EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

セフンとチャニョル、特別なチャンネル【EXO-SC】【1 Billion Views】

f:id:yofukashi_chocolate:20200726180026p:plain

 

 チャニョルとセフンが届けてくれた、新しいアルバム『1 Billion Views』。

 

 ちょっとキッチュで、だけどすばらしくクール。

 ニア・フューチャーなサウンドなのに、懐かしさもあるキュートなメロディライン。

 

 抑制の効いた「辛口」めのヒップホップかと思えば、ポップ・ミュージック特有の「(若干ベタな)ロマンチック要素」が上手に散りばめてある。

 

 いくつもの相反するような要素が、絶妙なバランスを取り合って成立している、音楽的に、とてもおもしろいアルバムだったと思います。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20200726201910p:plain

 

 昨年のミニアルバム『What a Life』に対しては、「チャニョルとセフンが、大好きなものを集めて、それをぎゅぎゅっと詰めこんで作ったんだなあ」という感想を抱きました。

 

 その1分1秒を、彼らが、わくわく・どきどきしながら制作していることが、聴いている私たちに、じかに伝わってくるような音楽だな、と。

 

 だから1年前の私は、あのファーストミニアルバムについて、「『大学2年』な彼らの音楽(Their Sophomoric Music)」と題した文章で、「大人ではない」年齢のチャニョルとセフンが、「今いる、ここ」を大切にした音楽の集大成だったと評したのです。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20200726203340p:plain

 

 でも、今回の「1 Billion Views」は。

 

 単に「僕たちの大好きなもの」を詰め込んだだけではなく、いくつもの魅力的な要素を、精巧なパズルのように組み合わせて作り上げたアルバムだな、という印象でした。

 

 「僕たちが今、いるここ」で感じている感覚を、きちんと洗練された音楽作品として成立させるために、綿密に計算され、周到な設計図のもとに構成されているような──そういうアルバムだと感じたのです。

 

 そんでもって、私ときたら。

 とにかくタイトル曲の「1 Billion Views」に、ハートをつかまれまくっちゃってるんだなあ、これが!

 

1 Billion Views

f:id:yofukashi_chocolate:20200726182441p:plain

 

 いやもう、ちょっと、どうしてくれるのよ、チャニョル(笑)。

 「どこの惑星から来たのか」わからない君たちふたりに、「心を揺さぶられて」しまったんですよ、わたしは!

 

 もう「鳥肌」なんか「たちっぱなし」だからね、マジで(笑)!

 毎日毎晩、1 billion times、「ビュウゥゥゥ〜〜♪」で、脳内がお祭り騒ぎさ〜〜!

(責任とってほしい、セフナ〜〜〜)! 

 

f:id:yofukashi_chocolate:20200726181357p:plain



「1 Billion Views」収録曲

 

1. 1 Billion Views

2. Say It 

3. Rodeo Station 

4. Telephone 

5. Jet Lag

6. Fly Away 

7. Nothin' (Cソロ曲)

8. On Me (Sソロ曲)

 

 

f:id:yofukashi_chocolate:20200727062205p:plain

 

「君のメロディが出てきたら

僕は自動でsynchronized」

 

「ベッドの上でも 飛ぶ飛行機の中でも

ドレミファソラシド 1日じゅう 君と一緒に歌って」

 

f:id:yofukashi_chocolate:20200726224423p:plain


 

 歌詞を目でたどれば、この歌が「ポップスターである『君』に片想いしちゃってる男子の1人称ソング」であることに、すぐにわかるはずです。

 

(あるいは、「君」に片想いしているせつない気持ちを、「手の届かないポップスター」への恋であるかのように、「比喩」として表現しているのかもしれないけれど)

 

f:id:yofukashi_chocolate:20200726224612p:plain

「4K 高画質カメラも 

君を写すには足りなくて」

「君は僕の人生を代表する曲」

 

 ボーイズグループのラブソングとして、「ポップスター」への片想いを歌う歌、というのは、わりと古典的な手法ではある、と思います。

 

 アイドルの動画を何度も何度も繰り返し見たり、手の届かない片想いに、ときにせつなくなったりしながらも。

 それでも、彼らの歌声やダンスする姿に、日々の生活の元気や、背中を押してくれる勇気をもらったりする、歌の中の主人公の気持ちは、そのまま、アイドルのファンである私たちの日々の行動や感情に、たやすく共鳴していくからです。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20200726224846p:plain

