EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

チェンの魔法【EXO-CBX Magical Circus 2019】さいたま4月16日・17日【Chen Focus】

f:id:yofukashi_chocolate:20190421144019p:plain

Take me to the Magical Circus.  Show me  your magic.

あのマジカルサーカスへ、連れていって。あなたの魔法を、見せて。

 

 この記事は、EXO-CBX「Magical Circus」2019(さいたまスーパーアリーナ公演・4月16日・17日)について書いています。

 基本的にネタバレを気にせずに書いています。

 そして、今回の記事では、チェンくんの歌やパフォーマンスに焦点をあてています。

 

記憶のとどめかた 

「よふチョコさん、どうやってそんなに、コンサートのことをはっきり覚えているんですか?」

 このたび、お会いした読者さまのお一人から聞かれました。

 いえ、それは「買いかぶり」というもので、全然、ちゃんとは覚えてはいないです…

 「記憶違い」や、「見間違い」「勘違い」(←これが多そう)もたくさんあると思います(苦笑)。

 

 なので、「あ、よふチョコさんは、そんなふうに思ったのね〜」ぐらいの、ふわ〜っとしたスタンスでお読みくださいね♡

 

 私自身、私の「感想」(←ほんと、「感想」にすぎないんですよ〜)が絶対だとは、まったく思っていないですし、100人のEXO-Lがいたら、100通りの感じかたがあるはずです。

 そんな1人のEXO-Lである、私の「感想文」でよろしければ、お楽しみいただけると嬉しいです♡

 

 あ、でも。

 「記憶のとどめかた」について、ちょっとしたヒントが、あるといえばあるわけなので、それを皆さまとシェアさせていただいてもいいですか♡

 

⑴ 「このコンサートのことを、あとでブログに書くぞ〜」と思いながらステージを見ると、心にいろんな場面が焼きつく。(←これが最大のポイント)

 

 ——人間の「無意識」「深層心理」によるものだと思います。

 「あとで書くぞ!」と思いながら見ると、本当に「不思議と」心にたくさんのことが焼きついているんですよ!

 これ、私自身も、実際にブログを書くまで気づきませんでした。

 「あとで書こう」と思いながら見ると、いろんなことがしっかりと心の中に残ります。ステージの記憶も、とても臨場感のある感じで胸の中で再生することができます。

 一回きりのステージの、ジョンデくんの歌声(泣けてくる…)、ベッキョンくんのパフォーマンス(なんかもうベクはさ〜、すごいの! すごすぎるの!)、シウミンさん(ああ、もうダメ…涙)の美しさ。

 それらを、自分自身の心に焼きつけておくために、私はこのブログを書いているといっても過言ではありません!

 

⑵ 観終わってから、なるべく早い時期に、ノートに手書きでメモをとっておく。

 

 メモ程度のもの、箇条書き、ランダムな記憶の羅列でいいと思います。

 電車のなかで座れたら、私は、もうその時に書いちゃいます。

 それが無理だったら、家(もしくはホテル)に帰り着いたら、すぐにノートをひらきます。

 とにかく、観終わって、できるだけ早い段階で、「思い出す作業」をしておくと、記憶に残りやすいかな〜って思っています。

 

⑶ 同行者の方と、コンサートについておしゃべりしておくっていうのも、意外と記憶に残るきっかけになります。

 私はQと話すことによって、いろいろと自分の記憶が確かめられていくことに気づきました。

 

⑷  もう一度、今度はセットリストを見ながら、記憶を再確認しつつ、ノートを取る。

 

 2段階でノートを取るわけですが、その作業で、さらに記憶が残りやすいです。

 で、2回目はセットリストを見ます。そうすると、「ああ、そういえば、こんなこともあった」「あんなこともあった」的なことが、芋づる式に、ぼろぼろと記憶のヒダの間から出てきます。

 

セットリスト♪

f:id:yofukashi_chocolate:20190421093614p:plain

 

 ▲このセットリストは、EXO∅・*:。 *:゚AKEMI (@ExoAkemi)さんのツイートからお借りしています♪

 ありがとうございます♪

「Magical Circus」のロゴをベースにして、すご〜〜く素敵にまとめてくださいましたね!

