EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

【セフン+チェン】一番ほしいもの【セフナの青春日記・第1話】

f:id:yofukashi_chocolate:20190911171731p:plain

  

 一応、プライドというものがあるので、はっきりと言葉に出して誰にも言ったことはないが、もうすぐ22歳の誕生日を迎えるセフンには、現在、もっとも切実に欲しいものがある。

 

 10代の頃は睡眠時間だった。ちょっと前は、恋愛する自由、だったかもしれない。

 でも、そんなものより、今は。

 もっと別のものが。


 

 ダンスに関しては、上達してきたと強く自負できる。

 与えられたことをこなすだけで精いっぱいだったデビュー当時の映像を見ると、自分でも「マジかよ」とあきれるほど、踊れていなかったと思う。

 

 「言われたとおり」に踊っているだけではダメだ、と気づいたのが転機で、その意識の転換はわりと早く、デビューして1年たたないうちに、セフンのもとに訪れた。

 その後は、自分なりに、目標地点とそれに至るための道筋が見えてきた。だからそれにそって、努力を集中させていけばいい。

 

 ふわーっと視界が晴れたような気がして、そこから先は、踊ることそのものが、ものすごく楽しくなった。

 たとえ、うまくこなせない部分があったとしても、「どうやって乗りこえてやろうか」と考えることすら、楽しい。

 

 けれど。

 歌う、ということについては。

 

 ──プライドというものが、一応あるので、誰にも告げたことはないが、もうじき22歳になるセフンが現在、喉から手が出るほど切実にほしいもの、それは。

 

 「歌を歌う力」だ。

 

             *

 

 自分がこのグループに存在している理由に、「歌唱力」という項目は、実はかなり低いパーセンテージしか占めていないという事実に、もちろん最初からセフンは気づいていた。

 デビューして数年がたち、がむしゃらに走っているだけの時期を通りすぎてみると、その状況に甘んじていることが、自分自身で納得できなくなっていた。

 

 納得はできないのだが。

 

 しかし、具体的にどうすればいいのか、よくわからない。

 レコーディングの前に受けるコーチングだけでは、吸収できるものは限られている。

 いったい、どうすれば、とセフンが思い悩んでいる頃に、ジョンデがボイストレーニングの個人レッスンを受けはじめたことを耳にした。

 

 ──えー、ジョンデヒョン、いったいなんの必要があって? 

 

 デビューした時点で、すでに完成した形の歌声を持っていたこの先輩が、今さら、どういう理由で、そんなレッスンを受ける必要があるのかが、セフンにはよくわからなかった。

 しかも、この忙しいスケジュールの合間を縫って、である。

 わざわざ時間を捻出してまでレッスンを受けるのは、並大抵のことではないのに。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190911171731p:plain

 

 午前中の早い時刻、某所の某ビルで打ち合わせがあって、セフンがエレベーターの前に行くと、先客がひとりいた。

 白のカットソーに、深い紺色のシャツをはおって、ダークネイビーのスキニージーンズの、小柄な背の立ち姿。

 履いているスニーカーも濃紺で、その紐とつまさき、紺のシャツからのぞくカットソーと、彼が聴いているイヤフォンだけが、くっきりと白くあざやかだ。

 ジョンデヒョン、と声をかけようとしたとき、彼もセフンの存在に気づいたらしい。

 片耳のイヤフォンをはずすと、いきいきとした笑顔でふりむいた。

 

「おはよう。──早いね、セフナ」

 

 ギョンスヒョンと同じくらい、この先輩も黒い洋服を好むことが多いが、今日着ているような濃紺のほうが、彼の雰囲気にはよく似合う、とセフンは思う。

 顔立ちを構成するパーツすべてが、くっきりとした強い個性を示しているひとだから、黒という色が持つシンプルさは、その容貌を引き立たせるような気もするのだが。

 

 彼のまとう雰囲気には、ひとかけらだけ、あまく優しいニュアンスがある。そして、黒という強すぎる色は、その微妙な甘やかさを打ち消すように働いてしまうのだ。

 紺色の持つやわらかさと深みのほうが、このひとの持つ雰囲気を際立たせる。──そう自分で出した結論に納得して、セフンも先輩に向かってふわりと微笑んでみせた。

 

「ヒョンのほうこそ。いつも早いじゃないですか」

 

 前回、このビルにタクシーで来たときに、こっぴどい渋滞にまきこまれて、決められた時間に間に合わないのではないかとかなり焦った。だから、今日はかなり時間を早めてここへ向かったのだが。

 奇跡的に道路がすいていたせいで、今は、打ち合わせの時刻までにはかなり余裕のある時刻だった。

 

