを正しく使うということ。

 自分の声について、よく知るべきだ、というのは、チャニョルも教えてくれたアドバイスだったから。

 

「俺も、知りたいと思いました。自分の声の特性とか、くせ、とか。進むべき方向性、とか。──ジュンミョニヒョンの話を聞いて、あなたは、そういうのを、すごくはっきりとわかってるんだと思った。だったら、俺の声についても教えてもらえないかと思ったんです」

 

 そう伝えても、しばらくジョンデは黙ったまま、何も答えない。

 ただじっと、セフンの顔を見ているだけで。

 

 ジョンデの大きな目、透徹したまなざし。

 その視線は、セフンの前で圧倒的な力を持っているのに、ひどく静謐でもあった。

 ふたつの背反した性質をあわせもつ不思議な目。そんな目を、セフンは今まで、誰にも見たことがない。

 

「──あの歌声の話はね、ジュンミョニヒョンだから、話したんだ」

 かなり長く続いた沈黙のあとに、セフンの目を見すえたまま、ジョンデはそう話し出した。

 

「あのひとだったら、あの話をしても、理解してくれるだろうと思ったから。理解できる能力と、理解しようとしてくれる姿勢と。そのふたつを、あのひとが持っているから、話した」

 ジョンデはとても静かな声でそう言ったけれど。

 口調は、いつもの彼らしい、優しい話し方だったけれど。

 

「ありていに言って、今のセフナに、俺はあのレベルの話なんか、しないし、できない。ああいう話をしても、セフナはよけいに混乱しちゃうだけだ」

 ──だけど、彼が語る言葉は。

 

「おまえはまだ、両方とも持っていないから。理解できる能力も、理解しようとする姿勢も」

 セフンをずたずたに切り裂くようだ。

 

 真実というものは、いつも冷酷なのだとしても。

 言葉を、なにひとつ、くるみもせず、弱めることもせず。

 

 自分という人間は、このひとから、「能力がない」「姿勢もない」と、あっさり切って捨てられてしまうほど、だとは。

 

 反論することもできない。

 だって、それが真実なのだろうから。

 ジュンミョニヒョンの歌声、それを紡ぎ出す彼の能力。そこに至るまで彼が積み重ねてきたはずの努力。

 確かに俺は、そのどちらをも、ちゃんと持ち得ていない。

 

「それより、むしろ、俺はセフナに聞きたい。……なんで、歌のレッスンを受けようと思ったの」

 そんな根源的な問いを、彼はぶつけてきた。

 

(このページは、『セフナの青春日記』11「あまい種子」(前)です。)

 

追記・明日で最終話の発表となります。ここまでおつきあいくださって、ほんとうにありがとうございます。明日も読みに来てくださると、すごく嬉しいです♪  

追記2・「EXOにmellow mellow!」(開始日2018年1月13日)を運営して、1年8ヶ月と9日が経過しました。

 昨日は、ジョンデくんのセンイルだったのですが、その日に読者さまの登録者数がちょうど100名になりました! どうもありがとうございます♡

 開設当初は「半年で1万PVを達成する」が目標でした。それが、思いがけず、たくさんの方のお目に触れることができ、 最初の1ヶ月で1万PVを達成したときには、「こんなにたくさんのひとに読んでもらえるんだ…」と、感激したのをはっきり覚えています。

 そんな感じで始まったこのブログですが、先日、100万PVを達成できて(今、102万PVぐらい)また、昨日、読者登録もちょうど100名様になり、そして、大きな目標のひとつだった「人気ブログランキング1位」も、達成することができました。

 応援してくださる皆さま、読んでくださる皆様、本当にありがとうございます。

 

次回、「セフナの青春日記」第12話は、こちら…!

 

▼ ランキングに参加しています。アクセス解析を見ていますと、「セフナの青春日記」、とてもたくさんの方に読んでいただけているのがわかって、書き手として、とても光栄に感じています。お気に召すものがありましたら、ジョンデくんのバナーを押してくださると、すごく嬉しいです!

(画像はお借りしています。ありがとうございます!)