EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

夜空の切り絵細工【EXO-CBX 「Paper Cuts」2019年4月10日リリース】

 この記事は、EXO-CBX の最新曲「Paper Cuts」(2019年4月10日リリース)について書いています。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190410133750p:plain

 

眠れない理由に

気づかないふりをした

 

僕らはこの手で 

明日を切りひらくため

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190410131514p:plain

胸に見えないナイフをしまってる

愛のない世界で

うつむいた日は

 

星のない夜空 切り抜いていよう

the paper cuts in my hand

光に

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190410130321p:plain

 

照らし出されて 

はかなく壊れそうな

the paper cuts in my hand

 

見えるかい 

夢みた世界が

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190410130600p:plain

忙しく 過ぎ去っていく

速すぎる時のなかで

 

今しかできないことばかりの

毎日を生きている

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190410134630p:plain

目を閉じれば 

いつもきみがそばにいる

愛がわからなくなりそうな日は

 

星のない夜空 切り抜いていよう

the paper cuts in my hand

光に

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190410125641p:plain

 

照らし出されて はかなく壊れそうな

the paper cuts in my hand

愛しい きみの笑顔が

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190410134423p:plain

会えない時間が 

愛のほんとうの意味を

教えてくれる

 

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190410135007p:plain

don't wanna be out of time

離れていても

the paper cuts in my hand

ひとりじゃない

 

星のない夜空 切り抜いてごらん

the paper cuts in my hand

光に

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190410145059p:plain

照らし出されてはかなく壊れそうな

the paper cuts in my hand

見えるかい

 

夢みた未来が

 

red : Baehyun, blue : Xiumin, green :  Chen

 

Paper Cuts

 

 静かにささやかれるような、とてもきれいなメロディの歌でした。

 センチメンタルですが、ある種の明るさがあって、悲しいだけの旋律ではありません。

 

 「あえない時間」が続き、「忙しく過ぎ去ってしまう毎日」のなかで。

 ふと見上げた「星のない夜空」を、架空の鋏で切り抜いて、きれいな切り絵細工を作り出そう。

 そしてその向こうに、僕たちの大切なものを思い浮かべよう。

 

 ふたりの思い出や、抱きしめていた夢を。

 未来が持つ光や、確かな愛の存在を。

 

 ——そういうたいせつな宝物を、夜空の切り絵細工の向こうに見つめよう。

 忘れないように。

 失くしてしまわないように。

 

 そんな歌です。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190410162242p:plain

 

 最初の歌い手は、ベッキョンです。

 楽器によるイントロダクションがないので、彼が息を吸う音から、この歌ははじまります。

 

 ベッキョンが語りかけるように歌うとき、その声は、深夜の恋人からの電話のような、親密なニュアンスを持ちます。

 それと同時に、この楽曲での彼の声は、終始、強くせつなさをたたえています。

 シンプルなピアノの伴奏に、とても優しく寄り添って私たちに届けられるような、そういう声です。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190410135247p:plain

 

 ひとつひとつの言葉を、その声できちんとくるむようにして、丁寧に歌ってくれるのは2番手のシウミンです。

 私は、彼の声から「お菓子みたいな甘さ」(「バターの香りがする、さくさくしたクッキー」をよく思い浮かべます)を感じるのですが、その甘い感じの声で綴られる歌を聴くと、彼のほんとうの気持ちを差し出してもらったような気がします。

 

 その声は、あどけないようにも聞こえるのですが、やはり、「青年の喉」から繰り出されたんだな、という成熟したニュアンスも強く感じます。

 (彼にとっては外国語の)日本語の単語を、危なげなく発音してくれていて、きっと大きな努力を重ねてくれたんだろうな、と思います。

 

 ありがとう、シウミンさん、ベッキョンくん、チェンくん。

 日本語の歌は、あなたたちからのとても素敵なプレゼントです。

 

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190410162505p:plain


 

 3番手の歌い手が、チェンでした。

 直前のベッキョンが歌ったサビと、同じ旋律が、彼の声で歌われていきます。

 ——実は、最初に聴いたとき、ほう、とため息がこぼれました。

 「このひと、ソロアルバムを出して、ものすごくたくさんの『鉱脈』を見つけたんだな」と驚いたのです。

  彼の歌唱は、今までよりももっと研ぎ澄まされていて、聴いている私に、強い陶酔をもたらすようでした。

  たぶん以前だったら、単純に張り上げてしまっていたんじゃないか、という箇所を、非常にセンシティブに歌い分けてきています。

 チェンの声が本来的に持っている、甘さや澄んだ声質の美しさだけではなく、あたたかみや繊細さをも強く感じさせてくれるような、そういう優しい声で歌ってくれているな、と思いました。