 

 そして、ポップスターの動画を「Billion Views」しちゃうほどの熱量の片想いを、セフナとチャニョルの二人が、彼らの歌とダンスとでパフォーマンスしてくれたとき。

 私たちファンの「片想い」は、「彼らの音楽そのもの」として、昇華していくのです。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20200726230307p:plain

▲ このスマホを使ったパフォーマンス。

 テンポをゆるくして、「ちょっと練習すれば、一般人でも真似できるようなフリつけ」になっていて、いかにも「僕たちと一緒にやって、SNSに投稿してね♡」的な、小憎らしい(←むろん褒め言葉)演出だと思いました♪

 

  MVの中で、二人の衣装は2種類。

 「ありえない色と柄のセーター」と黒いレザーパンツのセフナ。

 同じく「どうかしました?」と言いたくなるような色と柄の上下のアウトフィットに、真っ白なスニーカーでキメてきたチャニョル。

 悪趣味このうえない、チャニョルの赤いスパンコールのジャケット(おまけに、ネックレスもじゃらじゃら)。

 セフンが着ている、「間違ってる」感ありありのエメラルドグリーンの上着。

 

 そんなムチャクチャすぎるコスチュームも、スーパーフォトジェニックなセフンとチャニョルが身にまとって踊れば。

 彼らふたりのクールさとエレガントさを際立たせるための、絶妙な小道具になるという、このあざやかな反転マジック。

 

 そりゃもう、私のちっぽけなハートなんか、あっという間に盗まれちゃいますよ(笑)

 

f:id:yofukashi_chocolate:20200727231856p:plain

 

Q「セチャンの新作? ああ、わりと聴いてるよ」

 

私「どうだった?」

 

Q「前作より良かったよ。何気にリピしてる」

 

私「だよね? 『What a Life』も好きだったけどさ、私も、今作のほうが好みだな。なんといっても、セフナがかなり飛躍してる」

 

Q「これ、SMが、しっかりお金かけて作ったアルバムだと思う。コラボ陣も豪華だし、作曲家も人気どころをいっぱい投入してるもん」

 

私「セフンとチャニョルに投資したってことでしょうか」

 

Q「だよー。ミキシングも、すっごい凝って作ってある」

f:id:yofukashi_chocolate:20200727233050p:plain

私「セフナの声が『危なげない』感じになってきた。ところどころ『お、聞かせてくるじゃん?』ってところもあるし♡」

 

Q「『Jet Lag』とかね。あのメロディライン、がんばってるよ〜セフンたん」

 

私「前のアルバムのときは、『あーセフナ、チャニョリヒョンがいなかったら、こんなふうにCD出せなかっただろうな』と思ってたんだけど」

 

Q「ああ、まあ、それはね(笑)」

 

私「でもね、今作を聴いたら『チャニョルのほうも、やっぱり、セフンの力が必要だったんだな』って思った」

 

Q「ああ……そうかも。なんだかんだ言って、セフンとニョルは、ナチュラルに仲がいいんだと思う」

 

f:id:yofukashi_chocolate:20200726222555p:plain

 

 このふたりの間には、彼らだけが通じあえる、特別なチャンネルがあるような気がします。

 「俺と彼にしか、わからない」さまざまな事象が存在していて、それを感じながら、彼らふたりは、互いの背中を守り合って、世界の森羅万象と対峙している。

 

 このアルバムを聴けば、その「ふたりだけの特別なチャンネル」を、私もちょっとだけ、体験できるような気がして。

 私はまた、「1 Billion Views」を聴きたくなって、再生ボタンを押してしまうのです。 

 

(2020.07.28)

去年の7月、『What a Life』について書いています。よろしければ、ぜひ。

 

 ▼ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、応援クリックしてくださると嬉しいです。

ご無沙汰しています。夜ふかしチョコレートです。「1 Billion Views」を聞いてみたら、セチャンの音楽がすごく魅力的で、また、彼らについて語りたい気持ちが湧き上がってきました。期間限定的な更新になるかと思いますが、あと2つくらい、彼らの音楽についての記事を用意しています。また遊びに来てくださると、嬉しいです♪

(画像・歌詞の日本語訳はすべてお借りしています。ありがとうございます)

★次の記事は…こちら!▼

exo-mellow.hatenablog.jp