 並んでエレベーターを待ちながら、セフンは、こんなふうに、この先輩と親密な感じの距離感でふたりきりで並んでいることが、これまでそうそうなかったことに気づいた。

 彼のまわり、あるいは、自分のまわりには、常にスタッフやメンバーがいるし、プライベートで一緒に遊んだりするような仲ではないので、自分とこのひとのふたりだけ、というシチュエイションは、さほど訪れるものではない。

 

 だから、あのことを尋ねてみようと思った。

 

「ヒョン、今度、ボイストレーニングのレッスンを受けることになったそうじゃないですか」

「あ? うん。セフナ、よく知ってるね。受けることになったっていうか、もう、始めてるよ。……って言っても、昨日がまだ初回のレッスンだったんだけど」

 

 紺色のシャツを着たジョンデが答えた。

 よくとおる、いくらか喋っただけでも、その声のなかに響く凛としたものを感じさせるような、そういう声だ、といつも思う。

 こんなにきれいな、まっすぐに伸びる声をしているのに。

 

「どうして、ボイストレーニングのレッスンを受けることになったんですか?」

 

「だって、声量が決定的に足りないから。俺の場合」

 セフンに尋ねられたジョンデは、すぐさまそう答えた。

 

 大きな目がつくるまなざしを、ぴたりとセフンの視線にあわせてくる。

 明るい笑みを満面に浮かべているから、そんな感じがしないけれど、このひとは、目の力が異様につよい。

 口元が大きく笑っていなかったら、もしかしたら、わりあい、コワイ顔立ちなのだ、と今さらのようにセフンは気づいた。

 

「デビュー前後に、ボイトレばっかり、みっちりやらされてた頃から、時間が経っちゃってさ。なんか、自分の中で、いろんなものが自己流に戻ってきちゃったから。……ここらへんで、とにかく腹筋を鍛えなおすところからやり直さないと、そのうち、喉がやられる」

 

 理路整然とした口調だった。

 すでに彼のなかで、このことは、充分に考え抜かれていたことだったのだ、と思った。

 漫然とした気持ちではなく、このひとは、はっきりと「自分が欲しいもの」を取りに行こうとして、行動を起こしている。

 そう思ったら、ぐずぐず思い悩んでいる自分が恥ずかしくなった。

 

「あの。歌を自己流で上達させるのって、限界がありますか?」

「あるね」

 言い切られた。しかも即座に、だ。

 ふだんは優しい言葉づかいの彼らしからぬ、強い口調だったので、一瞬、どきりとした。

 

 たじろいだセフンの反応を見てとったのか。

 とりなすように、ジョンデは、すぐにいつもの大きな笑みで笑いかけてきた。

 

「ていうか、正しい方法ってのが、いつもたいていは、一番の早道じゃない? それがあるんだったら、ちゃんとそれを習えばいい」

 

 歌うときよりもすこし低くて、歌うときと同じようにとても澄んだ声で、ジョンデは流れる水のように話した。

 

 その声の響きを、「澄んでいる」と感じるのは、単に、声の音韻的な特徴のせいか、あるいは。

 

 彼がてらいなく話すことがらが、「正しい」ことだから、なのか。 

 

「正しい道がわかんなかったら、いくら努力を重ねて進んだとしても、間違った場所についてしまうでしょ。──そういう単純な話」

 

 大きな目のなかの、力のある瞳だけを動かすようにしてセフンを見上げると、ジョンデはもう一度、顔全体に大きな笑みを浮かべた。

 

 そこでエレベーターがやってきたので、ふたりの間の会話は、そこで終わりになった。

 

 だが、その短い会話で、いくつか年上の彼が、あのきらきらした大きな目をまっすぐ前にむけて、「正しい道」を選び取ろうとしている姿が、つよくセフンの胸の中に焼きついた。

 もやもやした霧がたちこめていた目の前に、美しいひかりを灯してもらえたような気がして、ジョンデから投げかけられた言葉と澄んだ声を、そのあとも、何度かセフンは胸の中で繰り返した。

 

 そして、そんな会話を交わしてから数日たたないうちに、ベッキョンとミンソクまでもが、同じ先生から、その個人レッスンを受けることになった、と聞かされた。

 努力家のミンソクなら、先生についてレッスンを受けようとするのもうなずける話だが、なんというか、(歌唱に限ったことではないが)「ザ・俺」を貫きとおす、あのひともか、と思ったら、「こうしてはいられない」という気持ちになった。

 

 こうしてはいられない。

 俺だって、欲しいものがあるなら。

 ちゃんとこの手で、つかみ取りにいかないと。

  

(このページは、Fanfic『セフナの青春日記』1「一番ほしいもの」です。)

 

【Next:▶︎「春風」Day2に登場するヒョンは、シウミンさん♪

 

▼ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、私たちのマンネのバナーを応援クリックしてくださると、とても嬉しいです!

(画像はお借りしています。ありがとうございます!)

(季節感を無視したお話ですみません…とても楽しく書いたお話なので、お気に召すものがあれば、書き手として、すごく幸せです♡)