 きっとたくさんのお時間+お手間がかかったことと思います。すばらしい!です。

 あまりにも素敵なので、ご紹介させていただきました♡

 

2日め・ジョンデ側の席・「Cry」

 

 17日(2日目)AKのEXO-Lさまと一緒に見たのは、200レベル中ほどの、舞台に向かって左側のお席でした。

 左側、というのは、ずばり「ジョンデ側」の席です。

 もちろん、ジョンデくんが右側に行くこともあるわけなんですが、正位置のフォーメーションでいうと、左から「C・B・X」な感じで並んでいるので、彼がいつも「こっち側にいてくれる」という席なのです。

 

 そして、たとえば(私の好きな)「Cry」を歌うときなどは、高く上がったムービングステージの上で、「ジョンデくんが、私のほうを(がっつり)向いて、語りかけるように」歌ってくれるわけです。

 

 ……ああ、なんとラッキーな私。

 

 私ねー(デレデレ)、いっつも、ジョンデペンとして、超ラッキーなんです……(さらにデレる)……ペンミのときもね、「Cosmic Railway」を歌うベッキョンくんとジョンデくんを、ふたりの真正面から見たんですよー(デレデレデレ)……

 なんていうのかしら……なんか、チェンくんから「呼ばれちゃう」っていうのかしら……(このくらい、妄想に浸らせてください…笑)……EXOプラネットの抽選会トレカだって、今回、見事にチェンくんを自引きしたし…♡

 

 チケットの神さま、お世話になったAKのEXO-Lさま、ありがとうございます。

 ジョンデペンの私にとっては、とてもいいお席で見ることができました。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190421143948p:plain

 

 ……ああ、やばい、思い出すだけでドキドキしてきました。

 

 もちろん、ジョンデくんが、私に向かって歌いかけているのではないことは、百も承知です。

 でも、「そういう錯覚」が、「錯覚ではないような気がしちゃう」のがコンサートの魅力であり、チェンくんの歌の力だと思うんです。

 

 「♪もしかしてだけど〜、もしかしてだけど〜(©︎どぶろっく)」

 「ジョンデはこっちを見て歌ってるんじゃない?」

 「ていうか、彼からも、見えてるかも?(「じょんで♡応援うちわ」だって作ったし!!)」

 ——的な感じがして、心臓のあたりから、わーっと熱いものがこみ上げてきちゃうみたいなドキドキ感。

 私、自分で自分の手を握りしめながら見る癖があるんですが、今回は、うちわを握りしめながら(笑)見ました。

 

 黒地に赤ラメの、大人っぽいスーツ姿のチェンくんが、こちらを向いて立っています。

「cry 時に急かされて 何もかも……」

 彼の声が響きます。

 すごく、すごくきれいな声。

 

 見つめているうちに、照明で照らされる彼の立ち姿が、だんだん、くっきりと、大きく見えてきます(これほんと。魔法にかかるんですよ)。

 栗色の髪(注1)、少しうつむいた顔の角度。

 胸よりちょっと下のあたりを、マイクを持っていないほうの手で押さえるみたいにして歌う、彼の姿。

 それらは、毎日毎日、(アホみたいに)繰り返して見ている動画で、すっかり見慣れてしまった「チェンくんの姿」です。

 そのチェンくんが、ほんとうに、ステージのその場所に立っているんです。

 

 ——好きだなあ。

 すきだなあ、私。

 なんでこんなに、このひとのことが、好きなのかなあ。

 

 

*注1 私ね、今回のジョンデくんの髪型、すっごく好き(涙)!

 だってかっこいいし、かわいいもん(だんだん消えてく語彙力) 

 ていうか、3人とも、髪型、すごーくキマってたと思う!

 ベッキョンくんのパーマのかかった重ための前髪+髪色もサイコーだし(いつも「正解」のスタイルで決めてくるビョンベク)、シウミンさんの明るい髪色の、丸いシルエットのヘアスタイルなんか、もう天使レベルだと思います♡

 

Cherish

 「みなさんに僕たちの気持ちをお伝えしたくて、この曲をお届けします」——という、シウミンさんのイントロダクションで「Cherish」が始まります(最初のメントのあと)。

 

 この歌が、私が3人を好きになった原点です。

 ベクの「Hu〜〜〜」みたいな声で始まるこの歌が好きで好きで好きで、ここまでのめりこみました(ほんとだよ!)。

 

 この曲は、3人が、メインステージの右端と左端のぎりぎりまで行って歌うんですけれど、カメラさんが左端、右端に待ちかまえていて、そのカメラに向かって、3人が、顔をぐっと近づけて、語りかけるようにして歌うのがポイントなんです。

 だからこの曲は、ある程度遠くのお席の方なら、舞台上の3人じゃなくて、バックスクリーンを見ていたほうがいいかもしれません。

 私は、ぼーっと見ていると、ステージの3人の姿を目で追ってしまうので、今回は「Cherishのときは、しっかりスクリーンをみていよう」と心して臨みました。

 そうしたら、3人のカメラ・アピールがかわいくてかわいくて…(涙)

 シウミンさん(アイドルのプロ)とか、ベッキョンくん(EXOの売れっ子ナンバーワン)とかに比べて、ジョンデくんは、カメラ・アピールがやや弱いのでは……と思っていたけど、そんなことはなかった!です。

 

 やばい、かわいい……

 ジョンデくんは、カメラに向かって、歌いながらちょっとおどけてみせたりもするし、シウミンさんが最前スポットで、カメラアピールしてる隙に、なんかベクとふたりでイチャこいてるし……(16日)。

 いいぞいいぞ、もっとやれ〜〜♡!!

