EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【+チェン】甘い種子(後)【セフナの青春日記・第12話】

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190911171731p:plain

★『セフナの青春日記』(全12話)のうち、第12話めです。

 セフンが22歳の誕生日を迎える頃、という設定のファンフィク。歌が上手くなりたいと決心した彼が、EXOのヒョンたちと対話を重ねていきます。

 

 ▼第1話はこちらです♪

 

 

「そ……それは。歌が、うまく、なりたい、と思って」

 声を出してみてはじめて、セフンは、自分の声が、今、ひどく出しにくくなっていることに気づく。

 舌も、唇も、喉も萎縮しきったようになって、うまく動かない。

 

「だから、なんで? なんで、歌がうまくなりたいの」

「え……と」

 うまくなりたいから、うまくなりたい。

 それが唯一にして、最大の動機なのだけれど。

 

「ネットとかで、歌えてないとか、ヘタクソとか、もうこれ以上、言われたくないし」

「ネット? ねえ、俺とかベクでさえ、いろいろ言われてるんだよ? 言われなくなることなんて、あり得ないから」

 

「ヒョンたちの……足を、ひっぱるようなマネをしたくないし」

「足をひっぱるって。──あのさあ。誰もセフナに、最初から歌唱力を期待してないから、そんな事態、発生するわけないでしょ」

 ──それは、そうかもしれないけど。

 そこまで、そんなふうに、言わなくても。

 

 

 そこで、ハア、とジョンデは大きくため息をついた。

 

「セフナ、まさか、その程度の動機しか持ってないの? 歌を上達させたいって思ったのって、そんな、ゴミみたいな動機で、おまえは動いてるわけ?」

 

 いくらヒョンでも、その言い草はない、と思った。

 相手がキム・ジョンデだろうが、どんだけ歌がうまかろうが、俺は怒ってもいい、と思った。

 そんなひどい言い方を、俺は、誰にだって、されるいわれはないんだ、と、この場で、怒鳴ってやろうか、と。

 

 でも、そうしなかったのは。

 ジョンデの目が。

 燃えているようにきらきらしたジョンデの大きな瞳が、すごい近さでセフンのことを見つめていたからだ。

「違うだろ? セフナが、歌がうまくなりたいって思ったとき、おまえの心のなかには、もっと大きな、もっとまぶしい、すごくきれいなものが、あったはずだろ?」

 

 それを、今、ここで、俺に話してみなよ。

 

 ──言葉の、ナイフが。

 まっすぐに、きりこんでくる。

 

 心の中の、奥の、奥に。深い、とても深い場所まで。

 幾重にもとりまいている、プライドとか自意識とか、そういうものを、ざっくりと切り裂いて。

 ジョンデの言葉が、セフンのもっとも深い場所にまで、つよく、到達する。

 

「お──俺だって」

 そう喋りはじめたセフンの胸のなかに、圧倒的な力をもって、ひとつの光景が舞い降りる。

 

 コンサートのステージから見た暗い客席は、夜の空、遠い宇宙みたいだ。

 たくさんの、ほんとうに数えきれないほどたくさんのペンライトのあかりが、近くに、遠くに、揺れてまたたく。

 そのちいさな、美しいあかりのひとつひとつすべてに、その明かりを持っている人がいる。

 セフンと同じように、ひとつの命と心と体をそなえたひとが、ひとりずつ。

 その場所にわざわざ足を運んで、対価を支払い、つどって、EXOというグループのパフォーマンスに魅了されるために。

 

 夜空の星々が取り囲むように見えるあの場所で。

 もっとも大きく、もっとも強く、そして崇高な力を持っているのは、旋律だ。歌声だ。

 ダンスも、ラップも。そのほかの衣装や照明や楽器やセットや、たくさんのスタッフの努力も──すべては、その歌声を光り輝かせるためにある。

 あのたくさんのひとが、あれだけの数の聴衆が、いっせいに息をのんで、耳を傾け、陶酔して、魅了されるのは。

 歌だ。歌声なんだ。

 

