EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【Chen+Chanyeol】薄汚れた尋問室【MV「Tempo」Cubicle Stories(1)】

f:id:yofukashi_chocolate:20181103095412j:plain

 

 ——新たにその取調官が尋問室にやってきたとき、俺は、おや?と思った。

 ずいぶん若い。俺と同じくらいの年齢に見える。

 にも関わらず、彼は、周囲の警官・刑事どもから最敬礼で迎えられていたのだ。

 上下関係が絶対の法組織において、彼の父親ほどの年齢の男たちが平身低頭で接するということは、すなわち、彼の所属する階級が「かなり高い」ということを物語っている。

 なんだ、こいつ。

 どうして俺みたいなチンピラの取り調べに、そんな「上の人間」が来る?

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181103095317j:plain 

 

「パク・チャニョル、26歳だね。住所不定、無職」

 書類をめくりながら彼が言葉を発したとき、もう一度、おや?と思った。

 ほんの少しの喋っただけでも、凛とひびく、とても綺麗な声をしていたから。

「覚醒剤取締法違反2件・騒擾罪3件・公務執行妨害、数えきれず」

 そのきれいな声で、彼は、俺のこれまでの罪状をご丁寧に読み上げてくれた。

「これまでは執行猶予ですんだかもしれないが、今回の容疑が立件されれば、もうブタ箱に行くしかないな、おまえ」

 非常に断定的に言われたが、俺は黙ったままでいた。

 カーキ色のコートを着た、この若い取調官が、どうしてこの尋問室にやってきたのか、興味がわいたからだ。

 

「どうだ? 2、3年、臭いメシでも食ってくるか?」

「……」

「おまえみたいなチンピラには、返ってそのほうがいいかもしれんな、寝ぐらができて」

 書類に視線を落としていた彼が、そんな高飛車なセリフを口にしたとき、俺は賭けに出ることにした。

「あのー」

「なんだ」

「……聞きたいことがあるんですけどー」

「言え」

「おまわりさんさー、なんであんた、俺なんかの取り調べに来たの」

 おまわりさん、と呼びかけたとき、彼は言葉を返さなかったが、一瞬、ぴくりとその眉が動いた。

「あら。……あんた、おまわりさんじゃないのか」

 からかうように言ってやると、彼は書類から目をあげた。

 射抜くような視線だった。

「やっぱ、地方警察の人間じゃないんだな。じゃ、あんた、連邦捜査官か?」

「……私の身分を、おまえに明かす必要はない」

「え、そんなのいいんですかー? 公明正大であるべき取調室で、そんな非法行為が……」

 そこまで俺が言い募ったとき、突如として彼は、非常に大胆な行為に出た。

 手を伸ばして机上のテープレコーダーを止め、なおかつ、ビデオカメラを操作して、その録画をやめてしまったのだ。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181106110343j:plain

 

 わりと、あっけに取られた。

 しょっぴかれたことなら何度もあるが、こんなふうに(妙に階位の高そうな)謎の取調官が出てきたのも、そいつが録画機材を停止したりするのも、まったく初めてのことだ。

「単刀直入に言おう」

 凛とした声が響いた。

「私に協力するなら、今回の立件をまぬがれるよう、司法取引をもちかけてやってもいい」

「……ふうん? 協力って?」

「ある男の情報がほしい」

 そう告げてきた彼の目は、驚くほど無防備に、彼の内面をさらけだしていた。

 ふたつの大きな瞳が、燃えるようだ、と思った。……こんなふうに激しい感情を抱いている人間を、俺はひさしく、見たことがなかった。

「ある男って? どんなやつだよ。名前は?」

「本名はわからない。おまえと同じく、ナイトクラブやレストランで、ピアノ弾きをしている男だ。年齢は20代前半から半ば、通称、カイと呼ばれている」

 ——そこまで彼が言ったとき、俺はようやく、燃えるような目をした相手の意図が読めた。

「あんた。……『天使の詩』が聴きたいんだな?」

 その瞬間、目の前の彼の顔色がはっきりと変わった。

 さっと血の気が引いて蒼白になり、その後、かあっと上気して赤くなった。

 図星だったのだ。

「あんた、カイがピアノで弾く『天使の詩』が聴きたいんだろう。だから、やつを探してる」

「——私はただ、彼に関する情報がほしいと言っているだけだ」

「やめとけ」

「そんなことを、おまえから言われる筋合いはない」

「アレは、——カイの『天使の詩』は、あんたの手に負えるようなシロモノじゃねえよ」

 ぴしゃりとそう言ってやると、取調官は俺から視線を外して目を伏せた。

 耐えきれない痛みを抱えてしまっている。——そういう顔だった。

 当然だ。

 カイの『天使の詩』を聴きたいと願う人間は、おしなべて、その理由を彼ら自身のなかに抱えているはずだから。

「あんたさ。……どこの人間だか知らねーけど、あんたが持ってるコネだか権力だかを使いまくって、この尋問室まで、わざわざ俺に会いにやってきたってことは……つまりは、それくらい必死に、カイの『天使の詩』が聴きたいってことだろう?」

 俺がそう続ける間、彼は目を伏せたままでいた。

 でも、じっと俺の声に耳を傾けている気配が、はっきりと伝わってきた。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20181103101117j:plain 

 

「……おまえは、聴いたことがあるのか」

 しばらく続いた沈黙を破ったのは、彼のほうが先だった。

 その視線は、まだ伏せられたままだったが。

「何を?」

「その、……カイという男が弾く、ピアノを」

「ほかの曲ならあるよ、何度か。でも、アレは……『天使の詩』はない」

 そう答えると、思わず苦笑がこみ上げてきた。

「あんた、頭よさそうな顔してんのに、わりとバカなんだな。ちょっと考えてみれば、すぐわかることじゃん」

「——どういう意味だ?」

「もし俺が、アレを……カイの『天使の詩』を聴いたことがあったなら、今頃、こんなところで、あんたと顔をあわせてなんか、ねーよ」

 苦く笑った俺のことを、視線をあげた彼が見ていた。

 不思議なほどきれいな目だった。——彼がついている職業に、似つかわしくないような、純粋な瞳。

「アレを聴いてたんだったら……今ごろ俺は、天国にいるさ」

 

(2018.11.06)

 

★次の記事は……こちらです♡

exo-mellow.hatenablog.jp

▼ランキングに参加しています。今回の記事、夜ふチョコ、超ニヤニヤしながら書いてました…お気に召すものがありましたら、キムジョンデ捜査官の冷たい美貌をクリック!してくださると嬉しいです♪

(画像はお借りしています。ありがとうございます。)