EXOにmellow mellow!

EXOが好き! CBXに夢中な記事やMV・楽曲評、コンサートレポなど、ファントークを綴ったブログです。SHINeeについても少し。

EXO『PRESENT;gift』【と、とんでもないものを買ってしまった…!】(1)

f:id:yofukashi_chocolate:20190520171619j:plain

 

 こ、こ、こんばんは〜……(ゼェゼェ……)

 夜ふかしチョコレートです〜………(ハァハァ)(←息切れ)

 

 美しいEXO-Lの皆さま、いかがお過ごしですか?

 

 ——上掲の写真のブツが、ついに、北の大地の拙宅に届きました(もうすでに息も絶え絶え)。

 

 まあとりあえず、ファースト・インプレッションから。

 

と、とんでもないものを買ってしまった……

 

「ハワイを訪れたEXOが、予定されていたスケジュールが突如キャンセルになり、プレゼントのように舞い降りた休息を楽しむというコンセプトで作られた写真集!

 日常から抜け出して休みを満喫する自由奔放でアクティブなメンバー。

 さらにハワイの風景を背景にいつもとまた違う魅力にあふれている。

 ハワイにてオールロケで撮影」(通販サイトの説明文から)

 

 ——というコンセプトで撮影されているわけなんですが。

 

 もう「ニヤニヤしちゃう♡」どころの騒ぎじゃなくて、心臓ドキドキ、無駄に顔が赤くなる、呼吸困難、倒れそうになる——と、見ているだけで、むちゃくちゃ体力を消費する、大変なシロモノでした。

 

① ずっしり、重い。がっしり、大きい。

 「204ページの写真集」というディスクリプションを知った時点で、「かなり大きなブツであろう」という予想はしていたのだけれど、やはり、届いて手に持ってみると、かなり「重い」。そして結構「大きい」。

 表紙は、がっちりしたハードカバー。

 子供たちが小学校低学年の頃に買った「恐竜」とか「星座」とか「世界の国々」とかの図鑑が、うちには何冊かあるのだけれど、それみたいだな、と思いました。

 

 金箔の文字で表紙に書かれた「PRESENT;gift」。

 そして著者名のごとく入れられた「EXO」の文字。

 ……(もうこの時点で、ニヤニヤがおさえられない自分がコワイ)。

 さて、皆さま。

 

 ここからは、かなりはっきり、がっつり、「PRESENT;gift」のネタバレをしていますから、「ネタバレしてほしくない!」っていう方は、ここで、TURN BACK!!!

 お手元に届いてから、また、遊びにきてくださいね♪

ネタバレ、大丈夫な方だけ、スクロールしてくださいね♪

スクロール、ありがとうございます!

②まず、いきなりヘリコプター乗っちゃうからね。

f:id:yofukashi_chocolate:20190520202436j:plain

 第1ページめから、見開きで「さあ、これからみんなでヘリに乗るよ」的なシチュエイションなんですけど、このとき、全員が夜会服を着てるわけです。

「これからレセプションに参加しますので。あ、もちろん仕事です」(by リーダー)みたいな感じかな?

 みんな同じデザインじゃなくて、すこーしずつ、色やデザインが変えてあるタキシード。

 全員、超・どシリアスな顔つきしてて、みんな、すごくカッコいい(ジョンデさんの前髪生存確認しました。状態も良好です)。

 すこし俯瞰ぎみのアングルで撮ってあるので、脚の長さが、そのう……スタイリングや角度によっては、若干、気になりがちなメンバー(特に名前を書かないけど約2名)のウィークポイントもしっかりカバー。いえーい。

 

 こういう「全員写真」を撮るときの、カイの体軀が醸し出す「すらり感」というのには、他の追随を許さないものがありますねえ。ああ、今更だけど、きみ、脚、なっがいねえ…(ため息)

 

 このカットでは、ベクはわりと「女子力高めの顔」をしています。彼の顔だちの華奢なイメージが際立つような表情でこっちを見てるんだけど、(8人活動のとき、彼はわりと「女子」役に回ることが多い印象だな)、彼よりもシウミンさんが、かなりの強火で「きれいなお姉さん」(注・書き間違いではありません)のニュアンスを出してきているので、初見時、相当にたじろぎました。

 1時間ソファにすわっただけで45万円ぐらい稼いじゃいそうな、銀座の高級クラブのホステスさんのようなまなざしをしてるんですよ。

 