 

Watch Out

f:id:yofukashi_chocolate:20190421144133p:plain

 

 あの「カッカッカッカッカッ」みたいな、リズミカルなイントロダクションが聞こえた瞬間から、「いよっ! 待ってました大統領!」的な気分なわけです。

 

 例のものすごい赤と金ピカの「ザ・玉座」(←本気ですからね、彼)にすわって、「ザ・ステッキ」(←また持ってた!)を手にして、デーモン・ジョンデ閣下のご降臨!

 Yes!!  We ♡ Kim JongDae!!

 

 黒い細身のパンツに包まれた脚の靴の部分を、片方の膝の上に乗っける大仰な組み方で(「お、膝から下の脚の長さがちゃんと足りたじゃん、キムジョンデ」とか思っちゃったのは内緒なんだぜベイビー)、民草を睥睨なさってのご登場。

 

 いえ〜〜〜〜い!!

 かっこいい〜〜〜〜〜!!!

 

「そろそろ行きましょかー!!」(shouted by JD)

 Definitely!!  We are ready, Kim JongDae!!

 

 そんでもって、今度は中央のステージに移動して、スタンドマイクを使いながらの「Watch Out!!」

 

 いえ〜〜〜〜い!!

   We love you, Kim JongDae!!

 

 ステージの「watch out!!」な彼を見ながら感じていたのは、実は「か、かわいい…!! かわいい!! かわいすぎるから〜〜!!」という気持ちだったかもしれません。

 白いブラウス、黒の細身のパンツ、黒い靴(ショートブーツみたいなやつだった?)

 白のブラウスがオーバーサイズなので、それに包まれている上半身が、めっちゃ、かわいいの! 腕が短めだから(あ、書いてもーた)、袖ががっつり萌え袖になっちゃてる感じとか、もうそのまま天国にいっちゃいそうなほど、かわいい!!

 2人の男性ダンサーを従えて、「Watch Out!!」と叫びながら激しくダンスをして、中央の「びよよーん」と戻るスタンドマイクを使って流し目しながら歌って(くくく)、ステージの上でぴょんぴょん飛んでるような感じが、すごくかわいくてかわいくてかわいくて、たまらなかった。

 

 それでもって、ジョンデのあの声は響きわたってますしね……

(1日目は若干、声が出すぎちゃってるというか、音響の関係(?)で、「音が割れてたかも」と思うほどだったんだけど、2日目はすごくいい感じで響きわたっていたと思うんですよ! 私がすわっていた席の位置などによる関係かもしれないんですが)

 

 わ〜〜ん、どうしよう〜〜〜

 ジョンデくんがこんなに好きで、どうしよう〜〜〜〜

 

(好きすぎて、オチがつけられなくなってます・笑)

 

Blooming Day

f:id:yofukashi_chocolate:20190421075407p:plain

 

 まずもって、この曲のパフォーマンス、私、めっちゃ好きなんです。

 3人のキャラクターが、それぞれうまく映えるようなダンスがすごくいい。

 それぞれが、異なるアクションをするシークエンス、3人とバックダンサーさんが揃って同じ動きをするところ。

 パズルのようにうまく組み合わさっていて、全体的にスピーディーに、展開がめくるめく感じで変わっていって、その息をもつかせぬステージ構成が、ほんとうにすばらしいと思います。

 

 だいたいが、ですね、この「Blooming Days」のステージ動画、私、アホほど繰り返し見てます。そして、そのたびに好きで好きでたまらない、とか思っちゃう。

 何より曲が好き(泣く)。好きで好きでたまらない(泣き出す)。

 でね、前回のマジカルを見たときには、もうベクのパフォの気迫がすごくて、ベクが優勝だろ、こんにゃろめって、思ったんだけど、今回はジョンデを優勝させることにした(←何様)。

 後半、最後のサビで、一ヶ所、ユニゾンになるフレーズがあるでしょ? 

 そのとき、ジョンデだけが「Can I〜〜〜〜」って、ベクとシウとは異なる旋律で、ジョンデの「ザ・高音」を響き渡らせるじゃない?

 動画を見てるときも、あの場面が好きで好きでたまらないんですかえど、実際に生のステージを見ていると、あの高くて澄んだ声が、ホールいっぱいに響き渡るのです。

 

 それを聞いてジョンデの優勝を決定した!!

 ああ、あれは、天空から落ちてきた雷鳴の声!