「お……俺、だって。俺だって……ステージで、コンサートのステージで」

 

 俺はあのステージに立っている。あのペンライトの星空に取り囲まれるようにして。

 でも、歌声というかたちで、そこに参加してはいない。

 EXOというメンバーでいることで、そのチャンスが、目の前に、ほんとうに目の前に転がっているのに。

 

 たくさんのひとの心を、歌声という直接的なかたちで、動かす、揺さぶる、感動させる、ような。

 そういう、とてつもない、うつくしいチャンスを。

 俺のすぐそばまで。

 神様は、運んで来てくれているのに。

 

「俺だって、メロディを歌いたい。あれだけの、たくさんのひとの前で」

 

 ──そのチャンスに、自分の手を、伸ばさなかったなら、俺は。

 

 神様からもらったものを。

 俺だって、俺のこの手で、ちゃんと。

 

「歌を、歌いたいんだ」

 

 そのとき。

 セフンをずっと見つめていた、目のまえのジョンデの大きな瞳が、透明な水をたたえたようにゆらめいた。

 あ、と思う間もなく、みるみるうちに、その透明な水は、彼の目からあふれてこぼれて、頰のうえを、涙のしずくとなって、伝いだす。

 

「よかった。──セフナ、言えたね」

 

 自分の顔をのぞきこむようにして見つめていたジョンデが、そう言って、大きな笑みを浮かべた。

 泣いているのに。

 涙を幾つぶも、頰に伝わせているのに。

 彼の口元は、明るい笑みのかたちになっている。

 

「その気持ちを、セフナの口から言わせたかった。『歌いたい』って、泣くほどの強い、はげしい気持ちで、『歌を歌いたい』って、セフナ自身に、叫ばせたかった。それが全部の出発点になるはずだから」

 

 涙ですこしだけ揺れているジョンデの声は、けれど、こんなときにも凛としている。

 天上の楽器のように澄みきった音で響いて、青い4月の空へと、そのまま、吸い込まれていく。

 

「……あー、ごめん、ハンカチもってないから、これで」

 ジョンデはそう言って、着ていた白いシャツの袖ぐちを手のひらまで伸ばして、セフンの目をぬぐってくれた。

 そうされて初めて、セフンは自分が涙を流していることに気づいた。

 

 気づいたら、よけいに。

 

「あー……ごめんね、ほんと、ごめんね、泣かないで」

 

 並んで階段にすわっていたジョンデは、泣いているくせに、セフンの顔をのぞきこんで大きく笑った。

 そして、自分だって涙をこぼしているくせに、泣かないで、と繰り返して、本格的に泣きじゃくりはじめたセフンの頭を、彼の白いシャツの胸に抱きしめるようにしてくれた。

 

 ぎゅっと。ぎゅうっと。

 

「ごめんね、セフナ。……ああ、俺も痛かった、おまえにひどい言葉をぶつけてる間、俺も胸が痛くて、ばっくり割れて、引き裂かれてしまいそうだった」

 

 だけど、セフナはさ。

 いつも背伸びをしたがるじゃないか。カッコつけて、クールにしてようって、思ってるじゃないか。

 マンネだから、俺たちとか他の人たちの前で、子どもっぽいところ見せられない、見せたくないって、そうしちゃうのかもしれないけれど。

 

 そういうセフナの気持ちをこじあけて、心の中に手をつっこんで、おまえの本音を一度、引きずり出さなきゃって思ってた。

 レッスンを受けてることを、まわりに知られたくないとか、格好悪い自分をみんなに見せたくない、とか。

 そういう気持ちって、ほんとうに歌がうまくなりたいって願うときには、邪魔なものでしかない。

 なりふり構わないほどの、つよくて、はげしい、そしてきれいな気持ちで願わないと、歌はうまくならない。

 歌の神様は、そういう願いのひとにしか、微笑んでくれないから。

 

 そして、そういう強い願いをもって、努力しているひとは、格好悪くなんかないんだ。

 すごく、きらきらしてて、まぶしいんだ。

 

「なあ、セフナ、もう泣かないで?