 スホさんは中央で「ええとこの御曹司」+「僕がリーダーですけど、何か?」感を過不足なく感じさせてくる。

 私は、彼がこういう険しい表情をするとき、「眉根に皺を寄せる」という古典的な表現を思い浮かべるのだけど、やっぱいいな♡ 眉根に皺を寄せるスホさん♡ 

 

(ジョンデくんは……実はこの時点では、まだ「スプーンをくわえる、キム・ジョンデ」の写真がいつ出てくるか、どきどきしちゃって、彼に関しては、ソワソワしているだけだった・笑)

 

 そしてギョンちゃん……彼は背後から撮られていて、横顔をこちらに見せています。かなり細身の黒いトラウザーズをはいていて、左手をポケットにつっこんだスタイル。ジャケットに隠れていて、はっきり見えるわけじゃないけれど、(ごめんね、こんなこと書いて。一応、小さめの文字で書いておきますね)「プリティなヒップだな…♡」と思いました。

 

 白く優美なジャケットにボウタイのセフナ(立っているだけで、カサブランカの花のように美しい)、ヘリコプターの窓越しのシウミンさんの姿(色っぽすぎて目を伏せそうになる)もさることながら。

 

 私の息の根を止めたのは、いきなり1ページ分の大きな写真で、こっちをにらんできたチャニョルね。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190521052426j:plain

 

  やばい! チャニョルが美形力全開にしてきたら、こちらは太刀打ちできない!

 私、最初、一回、そこで本を閉じちゃったもん。

 

 

③チャンベク

f:id:yofukashi_chocolate:20190521053156j:plain

ニョル:「すみませんけど、うちのベッキョン、撮らないでもらっていいすか。今、プライベートなんで」(きゃ♡)

 

 私、すごく安直な女なんで、この程度の写真ですでに大喜びなんですけど、この写真集の中ほどに、とんでもない爆弾が仕込まれていました……

 

 ありゃ、なんじゃ〜?(嬉しすぎて逆ギレ) 「海辺+砂浜+サンセット」に「2人きりのチャンベク」だと?(さらに逆上) 

 

 「チャンベクの2人が砂浜でキャッキャ・うふふ♡」しているだけで、「喜ぶ層」がある一定数、いる、と見込んだ上での、製作陣の明確な「意図」、というものを感じざるを得ないわけですけど(ほほ)、ニョルなんかさ、砂浜に指で字を書いちゃってるからね!

 それをベクが、ちょっと離れたところから見てるからね(興奮)! 

 そしてこれまたベッキョンくんが「わかってる男」だからさー、「イケメン彼氏をほほえみながら見つめる彼女のまなざし」をしっかり演じてくれちゃうんだな!

 

(ほんとにね……チャンベクは、ミンキーみたいになってきてる(大歓喜)。2人が「カレカノ」っぽくすると、「きゃ〜っ♡」ってなる女子がいる、っていうのを、製作陣も本人たちも、はっきりわかってて「ファンサ」してくるんですよ。いえ、こちらも全力で乗っかりますけどね♡)

 

③カイくんとジョンデくん

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190521124230j:plain

 

 で、チャンベク2人が夕日の砂浜でデートしてる間、こっちの兄と弟はスケボーね。

(あー、それにしてもカイくん、脚が長い!)

(そして、このスケボーしてるジョンデくんの、このアングル最高! 白のズボンは彼にとって「鬼門」なときがあるが、この角度はよき♡ あとズボンがそんなに太くないけどブーツカット気味なのもいい。 カメラマンさん、スタイリストさん、グッジョブ!)

 

 ところでジョンデペンの皆さま。

 このジョンデくんの「きみの頭がむしろココナッツ」みたいなキャップ、どう思われまして?

f:id:yofukashi_chocolate:20190521054553j:plain

 私、最初、「やっぱりチェンチェンって、この美形集団の中にいると『お笑い担当』に回されちゃうのかな〜」って思っちゃったんですけど、でも、よく考えてみたら、このココナッツ頭、逆に「おいしいポジション」かもって思えてきたの。

 だって8人全員が、美形オーラ全開でいたら、見てるほうも疲れちゃいますもんね? ときには「癒し」として「ココナッツくん」がいないとね♡ 

 

