EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・アルバム評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

彼は太陽のように【お返事】

みゅうさんへ

 

f:id:yofukashi_chocolate:20180613233042p:plain

 

He sings like the sun, laughs like a flower, amazes us like music.

彼は太陽のように歌い、花のように笑い、音楽のように私たちを感動させてくれる。

 

 こんばんは! はじめまして♪

 メッセージをいただけてとても嬉しいです♪

 わー、みゅうさんとお母さまのお二人ともEXO-Lさんで、お二人でライブに行かれたり、あれやこれやとEXOくんのお話をなさっているのですね!

 ちょうど私とQのように(苦笑)。

 それはお母さま、きっととても楽しくエリ活動をなさっていらっしゃると思いますよ♪ うふふ、私もQがいてよかったなあと思うことが多々ありますもの♡

 さて、お好きだとおっしゃってくださったのが、「CBXとは何なのか?」。

 何度も読み返してくださっているとうかがって、ほんとうに嬉しく感じました。

 自分でもあんなに長く書くとは思っていなかったのですが(苦笑)、一度、「なぜあの3人なのか?」については、しっかり書いてみたいテーマでした。

 2017年の2月ごろに「春に生まれた彼だから」というタイトルで、シウミンについての記事を書いていまして、そのときにも「なぜあの3人だったのか?」という問題について、ちょっとだけふれたんですが、私自身、整合性のあるロジックが組み立てられずに、短い記事のまま、筆を措いておいたのでした。

 で、それから1年後、私のEXO-L度合いも成長を遂げまして(ふふ)、「一回、このことについては書いておかねば」的な、妙な使命感に突き動かされまして、あの記事を書きました。

 チェンのアーティスティックな歌の仕事への「欲求」、優れたエンターテイナーでありたいというベッキョンの「動機」、表舞台から遠ざかる前の2年間で、特別なCDやMVや、ステージを残しておきたいと思ってくれたシウミンさんの「願い」。

 ——「3人で何度も話し合って、自分たちで会社に話を持っていった」というその「話し合い」の内容がどういうものなのかは、きっと、私たちファンの前には明かされることはないのでしょうし、私の勝手な想像がどこまで当たっているのかは、全然わからないのですが。

 今ふりかえってもう一度、考えると、あの3人は、9人のなかでも特に「歌とステージ」の仕事を、とことんやりたい3人だったんじゃないかな、とも思っています。

 先日、帰国日をわざわざ遅らせて、東方神起のコンサートにかけつけ、夢中でペンラを振っているシウミンさんのお姿を写真で見たときに、「ああ、このひとは心の底から『歌とステージ』が好きで好きでたまらないんだなあ」と感じました。

 あの記事を4回にわたって連載していた頃は、飛躍的にブログのアクセスが伸びた時期でもありました(読んでくださった皆さま、ほんとうにありがとうございます)。

 CBXの「Blooming Days」が出されたばかり、「Magic」の発売直前の時期で、おそらく、彼らに関する情報を求めていた方が多く訪れてくださったのだと思いますが、ランキングで応援してくださった方もたくさんいてくださって、自分の書いた記事が、多くの方に共感していただけたのかな、と思うととても嬉しかったです。

 そして、「シウミンの願い」を読まれたとき、ちょっと涙ぐんでしまったとおっしゃるみゅうさん。——ふふふ、私もみゅうさんに告白。あの記事のなかで、シウミンさんの言葉を紹介した部分があるのですが、あれを書いているとき、私もちょっとだけ、泣いちゃいました。 

 「7つの曜日にそれぞれ一つずつ、7つの曲を用意しました。僕たちがエリたちと毎日一緒にいられるように」。——あの言葉を笑顔で口にしたとき、もうすぐステージを降りなければならない彼は、どんな気持ちだったかな、と想像して。 

 「曲やPVの感想なども、私が気付けなかったポイントなども多く、今までの何倍も楽しめるようになりました」と書いてくださったのですが、すごく嬉しいお言葉でした。私自身もブログを書くことで、EXOくんたちの活動を、何倍も「濃く、深く」楽しめているなあという実感があります(笑)。

 これからも、お母さまとお二人で、楽しくEXO-L活動なさってくださいね♡ そして、またお声を聞かせてくださると、とても嬉しいです♪

 

 

まかにゃんさんへ

 

f:id:yofukashi_chocolate:20180612151625p:plain

Snow is falling from somewhere in a heaven and into his mind.

天国のどこかから降ってきて、彼の心のなかに降り積もる雪。

 

 こんばんは、そして初めまして。

 いつも当ブログを読んでくださいまして、ありがとうございます♪ 

 ランキングから来てくださったそうなのですが、このブログ、いつごろからまかにゃんさんのお目に留まっておりましたでしょうか…。

 私が書く記事は非常に長く、かつ文字ばかりで、当初は写真がまったくなかったので、こちらのランキングでは、かなり浮いていたように思います(苦笑)。

 そんななか、まかにゃんさんのお目に留まることができて、嬉しいです♪

 「深く考察されているブログにコメントを送りたいなと思いつつ、良い言葉が見つからず…」と書いてくださったのですが、書き手として光栄に思わせていただきました。

   CBXの「Gentleman」がお好きだとうかがって、ふふふ、「そうでしょ?♪」と申し上げたくなりました♪  

 「3人の歌声が重なって、オモチャ箱みたいなだと聞いています〜」——ええ、ほんとうに♡  ベッキョンくんもチェンチェンも、シウミンさんも、すっごくかわいく歌ってくれて、ほんとうに好きなんですよ♪

「あなたにそっと ひざまずいて」の「ず」のところの発音が「じゅ」にならずに、きれいな「ず」の発音になっている、とのご指摘。——わー、まかにゃんさん、深い、鋭い! 

 そういえばそうですよね、あまりにも3人がきれいに発音してくれているので、聴いていながらも、スルーしちゃいましたが、韓国語を母語とする彼らにとっては「苦手な発音」ですものね。でも、日本語ネイティブの私がスルーしちゃうぐらい、彼らの発音は完璧だったということなんでしょうね。

 私はあのアルバムを聴いていると、ときどき、「彼らにとって、日本語が外国語である」ということを忘れそうになります。ほんとうにほんとうに、がんばってくれたんだなと思います。

 まかにゃんさんの「お好みの彼」が誰だか、わからなかったので、シウミンさんのお写真を配してみました。

 CBXの活動について書いてくださったので、3人のうちの誰かで、チェンチェンじゃない人(笑)。上のほうのみゅうさんのお返事で、ベッキョンくんの写真を使ったので、じゃ、シウミンさんで…と。

 まかにゃんさんの意中の彼は、どの彼だったのかなあ〜……?と、小首を(シウミンさんのようにかわいらしいつもりで、精一杯かわいく)かしげております。チェンチェンだったりして…?(ふふふ)

 また当ブログに遊びに来てくださると嬉しいです。そして、お声を聞かせてくださると、とっても嬉しいです。

 

(この記事は、「夜ふかし日記」40です。)

 

★今日のおすすめ過去記事は、こちら! 福岡「EℓyXiOn」での、リーダーのソロパートについて。▼

 

(まだお返事をお待たせしている方、すみません……もう少しお時間をくださいね。)

 

▼ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、応援してくださると嬉しいです。

 (画像はお借りしております。ありがとうございます。)