EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・アルバム評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【たまアリレポ4】【Chen】心で抱きしめて(下)・『The EℓyXiOn』EXOコンサートレポ・2018.01.27-28さいたま

 (すみません、この記事は昨日の記事からの続きなので…もしよろしければ、以下の記事を先に読んでくださると嬉しいです)。

【たまアリレポ3】【メントまとめ】心で抱きしめて(上)【Chen】・『The EℓyXiOn』EXOコンサートレポ・2018.01.27-28さいたま 

f:id:like_a_moon:20180211115106j:plain

 ねえ、と私は語りかけてみたい気分になっていました。

  今は更新がとまってしまった、あの知的な文章をブログに綴っていた女性に。年齢もご本名も、実際には知るすべもなく、ただAさんというHNしか知らないその方に。

 「Aさんが、その才能を高く評価していたチェンくんは、今、私の目の前で、ちゃんと『ファンを心で抱きしめて』くれていますよ」と。

 いいえ、チェンチェンだけじゃなくて、ここにいる8人全員が、こんなに高度なパフォーマンスを見せてくれて、こんなにきらきらした汗をいっぱいかいて、これほどたくさんの観客全体を魅了しつくしているんです。

 それって、Aさんが書いていらしたように、「ファンを心で抱きしめて」いないと、できないことだと思うから。

   もしかしたら、Aさんもこの会場にいらっしゃるかもしれないし、あるいは時間が経ってから、このステージをDVDでご覧になるのかもしれない。それとも、もうEXOのファンであることから、離れてしまったのかもしれない。

 でも、Aさんがお好きでいらしたチェンくんは、あの一件で心を曇らせてしまうことなく、とても素敵な表情で、今、ステージの上から、私たちファンを「心で抱きしめてくれて」います。

  それは、確かなことだと思うのです。

 

 ——と、ここで話が終わっていたなら、ちゃんと大人らしい文章を書けたなあ(そうでもないか)、と私も自画自賛できるんですが(苦笑)、ここで終わらないのが夜ふチョコですよ(残念)。

 ええと。

 私は今回、チェンチェンに泣かされてしまったのですが。

 自分でもそんなところで泣くとは思ってもみませんでした。

 

 27日、私のすわっていた席は、ステージから見て右側(トークのときにチャニョルが立つ側)の、Y字型に伸びたステージの先端部分がとても近い、200レベルの席でした。

 トロッコに彼らが乗ると、かなり近くでその姿を見ることができます。

 はっきりと表情や顔が見えるような距離感で、福岡・さいたまの公演に参戦したこれまでの4日間のうち、もっともステージに近い席でした。同行者のQ(熱烈なギョンスペン)が「あんなにギョンちゃんの顔をはっきり見たのは初めてだよー」と感激していたほどでした。

 

 このブログを読んでくださる方にはおわかりだと思うのですが(暴れてますので…)、私はチェンが好きです。

 もう自分でも何がなんだかよくわからないほど、好き(苦笑)。

 もちろん歌声が好き、声そのものが好き、ハンサムなルックスも好き、礼儀正しくて頭のいいところも好き、笑顔が好き、複雑で精緻な思考回路を持ってるところも好き。(作詞とか見ててもそう思うなー。このひと、あきらかに「言葉でひとつの作品を構築する」ってことの意味を理解しているタイプのひとですもん)。

 あげればキリがないのは、誰のファンの方でも同じなのでしょうが、煎じ詰めれば、もう自分でも好きという気持ちを持て余して困っているほどに、キム・ジョンデという青年が好きですね。

 なんなんでしょうね、これ(苦笑)。

 アイドルくんを「好きすぎてツラい」とか、そんなふうに言うことが許される年齢を、私は大幅にすぎているんですが。

 

 トロッコ1巡めのとき、チェンとベッキョンが乗ったトロッコが、私とQの真下あたりに来ました。

 チェンは私のほうを向いていて、ベクは私に背を向けていました。

 ベクもチェンも、たくさんの方向に向かって、伸び上がるようにして、一生懸命手を振ってくれています。

 トロッコが、マックスで私の近くに来たときの距離感というのは、「300人くらい収容できる大きな階段教室の、まんなかあたりから教壇を見た感じ」でした。相当近いです。

  

 うわ。ジョンデくん、ちかい。

 すごく、近い。

 

  チェンくんの顔がはっきり見えます。笑っているのも、ちゃんとわかります。

 (毎日、アホみたいに写真だの動画だのを見すぎているせいで)すっかり見慣れてしまった、けれども決して見飽きることのない、私の大好きな笑顔で。

 彼の体は私のほうを向いていて、向き合うような感じ。

 真正面から。

 

 ——そのとき、私が感じたことを、言葉にしてしまうととたんに陳腐になるのがわかっているので、なかなか勇気が必要なのですが、まあ、書きます。

 

  私は、彼に「抱きしめられた」と思いました。

  彼の心で。私の心を。

  あたたかな光の腕が彼から伸びてきて、私の心を、抱きしめてもらったと感じたのです。

 

 実際には、1秒か2秒の、とても短い時間だとわかっていますが、時がその流れを止めたように、その瞬間を長いものに感じました。

 周囲には観客の歓声がすごくて、大きな音を耳にしていたはずなのですが、記憶のなかでは、それらの音はすべて私から遠ざかっています。

 

 感じていたのは、あたたかさ、嬉しさ。

 それから、緊張に似た、とてもどきどきした気持ち。

 

 えー、……まずいな、何これ。

  涙がこぼれてしまって、そう思いました。

(繰り返しますけど、「コンサートでアイドルくんがそばに来てくれて、感極まって泣いた」とか、そういうことが許されるような年齢じゃないんです私……)。

 まずいでしょ。

 まずいでしょ、こんなことで泣いたりしたら。

 

 ホテルに帰り着いてから、あのチェンペンのブログ主さんが書いていらした「ファンを心で抱きしめてあげてね」という言葉を、別の感慨を持って何度も思い出しました。

  あの言葉は、「ファンの存在に感謝して、ファンのことを大切に考えてほしい」ということの「たとえ」だと思っていたけれど。

 それにとどまらずに、もう一段、深くて具体的な意味があったのかもしれないな、と。

 

 彼の心で、抱きしめてもらったかのようなあのあたたかな幸福感、どきどきした気持ちは、それはそのまま、「私がチェンを好きだ」ということの裏返しです。

 私がチェンに対して抱いている感情を、物理的に近くに来てくれたことがきっかけとなって、視覚でとらえた彼の上に投影して、認識したにすぎない——そんな合理的な説明を試みようとする、大人の私もいます。

 

 それでも。

 なんとなく、奇跡に似た何かを信じている私もいるのです。

 チェンのなかの、ファンを大切に思ってくれる真剣な気持ちが、私の中の彼を大好きでたまらない気持ちと。

 あの瞬間、ほんとうにあたたかく呼応しあったのではないか、と。

 

 音楽とダンス、光と闇と熱、熱狂と興奮。

 あそこに集まったたくさんのひとたちの、とても強い思い。

 チェンに「心で抱きしめてもらった」と、そんなふうに思わせてしまうような、強いエネルギーが、あのコンサート会場には満ちていました。

 それを作り出したのは、EXOのメンバーと、あの舞台の裏側にいてくれたスタッフさん、そして観客の私たちだったのです。

(2018.02.02)

 

 (この記事は「コンサートレポ」11・「Chen」18です。)

【Next:『コンサートレポ』12はこちら▼】

【Next:Chenの次の記事19はこちら▼】

ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、応援して下さると嬉しいです♪ 

 

(画像はお借りしました。ありがとうございます)