 実はこの写真集、「カイ+チェン」ショットがナニゲに多い。

 私ねえ、この2人、わりと仲良しなんだと思うんですよねえ〜。

(結構普段から、意味もなくスキンシップしている場面が見受けられますね。わりにジョンデくんのほうから、カイくんを構いにいく)。

 カイくんは、わりとヒョンたちに「自分から助けを求めにいく」タイプで、ジョンデくんは「頼られると嬉しくなっちゃう」タイプ。

 そして、カイにはダンス、ジョンデには歌の力があって、互いに「すげーな、俺にはどうがんばっても、ああいうの、できないんだよな〜」って、リスペクトしあっている。

 だからこの2人は波長が合うんじゃないか(でもプライベートで、2人で遊んだりはしないだろうな〜)。……とかいうことを、いろいろ考えているだけで、半日くらい、すぐに立ちますね、私。

 

④スホさん

 「水の中でも、『くくくっ♡』って笑ってるスホさん」を見たとき、私、リーダーに、一生、ついていこうって決心しました。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190521055328j:plain

(▲スホさんの表情もいいんだけど、彼の太眉もいい仕事してる♡) 

 

 「ココナッツ・ジョンデくん」も「EXOのお笑い担当」かもしれないけど、実はスホさんも、リーダーの重責とともに、その役割を担っているのかもしれない。

 「チャニョルに、パン(あれ、パンなのかな? 「生春巻き」みたいにも見えるの…)を一口かじらせてもらいながら、目がきょときょとしちゃうスホさん」(注1)とか、「みんなでビチサン履いて(注2)、スーパーで買い物しているときのスホさん」とか、なんなんでしょうねえ……いつもどおりの「すごいハンサム」なのに、かわいくてかわいくてかわいくて、おかしくて、たまらない♡

 

 注1:「スホさん+チャニョル」の一連のスーパーマーケット2ショットは、最高の出来栄えだった。もう大好き! スホさんもニョルも大好き!!(号泣)

 

 注2:スーパーで買い物してるのは、シウミン・スホ・チャニョル・ジョンデの4人。上は全員ジャケットでキメてるくせに、なぜかシウ・ニョル・ジョンデはビーチサンダル、スホさんも(ビチサンじゃないけど)サンダル。この「くずし加減」が最高だし、妙齢の男子の「裸足」とゆーのは、なんというか、あれですね……え・ろ・い♡

 いいぞ〜いいぞ〜諸君、もっとその調子でどんどんやってくれたまえ!)

 

⑥ 「どのショットもハズレなし!」ベクとシウミン

 今回、どのショットも超絶キメてきていたのは、やはりベッキョンとシウミンさんでしょう(断言)。

f:id:yofukashi_chocolate:20190521061731j:plain

 

 現時点で、「EXOといえば〇〇」の「〇〇」には、ベクが入るんだろうと思う。

 そして、そんな「EXOの代名詞」のビョンベクは、この写真集のどのカットに関しても、本気で挑んできている。気迫を感じるビジュアルだった。

 彼はときどき、すべてを透徹したような目をすることがある。——このひとは、ものすごく遠くの未来を、あるいは、とても遠くの過去を、見てきたことがあるんじゃないか。そんな想像を、こちらに強いてくるような。

 時間を卓越してしまったような表情のゆえんは、彼が若冠27歳にして、すでに人生のあらゆる辛酸と甘美さを、通常の何倍もの量で感じとってしまったからかもしれない。ものすごく勝手な想像だけど、私にとって、ビョンベッキョンとはそういう青年です。

 

f:id:yofukashi_chocolate:20190521124950j:plain

 ——はい、もちろんです(注3)♡

 

 ていうか、この写真集を見て、シウミンさんもやっぱり、韓国っぽいスタイリングのほうが、断然、映えるんだな〜としみじみ思いました。

 彼の本領を発揮できている。そういう美しさ。

 

 たとえば、この上掲写真の衣装って、グリーンと紺の格子柄のブラウスに、同じグリーンと紺のタータンチェック柄のベストを合わせているんだけど、こういう「チェックonチェック、しかも同色で」というチョイス、「韓国的スタイリング」の典型例だと思う。あと「4人でスーパーマーケット」のときの、大胆に赤いジャケット(インナーも赤)とか。

 そして、これがまた、よく似合うんだ〜、しうちゃん。ほんとうにスタイリングも髪型も、最高にきれいでかわいかった!(←泣く)。

 そして、遅ればせながら、この稿を書きながら気づいたのだけど、彼の衣装(黒のタキシード、赤のジャケット+インナーも赤、緑と紺のチェックonチェック)すべてシウミンさんの髪色にパーフェクトに合わせてあるんです……。(←再び泣く)

 

 もちろん偶然のわけがない。周到な計算のもとに仕組まれたに決まっている。

f:id:yofukashi_chocolate:20190521155305j:plain


 

 彼らの髪型・髪色って、誰がどうやって決めてるんだろうなあ? 