 おまえにひどいことを言って、泣かせたってバレたら、ジュンミョニヒョンに怒鳴られて、ミンソギヒョンに軽蔑されて、ベクとチャニョルから、半年くらいは口きいてもらえなくなっちゃうよ」

 

 澄んだ声をたてて笑うと、ジョンデは抱きしめてくれていた腕をほどいた。

 

 ジョンデのほうも、泣いていたとはっきりわかってしまうほど、涙のあとが目のまわりに残っていたけれど。

 明るい、大きな笑みを口元に浮かべた彼に、顔をのぞきこまれると、セフンは、不思議な気持ちになった。

 バカみたいに泣きじゃくった気恥ずかしさと、ずっと心の中に淀んでいた、どす黒い霧を払ってもらったような、晴れ晴れとした気持ちと。

 それから。──なんだろう、この気持ち。

  

「ああ、そうだ、俺、いいもの、持ってるんだ。セフナに一個、あげるよ」

「なんですか」

「待ってて。今、あげる。──ちょっと、セフナ、目をつぶってて」

 

 小さな子どもに悪戯をしかける、悪いお兄さんのように。

 くすくす笑った彼に言われた。

 ちゃんと、言われたとおりに目を閉じた。

 そうして、もう一度、自分の胸のなかにあるものについて考えた。

 なんだろう。この気持ち。

 

 目をつぶっていても、音と気配で、ジョンデが背負っていたバックパックを肩からはずして、その中から何かを取り出したらしいのがわかった。

 つ、と何か、つめたく、硬く感じるものが唇にあたった。

「ほら。口あけて」

 

 唇をひらくと、そのつめたくて硬い、小さなものが、彼の指によって口のなかに送り込まれた。

 舌の上にのっかったら、すぐにそれが何だか、わかる。

「──あまい」

 チョコレートだ。

 

「これね、音楽の種だよ。……これを食べたら、体の中で、芽が出て、葉っぱがひらいて、すくすく大きな木みたいに育つ。俺があげたんだから、間違いない。セフナの歌は、きっとうまくなるよ」

 

 そんな口からでまかせの、適当な言葉を。

 いったい、どんな顔をしてこのひとは言ってるんだ。

 そう思って目をあけると、きらきらした大きな瞳が、笑って自分をじっと見ていたのがわかった。

 

 あまさと、香りと、ほろ苦さが。

 口の中でとけていく。

 

「誕生日、おめでとう。──来年、23歳の誕生日には、絶対に、今とはちがう気持ちで、歌を歌えるようになってるよ」

  

 とても澄んだ声で予言のようにそう告げると、笑ったジョンデは、自分も手許の青い紙の小箱から、チョコレートを一粒取り出して口に放り込んだ。

 

「ヒョン」

「なに?」

「俺にも、もうひとつ、ください」

 

 まぶしい光に満ちたみたいな、笑い声が返された。

 人差し指と親指で、もう一粒のあまい種子を取り出したジョンデは、そのまま彼の指で、セフンの唇に押し込んでくれた。

 

「おいしいでしょ?」

 笑った彼が、そう尋ねるので。

 

「──この種、あまいな」

 二つ目の種子が、セフンの口のなかで、ほどけて、とけてゆく。

 あまさと高い香りと、ほのかな苦みが、口いっぱいにやわらかく広がる。

 

「そりゃ、あまいよ。チョコなんだから」

 笑い声をたてたジョンデを見ながら、セフンは、今、蒔かれた2つめの種で、自分の胸のなかにも広がる感情について考えていた。

 

 ああ、いったい。

 なんだろう。

 

 ──この気持ちは。

 

 

 『セフナの青春日記』fin.

f:id:yofukashi_chocolate:20190911171731p:plain


 

追記・原稿用紙で120枚ほどの、わりと長めのお話になってしまったのですが、ここまで読んでくださって、ほんとうにありがとうございました。

 

 

(このページは、『セフナの青春日記』12「あまい種子」(後)です。)

 

次のページは……こちら!