EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV評・コンサートレポ・SHINeeについて書いています。下のバーのアイコンから、各コンテンツの目次へどうぞ。

【Suho】Mr. Handsome

f:id:yofukashi_chocolate:20180218124536g:plain

【Mr. Handsome】

 

handsome ; (adjective)

A handsome man is physically attractive in a traditional, male way.

 

handsome ; (形容詞)

ハンサムな男というのは、伝統的・男性的なありかたで、見た目が魅力的である。

 

 さらりとなめらかそうな肌、男性的で秀麗な眉、すっきりと通った鼻梁。

 二重の大きな目と、それが作る優しげなまなざしが、甘い印象をつよく残す。

 そういうこのひとの顔立ちは、折り目正しいクラシカルハンサムの典型例なんだと思います。

 

 ステージを見にいって、その印象が変わるメンバーっていうのが幾人かいたのだけど、スホもそのひとりでした。

 このひと、クリーシェではなく、彼自身の言葉で話そうとするひとなんだなあ、ということに気づいて、私はそれがすごく嬉しかったのです。 

 

 リーダー的なポジションにいる人って、「無難に話そう」とするあまりに手垢のついた表現を選びがちなんだけど、このひとはわりと「彼独自の視点」で語ろうとする。

 おそらくそれは、彼なりのファンに向けての真摯さなんだろうな、と思っています。

 ひとくちにファンといっても、その実態は万単位の数の「人間の集合」ではあるので、その人たち一人一人が、自分の言葉をどんなふうに受けとめるのか、多方面に渡って配慮しながら話すのは、ときに多くの制約を持つことだと思うのだけれど。

 彼は、その制約を理解しながらも、そのうえで「EXOのファン」に対してきちんと胸襟をひらき、彼自身の気持ちを伝えようとしてくれています。

 それって、すばらしいことだと思うのです。

 

 スーツ姿で強烈にキメて、披露してくれたセクシーダンスも。

 (ああ、あの「Play Boy」のソロパートが「追悼」の意味を持ってしまうなんて、この曲目を選んだ時点では、スホさんも製作陣も思いもよらなかったでしょうね)。

 『Universe』で聴かせてくれた、繊細でうっとりするような歌声も。

 ハンサムな顔を、くしゃりと崩して笑うときの笑顔も。

(私はこのひとの、てらわないときの笑顔がほんとうに好き)。

 

 どれももちろん大好きだけれど、私は、スホさんがEXOというグループを、とても熱い気持ちで大切に思ってくれているところが、一番、好きです。

 

 ありがとう、スホさん。

 あなたがEXOのリーダーで、ほんとうによかったと思っています。

(2018.02.18) 

 

 (この記事は「EXO-BOX」「彼は『Mr.』」⑨・「Suho」⑦です。) 

 【Next:『EXO-BOX』「彼は『Mr.』」⑩はこちら▼】

【Next:Suho  ⑧はこちら▼】

↓ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、応援して下さると嬉しいです♪ 

(画像はお借りしました。ありがとうございます)