EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・アルバム評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

反射と残響【超・ブルジョア的行為】

     f:id:yofukashi_chocolate:20180324203352p:plain

 His eyes seize the reflections of eternity.

    His ears catch the resonance of moments.

 彼の目は永遠の反射をとらえ、耳は瞬間の残響をつかまえる。 

 

『EXO-CBX MAGICAL CIRCUS TOURのチケットが手に入らないなら、WOWOW

に入ればいいじゃない?』

(「パンが食べられないんなら、ケーキを食べればいいじゃない?」のノリで)

 

 

 家人「WOWOWに入りたいんなら、別に入ったって構わないよ。でも、うちはすでにNetflixに入ってるでしょ?」

 

 私「うん」

 

 家人「これだけ海外ドラマ見てて、さらにWOWOWまで見る時間があるかなあ?」

 

 私「——あんまり、ないと思う」

 

 家人「それから、WOWOWに入るんなら、トルネでは衛星放送が録画できないから、たぶん、新しくレコーダーを買わないとね」

 

 私「え? あ、そうか……そっちの問題もあったなあ」

 

 家人「まあ、自分のお金で買うぶんには、好きにしたら? へそくり、溜まってるんでしょ(笑)」

 

 私「……ねえ、今、レコーダー買ったら、いくらぐらいかかると思う?」

 

 家人「うーん、5〜6万くらいかな?」

 

 私「そっか…」

 

 家人「ちなみにWOWOWって月額いくらぐらいなの」

 

 私「2500円ぐらい。3000円はいかない」

 

 家人「年間で3万くらいか。別に止めないけど、モトをとれるほど見るかな?」

 

 ——確かにそのとおり!

 

 でもね、CBXツアーのチケットが落ちまくりで、全然コンサートにいけないんですもん。

 EXO-L1年生のQと手分けして申し込んだのに、2人とも当たったのは名古屋のガイシホールが1日だけ。しかも、Qと私は、同じ日が当選しちゃったので、つまり、「2人で申し込んだのに、1日分しか当たらなかった」んですよ(涙)。

 なんだか気持ちがやさぐれちゃって、今、マリー・アントワネット状態(いや、ちょっと、なんか違う?)。

 それに、どうしても、どうしてもジョンデくんの「Heaven」が聴きたい。ベクの「Boomerang」が聴きたい。あと、再放送でもオンデマンドでもいい、カイくんの「春が来た」だって見たい!

 

私「——買うわ、私、レコーダー。そしてWOWOWにも入る(きっぱり)」

 

家人「どうぞご自由に(苦笑)」

 

私「……あのね、申し訳ないんだけど、パパ、よかったらYデンキに一緒に来てくれないかしら。レコーダーって言っても、何を選んだらいいのか、私、ぜんぜんわからなくて」

 

家人「え、今日? 今日、もうすぐに買いに行きたいの?」

 

私「あなたも忙しいのに、ごめんなさい。どうしても録画したい番組があるの。それが3月31日の放送で」

 

家人「そんなにspecificに決まってるの?(ニガ笑い)」

 

私「うん……(そうなの! 問題は、もうわりと喫緊だったりする)」

 

家人「アレか、韓国のお兄ちゃんたちのやつかー(深まるニガ笑い)」

 

私「(やっぱバレてる)」

 

家人「アレだねえ、Rちゃん、ほんとうに好きなんだねえ。年に3回もコンサートに行っちゃうくらいだもんねえ(注・実際には6回なのですが、家人には告げていない。彼は「福岡・さいたま・大阪のコンサートに、1回ずつ行った」と思っている)」

 

私「あのう……実は、5月も、1回だけ、行くことが決まってるのね」

 

家人「え? また行くの? 今度、どこ?」

 

私「……名古屋」

 

家人「名古屋!」

 

私「あ、でも、名古屋には、徳川美術館と新美南吉記念館があるの。徳川家は『源氏物語絵巻』を最もまとまった形で所蔵してるんだけど、それが名古屋にあるのね。もちろん国宝だから、おいそれとは展示してないけど(調べたら今年の11月~12月だった)、レプリカが展示してあるはずだし、新美南吉は子供の頃からずーっと大好きなんだもん(ただし、彼は30歳少し手前で亡くなっているので、あまり『ゆかりの品』的なものが残されていないだろう、とは思う)」

 

家人「まあ、何にせよ、いいことですよ。好きなことがあるっていうのはね」

 

 マリーアントワネット状態の私に、彼は鷹揚に笑いかけるのでした。

 

家人「お兄ちゃんたちを追っかけて、日本のいろいろなところに行けて。Rちゃん、よかったじゃないの」

 

 ええ、まあ、確かに。

 名古屋は、今まで「新幹線で通過したこと」しかないんです。

 そこに行こうと思わせてくれたのは、CBXの3人のおかげ。

 

家人「日本と韓国の経済活動の活性化にも、ずいぶん貢献してるみたいだし」

 

 そうなの。もうほんとうに貢献してて。

 同じCDをヴァージョン違いで何枚も買っちゃうとか、同じコンサートに6回も行くとか、超ブルジョアジーな行動をしちゃってて(苦笑)。

 

(コメントくださった方、お返事していなくてすみません。ちかいうちに書きたいと思っていますので、もうすこしお時間をくださいね。)

 

ランキングに参加しています。応援してくださるととても嬉しいです♪

(画像はお借りしました。ありがとうございます)

(この記事は【夜ふかし日記】15です。)

【Next:「夜ふかし日記」16はこちら▼】