 

      *

 

    この歌の最後は、シウミンさんの歌声で閉じられます。

 

 ご存知のように、昨日、シウミンさんが5月7日に入隊することが決まった、というニュースが流れました。

 「絶対に泣かないでおこう」と心に決めていたのに、私はバカみたいに泣きました。

 

 シウミンさんはいつも、「ファンのひとたちを幸せにしたい」と、繰り返し言葉にしてくれています。

 私が泣いてしまったら、そんな彼の願いを、無にしてしまう。

 そう考えたから、泣かないでいよう、と心に決めておいたはずなのに。

 

 第一、なんでこんなに悲しいんだろう?

 私はジョンデくんの歌声の大ファンで、その彼からは、「ソロアルバム」という大きなプレゼントをもらったばかりです。

 なのに、シウミンさんが、ステージから遠ざかる日が発表されて、こんなにバカみたいに泣いているのは、なぜなんだろう…?

 

 昨夜からずっと考え続けていたのですが、この「Paper Cuts」という、新しいプレゼントを聴いてみて、理由がわかりました。

 

 私はジョンデくんだけではなくて、CBXが大好きなのです。

 泣きながら、そのことに改めて気づきました。

 この3人が、その個性をそれぞれに輝かせながら作り上げる、歌とステージの世界がほんとうに好きで好きで好きで、たまらなかったのです。

 

 そして、シウミンさんがいなくなったら、CBXの活動も、自動的に休止期間に入ってしまいます。

 さらには「次に3人がそろってくれるのは、いつなんだろう」と考え出すと、あまりにも先が見えないような気がして、涙がとまらなくなってしまったのです。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190410163930p:plain


 

 でも、この一番あたらしい彼らの曲を聴いて、もう泣くのはやめようと思いました。

 

 美しいバラードのメロディに乗せられて歌われていたのは、いま、手にしている幸福や愛情という宝物を、見失わないでおこう、という内容の歌詞でした。

 

 悲しんでばかりいたら、彼らが一生懸命用意してくれた、ステージや歌を、ちゃんと味わうことができません。

 その楽しさ、その輝きをきちんと心に焼きつけておくために、私は、涙をふいて、心をクリアにして、彼らからのプレゼントを両手でしっかり抱きしめよう。

 そう思ったのです。

 

 

   *

 

 日本語で歌われた「Paper Cuts」は、聴いた瞬間に、メロディに乗せられた言葉の意味が、心にすっと入ってきます。

 彼らが韓国人で、日本語を一生懸命勉強したうえで歌ってくれているのだ、ということを忘れてしまうくらい、歌声の中の彼らの言葉はナチュラルに耳に届きます。

 

 CBXの3人からの、一番あたらしいプレゼント。

 「Paper Cuts」は、とてもきれいな曲でした。

 センチメンタルな、でも単純に悲しいだけではなくて、泣いている私の心の窓を、すこし、開けてくれたような——そんな素敵な歌でした。

 

(この記事は「CBXに夢中」44です。)

 

★当ブログの過去記事を紹介させてください。

 去年の5月に書いた記事なのですが、昨日、シウミンさんの入隊日決定のニュースをうけて、ツイッターの方で先んじてご紹介させていただきました。そうしたところ、「この記事で救われた気持ちになった」と書いてくださった方がいらっしゃいました。

 とても嬉しかったです。ありがとうございます。——そして、私自身も、自分が書いたものを読み返して、シウミンさんの気持ちに思いを馳せました。

 この記事に書いたことは私の勝手な想像なのですが、でも、シウミンさんが何度も繰り返してくれている「ファンの人に幸せになってもらいたい」という言葉を、もう一度かみしめたいな、と思いました。

 

次の記事は……こちら!

exo-mellow.hatenablog.jp

 

 ランキングに参加しています。ああ、CBXコン、いよいよ近づいてきました。…もう、これが最後かも、と考えると、怖いような気さえしてしまうのですが(ああ……弱いな私・苦笑)大好きな3人のプレゼントを、両手で精一杯、受けとめようと思っています。よろしければ応援してくださると、嬉しいです。

(画像はお借りしています。ありがとうございます)

(そして、たくさんの方からコメントやご感想をいただいております。お返事ができなくて、ほんとうにごめんなさい。そのほかランキングの応援、ツイッターでの応援も、すべて、心から嬉しい気持ちで拝見しています。いつもどうもありがとうございます)