 8人での活動のときに、メンバーの中で、髪色と髪型の「かぶり」がないように調整もしているだろうし、多岐にわたる、EXO外の仕事との兼ね合いもあるし。

 誰かが「8人のスケジュール・仕事の内容・そのスタイリング」を勘案しながら、総合的にプロデュースしているのかな〜? 

 本人たちの意向って、どの程度、反映されているんだろう?

(補足質問:ジョンデくんの前髪の管理責任は、誰が負っているのだろう?)

 

(——などと、彼らの髪型を見ながら、つらつら考えていたのですが、はた、と気づきました。この写真集、「Love Shot」MV撮影時と同じ時期に撮影しているんですねえ……。

 そうか〜なるほど! あのMVで、ギョンちゃん・セフナ・カイ・ニョルが乗ってる車のシークエンスとか、なんか、アメリカで撮影したっぽかったもんなあ〜。

 そっか。あのMVの一部も、ハワイで撮られてるんですねえ)

 

(あ。……こんなこと、これをお読みのEXO-Lの皆さまなら、すでにご存知のことなのかしら?

 去年の秋頃って、私、すごく忙しくって、全然EXOくんを追えてない時期があったんです。その時期のできごとなのかな〜って思ってるんですが……)

 

 記憶を頼りに書いているので、間違っているかもしれないけれど、EXOのスタイリストさん(男性)の談話で、「ベッキョン・シウミン・カイは、ファッションに関して、非常に勉強熱心。スタイリングに際しても、彼らのほうから意見や提案を出してくる」というのを読んだことがあります(えっとね……去年の3月ぐらいに読んだんじゃないかな? ……何で読んだんだろう?)。

 カイについては「え〜、そうなの?」と思ったけれど(注4)、ベクとミンソクさんに関しては「さもありなん」と深く納得しました。

 ローマは1日にして成らず。

 ビョンベクと妖精さんも、彼らの長期にわたる周到な努力があってこそ、初めて「成った」ものでありましょう。

 

(注3:「きれいなおねえさんは、すきですか。」は、パナソニックの美容家電商品「エステジェンヌ」シリーズのキャッチコピー(1992年)。初代「きれいなおねえさん」は水野真紀さん、その後、松嶋菜々子さん・中谷美紀さん・仲間由紀恵さんらが起用されています。

 そして、私はシウミンさんを見ていると、この「きれいなおねえさんは、すきですか。」のコピーを、しばしば想起してしまってしかたがない。)

 

(注3:ごめんね、カイくん。私としては「カイくん、パジャマでドバイ空港に現わる」事件が、忘れられないのよ……(笑)。

 「ファッションに勉強熱心」な美意識を持つなら、「まず『パジャマ姿で空港に行かない』ってあたりを、気をつけるべきなんじゃない?」と思うんだけども……ねえ?)

 

(2019.05.21)

 

【よふちょこから】

 すみません、書くとお約束した原稿が他にいろいろとあるのに、この『PRESENT』について書いてしまってごめんなさい。お待たせしています。

 そしてこの記事、あまりにも長すぎるので、ここまでを(1)としまして、続きは次回、とさせていただきます。……次の記事は、もうかなり書きあがっていますので、さほどお待たせしないのでは……と思っております(たぶん)。

 ランキングの応援、ツイッターでのフォローやコメント、ブログへのコメント、はてなマーク、すべて、たいへん嬉しく拝見しております。なかなかお返事が書けなくてすみません。でも、すごく嬉しく読ませていただいております♡

 

さて、次の記事は……こちらです! スホさんセンイルおめでとう♪

 

この記事の続き『Present;gift』(2)は、こちら! ぜひ♡

 

 

▼ランキングに参加しています。お気に召すものがありましたら、「チャニョルにmellow mellow!」の応援クリックしてくださると、とても嬉しいです♪

(昨日、当サイトは85万PVを達成しました。人気ブログ・ランキングの1位も取らせていただいて、多くの皆様に読んでいただいていますこと、たいへん嬉しく思っております。明日は……スホさんのセンイル! がんばります♡)