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190421202853p:plain

 

 「恋人になってもいい?」って、きみにきかれたら。

 ——「イエス」以外の、どんな答えも口にできなくなる。

 

 ちっきしょーめ、そーゆーとこだぜキムジョンデ!!(逆ギレ)

 

Beautiful Goodbye

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190421143920p:plain

 

 このたび、私、「Beautiful Goodbye」で泣いちゃいました、というコメントをすごくたくさんもらっています。

 そして、わりとたくさんの方から、「夜ふチョコさんも泣いちゃったでしょ?」的なコメントもいただいています。

 

 で、あのステージで、私が泣いたかどうか、なんですけれど。

 

 「泣いたか、泣いてないか」で言えば、泣かなかったです。

 

 頬を涙がつたうほど私が泣いたのは、夜のひとりの部屋で聴いたとき、です。

 あるいは、朝まだきのしじまのなかで、たったひとりで彼の歌声に耳を傾けたとき、です。

 何度も、涙を流しました。

 

 歌の主人公の感情に共感して泣いたというよりも。

 旋律のセンチメンタルな美しさ、そこに乗せられた、チェンの歌声が、あまりにもきれいで、こころをどうしようもなく震わされて、涙が頬を伝ったように思っています。

 

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190421091312p:plain

 

 

 ひとりきりの静寂の時間、イヤフォンで聴くと。

 私と彼は、まるで、2人きりで向かい合っているように感じます。

 

 何度か書いていますが、チェンの歌声は、彼と私の間に「1対1」の関係性を作り上げる魔法を持っている声です。

 彼の歌声に耳を傾けている瞬間は、年齢も(苦笑)、住んでいる国も、日常を置いている世界も、あまりにもかけ離れている、シンガーとそのファンという関係性がかき消えるのです。

 そして、「私と彼」は、「僕ときみ」になります。

 チェンの魔法は、そういう魔法です。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190421091339p:plain

 

 聴いている間じゅう、ずっと鳥肌がたっていました。

 ぞくぞくしたものが、体をかけめぐる感じでした。

 

 この歌を聴いた多くの方が感じたことだと思いますが、彼はこの歌のなかで、ものすごく繊細に歌い分けを行っています。

 今までのチェンが、原色でしか歌を紡いでいなかったとしたら、この歌の中では、120色くらいの色を微妙に使い分けて、旋律を作り上げているようです。

 

 その多彩な歌声が、まるで目のまえに絵画として描きだされたかのようでした。

 そして、その絵画の巧みさ、美しさ、すばらしさに、夢中になって、私は聞き惚れていたのです。

 

 そして、この美しい絵は。

 今、この瞬間、一度きりのものだと、強く、つよく感じました。

 描き出している彼にとっても、受けとめている私にとっても。

 たった一度だけのもので、あとかたもなく、消えていってしまうものなのです。

 

 チェンの描き出す旋律の、巧みさ、精巧さに、私は目を見はる思いでした。

 歌声のそこかしこに、しかけやポイントが、たくさん、作ってあってあります。その巧妙さ、整合性、趣の不思議さに、私は聞き惚れていたのです。

 

 最初の「僕たち」という歌い出しのフレーズからして、胸をつかれます。

 最後に4回くりかえされる、「ウリ(僕たち)」は、4回とも異なる、それぞれに美しい色合いで、描き出されます。

 

 息の音や、余韻の残しかた、声の艶を消すところ、光らせるところ。

 聴くものの心に、まっすぐ入りこむ声、優しくふれる声。

 音符を愛撫する声、そっと旋律のうえに、置かれたような声。

 

 ああ、心をつよくつかまれている、と思いました。

 こんなふうに、チェンというアーティストは、私の心をつかむんだ、と。

 

 そうして、私の心をつかんだ彼は、魔法をかける。

 「歌手とそのファン」が「僕ときみ」になる、魔法をかけてくれる。

 

 ああ、どうしようもなく、つよく。

 あなたの歌に、魔法をかけられている。

 

(2019.04.21)

 

(この記事は、「CBXに夢中!」61です) 

 

▼ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、よふチョコに強い魔法をかけてくれたチェンくんのバナーを、クリックしてくださると嬉しいです♪

(画像はお借りしています。ありがとうございます!)

 

(このたびは、新しいお客様からのコメントをすごくたくさん頂戴しておりまして、たいへん嬉しく拝見しております。読者登録、ツイッターのフォローも、ほんとうにありがとうございます。心より、お礼を申し上げます。お返事がなかなか書けなくてほんとうにほんとうにごめんなさい。でも、いただくコメントは、すべて、書くときの励みにさせていただいております。ほんとうに、ありがとうございます。)

 

次の記事は……こちら!

exo-mellow.hatenablog.jp