EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・アルバム評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

SHINee's Back!!!!!

f:id:yofukashi_chocolate:20180323160954p:plain

 12月5日、「オンユからファンの皆様へ」が発表されたのは、きっと皆さまもご存知のことだと思います。

 

 彼の直筆で、これまでの気持ちや、これからの決意を書き綴ったメッセージ。

 それに日本語の訳も添えられて、公式ファンクラブのホームページに掲載されています。

 

 言いたいけれど言えない言葉、使ってはいけない言葉。

(もちろん、事件に関しては、何ひとつふれられていない)

 たくさんの制約がありそうな状況で、それでも、彼が一生懸命綴った、彼の気持ちなのだろうと思いました。

 韓国語がわからない私は、翻訳しか読めないのだけど。

 

     *

 

 文字が揺らいでいる。

 自信のなさ、不安感を示すように。

 筆圧の低い、頼りない文字。

 言葉が、まっすぐな行で書かれていないこと。

 何かから逃げ出したいみたいな、追いつめられているような。

 

 ──オニュ、大丈夫かな。

 メンタル、やられちゃってないかな。

 

    *

 

 9月2日、オニュのいない4人だけのドームコンサートに行ったあと、ずっと考えていたのは、「アイドルって夢を売るお仕事なんだなあ」という、ものすごく当たり前のことでした。

 

 そのためには、彼ら自身が、その「夢」にふさわしい、楽しく、幸福な存在でいなくてはならないんだな、と。

 だからこそ、ミノとテミンは、あんなにもはじけるような笑顔を、会場にいる私たちに見せてくれていたんだ、と。

 

 けれども、あのコンサートで。

 最後の最後に、キーが見せた涙が、私のなかで、一番、残ってしまった。

 あの涙は、「ファンの皆さんの応援に感激しちゃって泣いた(チャニョルみたいにね)」というような、幸福なだけの涙じゃないはずだから。

 キーのつらさ、悲しさ、くやしさが、どうしても伝わってきてしまう涙だったから。

 

(だから、日常生活に戻ってからも、実は地味に落ち込んでいました……)

 

 私は、これからあの5人を見るとき、今までみたいな100%のミーハーな幸福感で、「きゃー♪」って言えないんじゃないかという気がしてしまっています。

 彼らのどんなに輝く笑顔を見ても、「オニュがいなかったドームコンサート」のことを、どうしてもくっついて回る影のように、必ず思い出してしまいそうだから。

 

     *

 

 でも、もし、そうだとしても。

 

     *

 

 あの日、ドームの天井席で、ペンライトを握りしめながら、「いつか5人で、完全な5人で必ず帰ってきたい」と言って言葉を詰まらせたキーに、私は必死に心のなかで語りかけていました。

 

(ごめんなさいね、キモくて。でもねえ、もういい大人の年齢の私を、これほどまでに真剣な気持ちにさせたキーって、やっぱ、えらいと思うのよ)

 

「わかった。絶対に、絶対に、5人で帰ってきてください。私も、絶対に、絶対に、待っているから」

 

        *

 

 輝く5人は、もう一回、輝くのでしょうか。

 

 2月17日・18日、京セラ。

 2月26日・27日、東京ドーム。

 

 「4人だけのドームコンサート」の記憶を、上書きしてくれるぐらいのすごいステージを、私に見せてくれるのでしょうか。

 

 それを知るためにも、やっぱり、もう一度、東京ドームに行こうと思っているのです。

(2017.12.15)

 

↓ランキングに参加しています。お気に召したものがありましたら、クリックしてくださると嬉しいです。

(この記事は「SHINee」④の記事です。)

【Next ▶︎ 次の「SHINee」 記事⑤はこちら↓】